将来に不安を感じることには意味がない。

公開日: : 最終更新日:2017/06/22 ミニマルライフ, 生き方と考え方

「ブレない人」

その響きはものすごくカッコイイ。

と感じるのは私が未だ風来坊かつブレブレな人間だからかもしれません。

いやいや、人間はそう簡単には変わらないよ、なんて言うけれど、考え方はその時々でどんどん変わっていくのが当たり前でもあるわけで。

人の考え方はどれくらいの期間で変わっていくものなんだろう。そしてそれに自分で気がつくことはできるのでしょうか。

 

人は1年で変わるのか

なんて思ったのは1年前に自分が書いた記事を読み返したから。

参考 タイニーハウスはいらないけれど。スマートサイジング 価値あるものを探す人生

このブログを書き始めて既に1年以上が経過しているので

「はて、去年の今頃は何をしていたのかな?」

などと振り返る作業ができるようになったのはなんだか楽しいものです。
と言っても、ここには旅や食の記録以外は今日どこへ行って何をしました、なんてことはあまり書いておらず、何をどう考えたか、感じたか、という内容を記したものが圧倒的多数なのですが。

そして結論から言うと、1年前と今の自分の意見はさほど変わっていませんでした。今日の私もやっぱり小屋暮らしにはあまり興味がないし、借金もしていない。この1年で暮らしに関する考え方にはあまり変化がなかったようです。

このことをポジティブに考えるとするならば、生活全てを見直さなければならないような大事件は起らず平穏な毎日を過ごせた、とも言えるでしょう。見た目は2年足らずで大きく変わったけどね。

将来に不安を感じることには意味がない

10年前はそこそこ大きなサイズのクローゼットがあるマンションに住んでいたにもかかわらず、収納が少ない!洋服が収まりきらない!とブーブー文句をいいつつ毎月大量に服を買う生活をしていました。

なのに今では収納がない部屋でそこそこスッキリ暮らしている。

参考 収納がない部屋の収納を考える。

もちろん好き好んで収納を排除した訳ではありません。そりゃあるならあったほうがいいですよ、収納スペース。小さなクローゼットがあれば荷物を全て収納できるので、目の前に何もない今よりさらに生活感のない部屋を実現できますからね。

けれどとにかく、10年前では考えられなかった暮らしを自ら選択しているわけです。そう思うと、将来の不安とか未来を憂うなんて行為は猛烈に無駄ですね。この先何が起こるかなんて、自分がどうなるかなんて、いくら考えてもわかりゃしないんだから。

10年経っても考え方も暮らしぶりも変わらない、ブレない、そんな人もいるかもしれませんが、寸分違わぬ同じ毎日を送るのは不可能だし、10年経てば誰しも少なからず変わっていく。何かのきっかけである日突然変わること、変わらざるを得ないこともあるだろうけど、殆どの人は大きな出来事ではなくて日々の積み重ねと経験によって少しずつ、少しづつ変わっていくのでしょう。もしかしたら自分では気付いていないだけで、去年の自分と今日の自分の考え方も何かしら変わっているのかもしれない。

なんて考えながら去年の記事を再読してみるのは、ブログや日記を継続する醍醐味のひとつですね。
毎日少しづつ時間を割いて頭の中に散らばっているあれこれを引っ張り出して、整理する作業。もしもこのまま10年間書き続けることができたならば、さすがに大きく変わっているでしょうか。

モノを持たずに身軽に暮らす

確実に言えるのは、10年後はここには住んでいない、ということ。なにしろ、年齢制限がある住まいなのでね。そうじゃなくても10年間も同じ場所で止まるなんてあり得ないけれど。

 




関連記事

チェンマイ 瞑想

仕事を捨て去る。

気分的にはすでに年末大掃除ということで、空き時間にぽちぽち整理。 関連 今年中に捨てた

記事を読む

By: twitter.com/mattwi1s0n

魂の退社 50代で会社を辞めるという決意。

By: Vincepal[/caption] 「とにかく逃げ切り世代のやり方についていけなか

記事を読む

エールフランスラウンジ

キラキラしてない、普通の人生。

サロンなるものに参加したことが無いから中身知らないし、全部が全部そうじゃないのだろうけど。

記事を読む

puccibag

見えない収納で一石二鳥。

吊り下げ方式を導入してから1ヶ月。 収納グッズの恐ろしさ 優柔不断なお片づけその後。

記事を読む

スマホの画面が浮く

壊す女、雑な人。

まだいけそうな気がしています。 関連 ホーム画面の謎。 ちょろっと隙間が空いてい

記事を読む

qv3

最小限の旅の持ち物。それでも持っててよかったモノたち。

By: Andrei Dimofte[/caption] 荷物は少なく、足取り軽く。

記事を読む

cebucity1608_3

ヒントが思わぬ場所から投げ込まれてくる話。

直接的じゃなく誰かとか何かを伝って欲しい答えがやってくる、みたいなのありますよね。 ふと開

記事を読む

domi

使わないもののゆくえ、捨てられない切ない気持ち。

先延ばしにしていたSSL化を済ませてちょっといい気分。 関連 先延ばしを片付けた達

記事を読む

By: Ella Mullins

片付けられない私とファサーの心理学。

By: Ella Mullins[/caption] 最近眠れて眠れて仕方ない、のくだりで布

記事を読む

DSC_1019

ミニマリスト女性の秋ファッション(4) 定番コットンカーディガンを着回す。

少ないアイテムをどのようにうまく、そしてできるだけセンスよく着回すか。 服を必要以上に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

わかめと卵の炒めもの
数少ない冬の愛用品よ、さようなら。

うつわは好きだし興味もあるけれど、コレクション癖がない上に一人

150212lg
捨てるタイミングをくぐり抜けてきたものあれこれ。

先日立てた今年の目標のひとつに 「ものを減らす」

たらとわかめのしょうが蒸し献立
たらとわかめのしょうが蒸し、オレンジ白菜の梅おかか煮献立。

毎度おなじみ、フライパン蒸し料理です。 そして食材余りの

nakano-st17
同郷のべっぴんさんとカウンターで。

仕事帰り。 一駅手前で降りて刺身の旨い店で熱燗をやるか、

えのき卵焼き
えのき卵焼き、湯豆腐献立。

数年前、えのきブームが巻き起こりました。あくまでも私の中で、の

→もっと見る

PAGE TOP ↑