手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

公開日: : 最終更新日:2019/03/17 ファッション, ミニマルライフ

code1

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち合わせがないデタラメな人間が、真っ当な企業とお仕事をするのなら、それ相応の装いをすべし。スーツなり何なり、それっぽい何かを、速やかに買い足すべし。

そう考えていた時代が、私にもありました。

少ない服でオフィスカジュアル、買い足すべきアイテムはあるか。

結局、買い足さなかったのはお話しした通りです。どうにかこうにか、冬の「オフィスカジュアル」をやり過ごすことができたようです。



手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル・冬

pumpus_2

生まれつきのおふざけ色が透けて見えぬように、かと言って、「きちんとした」を取り違えて借りてきた猫みたいにならぬように、持っている数少ないアイテムを駆使して過ごした冬でした。ローテローテ、またローテ。週が明けたら、またローテ。

私服を制服化したい気持ちがわからなくもない。

ボトムはほ黒か白、ベージュのパンツ、トップスはVネックのニットやクルーネックカーディガンにジャケットを羽織ったり羽織らなかったり。こういう派手な色合いのものは遠慮すべきなのかしら?などと当初はびくびくしていたものの、結局信じられない柄(アメコミ風とか)のストールも多用しました。

靴は基本スニーカー。必要があれば、現場でパンプスなどに履き替えるという力技。

パンプスは40代のコンフォートシューズ。

そして最近ではサイドゴアブーツまで導入する有様で、どこがどうオフィス仕様なのだという感じになってきました。

そうです。状況を見ながら少しづつ、「オフィスカジュアル」の定義を勝手に広げているのです。

その日のスケジュールや打ち合わせの相手によってはジャケット着用、足元はパンプス、というわかりやすいスタイル必至の時もあるにはある。けれど、それ以外のシーンならばもうちょい自由な、自分っぽいスタイルで問題ないと判断しました。

慌てて訳のわからないスーツとか揃えなくてよかった。いくら私がやくざな商売を営んでいるとはいえ、社会人歴は早20数年。どうにかできるもんですね。

デニムを履けない問題

lightdenim

仕事でさすがにデニムは履けぬ。さて、どうすべか。その不安が、私のコーディネート眼を曇らせたのでありましょう。

普段の生活でデニムばかり履いていると、デニムが使えない場面で途端に何を着ればいいのかわからなくなるのです。

少ない服で着回す、デニムを履かずに暮らせるか。

デニムを履けないなら履けないで、どうにかなる。これがわかっただけでも、今回の仕事をした意義があったというものです。

とはいえ、普段はやっぱりデニムとか、モッズコートとか、プルオーバーとか、ローゲージニットとか、おなじみのゆるゆるアイテムを溺愛した冬だった。いや、平日に多少なりともきちんとした格好をする機会が多かったから、ゆるゆるへの愛がより増したと言うべきか。

おしゃれさには欠けるご近所コーディネイトが必要な理由。

この冬の普段着は、スカート+レギンスorカラータイツの組み合わせもよくやりました。スカートにレギンスって、15年前くらいに流行った気がする懐かしいコンビなのだけど、最近また人気を取り戻したのでしょうか。ちょくちょく見かける気がします。

白いパンツ、おばさんが着る服は全て流行遅れ。

まあ、私などはトレンドを意識しているわけではなく、防寒の意味合いが強いのですけどもね。ニットスカートにタイツとか、あったかいよね。

そんな冬アイテムとも、そろそろおさらばできそうな季節がやってまいりました。春からは、オンの場面でもできるだけ自分好みのスタイルに寄せていく計画です。




関連記事

smartphone

今日捨てたもの 8/7 USB ACアダプタ。

今月は、毎日何かひとつ手放す運動月間です。 いつもなら捨てておしまい、となるところです

記事を読む

By: Michael Bentley

ヒールを楽しむための対策、痛い魚の目の簡単な治し方。

旅の装いのため、そして手持ちのヒール活用のために先日購入した折りたたみシューズ。 旅の

記事を読む

Taichung-hotel-10

モノがなく、愛もない部屋で。

親密な付き合いにある友人はさほど多くないので、頻繁に人の家に出入りする機会はない。でも、皆無

記事を読む

airportsofa

最小限の洋服で身軽におしゃれ、旅の持ち物リスト。

重いものを持つのがとにかくキライな私。旅の荷物はできるだけ少なく、軽く、コンパクトにまとめた

記事を読む

By: Pedro Ribeiro Simões

使わないとダメになるから、使えるうちに使いたい。

By: Pedro Ribeiro Simões[/caption] 昨日は友人と昼呑みを楽

記事を読む

craft7

クラフトボックスで収納がない部屋の収納を改善する。

先日さんざん比較検討した末にようやくオーダーした白のクラフトボックスが本日到着しました。

記事を読む

doublewindow.min

今日捨てたもの 9/5 昔の部屋のカーテン。

毎日ひとつづつ捨てる月間は無事終了しました。 が、今後も何かを手放した時には備忘録とし

記事を読む

mostsimply

ドミニック・ローホー シンプルを極める 成熟した自我とは。

ドミニック・ローホー氏。 シンプルライフを目指す人にはすっかり御馴染み、でしょうか。以前も

記事を読む

fashionitems

洋服を捨てる基準とコツ。ルールを決めて洋服を減らす方法。

冷徹な目線で何もかもばっさばっさと捨てているように見えるかもしれませんが、自分が好きな分野の

記事を読む

tainandog9

自分の中に面白いものがなくてもいい。

孤独はたのしいです。 もともと一人で過ごすのが大好きなので、一人が寂しいとか、誰かに話

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

chiangmai16
友達はみんなお金持ちだから、何もよろこんでくれない。

わかりやすい酒瓶を担いで友人の誕生日を祝いに行く。 「わ

煎り焼き豆腐献立
煎り焼き豆腐、春菊の酒粕味噌汁献立。

魚類つまみの登場頻度が落ちている気がする今日この頃。 最

NY_upsndmid_16
ハラハラする質問力。

酒を飲みながら、スーパースターの引退会見を眺める深夜。結構長い

カリッとした毎日。白湯。
足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒が

里芋のねぎ油炒め
里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさ

→もっと見る

PAGE TOP ↑