2017夏コーデ、捨てても捨てなくても大丈夫。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

ota_39

ふと気付けば、この夏やたらめったら多用しているコーデがあります。
お出かけ気分の時はほぼこればっかり、かもしれない。

お出かけコーデ、などと言ってはみたものの、ご近所仕様ワンピースとさほど変わりないカジュアルさ加減ではあります。

関連 思考停止ワンパターンワンピースはおしゃれじゃない・夏。

しかし私の中ではなぜかこれが17夏のお出かけコーデ。そしてこの組み合わせにはやっぱり新しいアイテムは何一つ使っていないのです。

夏のお気に入りスタイル

40代ファッション

さてそのコーデとは、古着っぽさの出るレトロプリントのノースリーブカットソーに薄手のカーディガン。

カットソーはいつどこで買ったのか全くもって思い出せない謎アイテム、でも、そこそこ長く持ち続けている、と思う。透け感のある素材ゆえ一枚では着られないので、中にキャミソールを入れます。

カーディガンはintocaのもので、こちらもそろそろ10年選手か。これ、前から見るとプレーンなカーディガンなのだけど、袖が異様に長く、後ろ身頃が一部だけ長くなっていてちょうどお尻がすっぽり隠れるというちょっと変わったデザイン。普通に羽織るのはもちろん、肩掛けにすると袖の長さがいい感じのアクセントになるのでノースリーブに合わせるのに重宝しています。

このトップスの組み合わせに、黒のリネンパンツ+スニーカーを合わせる、というのがこの夏編み出したヘビーローテーションスタイル。

JOSEPHのリネンパンツも結構年代もので、以前はポインテッドトゥのショートブーツを合わせて履いておりました。が、ヒールのある靴を常用しなくなってからというものやや疎遠に。

関連 40代のファッション、靴と鞄の選び方が変わる理由。

しかしスニーカー使いにすっかり抵抗のなくなった今、めでたく復活を遂げたのでした。

トップスが同じ組み合わせでもデニムを持ってくるならスニーカーではカジュアルすぎるのでウエッジソールのサンダルをチョイス。いずれにしてもカジュアルなスタイルではあるけれど、自分の中ではご近所カジュアルとは一線を画すお出かけコーディネイトになっているのでした。あくまでも自分の中では、ね。

捨てても、捨てなくても大丈夫

baila_6

さてこのお気に入りスタイル。使ったアイテムはいずれも手持ちのものばかりで新規導入はありません。辛うじてデニムは今年新しく買い換えたもの、サンダルは去年の夏に購入したもの、くらいでしょうか。

持っているものは何も変わらない。でも、この組み合わせが妙に気に入っている2017夏。

今年らしいアイテムを都度投入してどんどん新しいコーディネートを試すおしゃれも面白いけれど、今あるものをどう組み合わせれば今年の自分にちょうどいいのかしらん?と、自分なりのスタイルをアップデートしていく作業もまた楽し、であります。

関連 洋服が少なくなると、コーディネイトはもっと真剣になる。

洋服を減らしたいのに減らせない人へのアドバイスに

「1年着なかった服は二度と着ることはない、と割り切って捨てる」

なんてのがよくあるけれど、気に入っているアイテムならば多少疎遠になる時期があってもまたこんな風に親密になる日が訪れるものなのかも、と考える。

関連 いつか使うかものいつかは来ないと言うけれど来た。

こういうことを言うと物を減らしたいと考え中の人を迷わせてしまうかもしれませんが、もし疎遠になった時点でリネンのパンツを捨てていたとしたら、そこには別のアイテムが鎮座していたことでしょう。でも、捨てなかったから今またこうして使えていて、でも、だからこそ別のアイテムには出会えていない。

ミニマリストの持たない暮らし

大切なのは自分が選んだ物ときちんと向き合い、最後まで責任を持つこと。その結果としての選択ならば捨てても、捨てなくても、どっちでも大丈夫ってことですかね。身も蓋もない言い方ですけどもね。

 




関連記事

By: Steven Depolo

脱シャンプーの臭いと白髪問題。シャンプーを止めて6ヶ月が経過。

シャンプーを使わなくなって半年以上経ちました。 参考 湯シャン生活の記録 つい先

記事を読む

By: Donnie Ray Jones

洋服かぶり問題に関する個人的な考察。

By: Anthony Easton[/caption] 20代の頃、当時よく通っていたセレ

記事を読む

pastel.min

シンプルな暮らしがあなたを豊かにする21の理由。

Facebookでこんな記事が流れてきました。 >>参考 「シンプルな暮

記事を読む

By: Victor U

散らかし、掻いて、放置して。かりそめの快楽に身を委ねる。

By: Sandy Schultz[/caption] 手湿疹が酷くなったことで数年ぶり無数

記事を読む

By: Phil Roeder

今日捨てたもの 寿命か、自分の不注意か。

By: Phil Roeder[/caption] 身の回りに置くものを妥協せずきちんと選び

記事を読む

garbage

不要になったプリンターの処分方法。

ずっと気になっていた最後の大物、プリンターを処分するために、粗大ゴミ収集の申込をしました。

記事を読む

By: Saxbald Street Photography

「今の自分」に似合う服 パーソナルスタイリストの視点とは。

By: Jason Hargrove[/caption] 随分昔の話ですが、知り合いからとあ

記事を読む

alicia-apartelle-cebu_9

家を持たない旅暮らし。

8月ももう後半。 そして2016年も絶賛後半戦といったところですが、今年は現時点で既に

記事を読む

By: Naomi

40代がきちんとメイクしてもどこかしっくりこない、その原因。

By: RustyClark (hottnfunkyradio.com)[/caption]

記事を読む

By: Kate Ter Haar

少ない服の着まわし、決定的に足りないアイテム。

By: Rubbermaid Products[/caption] 久しぶりにクローゼットの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

さばとわかめのねぎ酒蒸し
さばとわかめのねぎ酒蒸し、三つ葉奴献立。

さばの半身が驚きのお買い得価格で手に取らずにはおれませんでした

noname
働いている人も、働いていない人も、今から10年後の働き方を考えよう。

先日お伝えした通り、来年の1月にトークイベントの開催を予定して

トルティージャの献立
トルティージャとビーツのワンプレートでスプリッツアー。

休肝+断食明け、久しぶりの家飲みは軽めにしておこうと考えた本日

shinbashi_7
忙しい毎日のメリット、仕事はないよりあるほうがいい。

ただでさえ気忙しい師走に、何を思ったか仕事を1本増やしてしまい

ねぎ卵丼献立
玉ねぎとじゃがいもとわかめの味噌汁、ねぎ卵丼献立。

味噌汁とごはんメインの晩ご飯「普通においしい」献立シリーズ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑