アボカドの種 水耕栽培に挑戦。

公開日: : 最終更新日:2022/05/18 ミニマルライフ

アボカド種の発芽

長らく興味を持ち続けていたアボカド栽培、この度一歩前進しました。

植物は好きだけれど、育てるのが苦手な私。いや、植物に限らず、動物でも人でもモノでも、お世話したり手をかけたりすることが極端に下手くそなのですよ。

だから「食べ終えたアボカドの種は発芽させて育てることができる」と知った時も、多分自分には無理だろうなと思っていました。実際、何度か試してみたものの、無理でした。種は種のままでした。

発芽を諦めてから早数年。2022年4月、初めて種が割れたのです。

アボカドの種が割れた。

ものすごい偉業を成し遂げたかのような振る舞いをしてしまい恐縮です。

発芽上手な方からしてみればそんなもん誰でもできるわいってなものでしょうが、私はおしゃまな枯らし上手。種から何かを育てたことなど、小学校時代の学級花壇的なものくらいしかなく、大人になってからはほぼ記憶にありません。

ベランダでハーブやら大葉やらネギやらを育てたことはあるけれど、全部苗買ってきて植え替えただけですからね。ネギに至ってはスーパーのネギを土にぶっ刺しただけですからね。あとは、豆苗くらいか。

だから、この度のアボカド種割れ根っここんにちは事案は、結構なニュースなのですよ。毎日種の変化を見守るのが楽しくて仕方ない。

酷いストレスで観葉植物が枯れる。

さて、何度か挑戦するも失敗しかしなかったのに、ここへきてなぜ成功したか。それは、コツなるものを知ったからです。

以前何度か試したのは「アボカドの種のお尻部分のみ水に浸けて発芽を待つ」という方法でした。慣れた方なら上手くやるのでしょうが、私の種はうんともすんともでありました。

で、今回試したのは「外の茶色い皮を剥いた種を水に浸したキッチンペーパーでくるみ、プラスチック容器に入れておく」というもの。プラスチック容器ってのは、スーパーにあるカットフルーツとかミニトマトとかが入ってる、アレです。アレに種を放り込んで、たまにペーパーを取り替えながら2週間ほど待ったでしょうか。お尻がパカリと割れて、白い根っこのようなものが出てきたのですよ。

いやー、うれしい。うれしいわ。

初めてを経験中。

アボカド栽培

根っこが出てから例の「お尻部分を水に浸ける方式」に切り替えたところ、のびるのびるぐんぐん伸びる。ああ生きているねと日々感じる成長具合を見せてくれています。

育てられない私だけど、こういうの目の当たりにすると、やっぱり植物って面白い。育て上手な人の気持ちが、ほんのちょっとだけわかったような気がします。

情報筋によると、ここからはお尻だけじゃなく頭のほうもパカリと割れ、いよいよ「芽」が出てくる…らしいのですが、大丈夫かしら。現時点でも緑色のそれらしき物体が割れ目の奥でスタンバイしている様子が見えるので、きっとそのうち出てきてくれると信じています。

しかし。

タイミング悪く、時はゴールデンウィーク。しばらく家を空けるので、大事な時期を放置することになってしまいました。

今の元気具合からすると、きっと無事に育ってくれるでしょう。が、まさに本日発芽しました!の瞬間に立ち会えなさそうなのが残念。コツは掴んだ(多分)のだから、また別の種を育てればいい話なのだけど、なんとなくね。初めての経験だし、気になるじゃないですか。

後ろ髪を引かれながらも、心持ち水をたっぷり目にセット。種とはしばしのお別れです。帰宅後にはどれくらい変化しているでしょうか。

大人一人暮らしのヒント




関連記事

割れ窓理論とパリのマダムで考える本当に欲しいもの。

By: Anthony J[/caption] 任侠ものの映画が上映された映画館から出てくる

記事を読む

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろいろあって、涙ポロリポロリの展

記事を読む

ミニマリスト女性の秋ファッション(4) 定番コットンカーディガンを着回す。

少ないアイテムをどのようにうまく、そしてできるだけセンスよく着回すか。 服を必要以上に

記事を読む

なぜ捨てられないのか、わからない。

結構勢いよく捨てているように思われるかもしれませんが。 夏ものに着手する前から、何度も

記事を読む

海外在住女性はなぜ化粧をしなくなるのか。

By: Pete[/caption] ここ1ヶ月ほどフィリピンやタイにいて新しい出会いもあり

記事を読む

今日捨てたもの 11/25 バースデイプレゼントを手放す。

お気に入りだったファッションアイテムと大好きな人から頂いたプレゼント。 これらはなかな

記事を読む

簡単に見つかる副業、複業、週末起業 2020。

働き方の分野が特に変化している、と書きました。今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。働

記事を読む

あなたが今すぐモノを減らすべき5つの理由?

捨てたものと買ったものを毎月記録し続けています。 関連 捨てたものリストと買ったもの

記事を読む

一生お金に困らない自信とその方法。

どうなのよ、仕事のほうは。母に問われて、ぼちぼちですねと適当に答える。 ちなみに母は私

記事を読む

減らす計画 細々したもの、消費期限。

訳あってまたぼちぼちモノを減らし始めました。 関連 減らす計画、捨てる日々再び。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑