Macbook Air 11インチに買い換えて1年が経過した。

公開日: : 最終更新日:2016/11/11 ミニマルライフ

MacBook Air '11

気付けばパソコンを新調してから1年が経過していました。

関連 MacBook Air 11インチを購入。小さくて軽い、を最優先に考えた結果。

この数年Macを使用していなかったので使い勝手の面で少々不安ながらも原点回帰の道を選んでから早1年。

使い続けた中で当初挙げていた不安や不満点がどうなったのか検証してみたいと思います。



小さすぎる、画面が見ずらい。使い続けたその後の感想

MacBook Air11インチを使い始めた頃に挙げていたデメリットは以下の通り。

  • 小さい
  • ミスタイプが多くなった
  • commandキーの位置
  • トラックパッドに慣れない

小さい

小さい、はこのマシンの長所でもあり短所でもあり。今となってはまるで気にならなくなりました。しかしこれは「どう使うか」によるところが大きそう。グラフィック系の仕事でじゃんじゃんバリバリ使いたい方であればやはりこの画面の小ささ、特に天地の短さはネックになりそうです。

ミスタイプが多くなった

先代マシンのキーボードに慣れきっていたことから購入当初はミスタイプを連発していたのですが、まあこれも慣れですね。ブログをお読みいただければわかる通り、現在もミスタイプや誤変換はそれなりにやらかしますが、これはMacBook云々の話ではありません。

commandキーの位置

当初はこれが最も困った点でありました。何しろ長らく使っていたショートカットの動作が染み付いていたもので、作業に没頭すればするほどあああまたやっちゃったの連続で作業効率を高めるためのショートカットがむしろ無駄な作業を生むという悪循環でした。が、さすがに1年も経てば慣れました。

トラックパッドに慣れない

これもなかなかうまく使いこなせずに手こずっていた機能。もともとマウスは一切使わない派だったのですが、それでもMac特有のトラックパッド使いには少々訓練を要しました。今ではすっかり慣れてむしろwindows機を使う際にうっかりおかしな動きをするほどになりましたが、未だに全ての機能を使いこなせていない自信はあります。

10年以上Macから離れていたので不安要素はあったのですが、あっさり慣れます。慣れました。これはiPhoneなどでApple製品を使い続けていたことも大きいかもしれません。そしてやっぱり小さくて軽いのはありがたい。

関連 10kgの荷物の目安、スーツケースを持たない旅。

さてすっかり愛用品となったこのMacBook Air。11インチは廃止になるのではないかという噂をチラホラ見かけますがどうなんでしょう。明日7日の発表会にてはっきりするのでしょうか。11インチがなくなるのなら次はやっぱり12インチにするかな、それでも随分軽いんでしょう?などと考えてみるも買い換えるのはまだまだまだまだ先のお話。目に見えてパフォーマンスが低下してきてからのことになりそうなので、あと数年間は頑張ってもらいます。

時代はスマホにタブレット。パソコンはもういらないか。

以前書いた記事をパソコンはもういらない派の方にもちょこちょこお読みいただいているようで。

関連 パソコンはもういらない?PCを処分してスマホで全てをまかなえるか。

これを書いたのは去年の7月ですが、1年以上経過した現在でも私はやっぱりパソコン必要派です。
この記事以降多少はフリック入力にも慣れたものの、やっぱりレスポンスがダイレクトじゃない感じがどうにもハラハラするというか、断然キーボード入力がラク。そもそも話がいちいち長いのでフリック入力だけでこのブログを書く気には到底なれません。そんなことしてたらブログ書くだけで1日が終わり夜が暮れる、そして明ける。

本を読むにはタブレット端末は便利だろうなあとは思うものの、図解が多い解説書の類などiPodの画面では読みにくいKindle本はパソコンで読むようにしているので今のところ導入の予定なし。

よってもうしばらくはMacBook Air+iPod+モバイルwifiという装備で行こうと考えています。

ミニマリストの持たない暮らし

さて、明日の発表会はなんなんでしょうね、iPhone7かな。携帯を持たない、というか携帯キャリア契約をしない私はもう二度とiPhoneを持つことはないのだろうか。あ、今はSIMフリーって手もあるのか。

 




関連記事

moving

持たない暮らし。引越し費用は安くつく?

先日現在所有している一番大きなものは何かについて書きました。 参考 持ち物の中で、一番

記事を読む

doublewindow.min

今日捨てたもの 9/5 昔の部屋のカーテン。

毎日ひとつづつ捨てる月間は無事終了しました。 が、今後も何かを手放した時には備忘録とし

記事を読む

By: Mark Turnauckas

オークションで売れる意外なモノ、そして高値で売れるモノ。

By: Jiří Zralý[/caption] 久しぶりにみるとテレビってやっぱり見ちゃう

記事を読む

By: Alexey Kljatov

1月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Alexey Kljatov[/caption] 定例ポストです。 昨年の夏か

記事を読む

refoundation

リ・ファウンデーション 買取額が確定した。

昨日、香水とサンダルのオンライン査定を依頼していたリ・ファウンデーションに現物を送付しました

記事を読む

countrysidegreen

親の視点から考える 「気持よくできる 実家の片付け」

先日書店をうろついていて、たまたま高齢者向け雑誌のコーナーに目が止まりました。 やはり

記事を読む

dg2

執着心の強い女の持たない暮らし。

By: Kylir Horton[/caption] 次回の旅の計画をしています。 ち

記事を読む

トートバッグをポットカバーに

いただきものの第二の人生。

むやみに新しいものを買わずに手持ちアイテムを活かす方法を考える式にシフトしてからずいぶん経ち

記事を読む

groovy vol.4

音楽CDをデータ化 groovy vol.4 (1999)

By: tim[/caption] 前回うっかりデータ化したCDに関する記事を書いてしまいま

記事を読む

OXO ケトル

捨てる日々、やかんはいるのかいらないのか。

By: Kendyl Young[/caption] もう少し減らすつもりで持ち物を再チェッ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

かぶの梅サラダ トマトソース焼きそば
トマトソース焼きそば、かぶの梅サラダ献立。

当初はキャベツと豚肉のオーソドックスな焼きそばを食べるつもりで

suma1608_21
怒りに震える秋の朝。

朝5時から怒りに震える秋。 怒りという感情は厄介なもので

焼きかぶのトマト和え
焼きかぶトマト和え、キャベツとしょうがのスープ献立。

毎度のことながら、食材使い切り週間の献立は珍妙さが増しますね。

note16
死ぬまでにしたいこと、私のいない、私の人生。

キャッチーな邦題に引っ張られてむしろ内容がわかりづらくなるパタ

わかめと卵の炒めもの
卵とわかめの炒めもの、かぶのゆかり和え献立。

地味おかずをこよなく愛する私ですが、わかめ炒めの地味さはまた格

→もっと見る

PAGE TOP ↑