毎日続けたのにまるで上達していない残酷な事実。

公開日: : 最終更新日:2019/05/14 健康と美容, 親知らず抜歯

ワンタフトブラシ

約4ヶ月ぶりに歯科検診に行ってまいりました。

前回の検診時には痛みを訴えていた私。

疲れやストレスが原因で歯が痛むことはあるのか。

特に問題はない、と言われた通り、あの後痛みのことはコロッと忘れていた。つまり、もう痛くはないのでした。



毎日続けても上達しない残酷な事実

cebu-diary-15-1

今回は着席するなり

「前回痛いとおっしゃってた箇所、その後いかがですか?」

と聞かれて、さすがのカルテ力に感心する。

この歯科医院とのお付き合いも早2年越え。すっかり「かかりつけ医」の位置づけになるのだから、この程度のおうかがいは当然なのでしょうが、同じ医院に長年通う経験があまりにもなさすぎてへえ、と思った次第です。

痛みはないし、先生のお見立てでも異常なし。毎度のように歯石除去とクリーニングをしていただき、では次回はまた夏頃お会いしましょうね、と事は順調に進み、そして終了しました。

以前は1時間以上かけて、さらには麻酔までして挑んでいた一連の作業が今では30分程度に短縮。もちろん、麻酔も不要となりました。すっかり馴染み客となった今、扱いが幾分雑になったゆえの時短ではないかという疑惑がなくもないですが、真面目な通院と毎日のケアによって口内状況が改善しことは事実でしょう。

しかし、1点。奥歯の奥、裏面の取り扱いに関する注意を受けました。

あれだけ苦労して、涙して親知らずを抜歯して開拓した、奥歯の裏面。

40過ぎた大の大人が歯科で泣く。

磨きにくくはあるが、その分虫歯になりやすい箇所でもあるので、さらに入念に磨くべしとのご指導を賜りました。つまりは、あまり上手に磨けていませんよ、との指摘です。

今握るべきは、ワンタフト

上手に、磨けていない。

歯磨きなんてもう何十年と、毎日どころか1日に2回、3回と続けているルーティン。なのにそろそろ50の大台も見えてこようかという立派な中年になった今なお、その技を会得できていないなんて、なかなか衝撃的な事実ではないでしょうか。

確かに、長らく4本もの親知らずを温存してきた私であるから、高度な技術を要するとされる「奥歯の裏面磨き」は、ここ2年ほどの経験しかありません。

我が歯磨き史の中では比較的浅いキャリアであることは否めないがしかし、2年間毎日続けてきたのに合格点に届かぬ稚拙な技しか会得できていないとは、悔しいやら、悲しいやら。

継続は力なりというけれど、何も考えずなんとなく続けているだけでは成長しない。これまで幾度も似た経験をしてきたというのに、歯磨き、おまえもかという気持ちで胸がいっぱいです。

漫然と続けていても上達なんてしない件。

などと切なさにうちのめされていても仕方ないので、磨く。

「奥歯の裏、具体的には、どのように?」
「ワンタフトブラシを小刻みに動かす感じで。普通のブラシではまず届きませんからね」

やはり鍵を握るのはワンタフト。次回の検診時に同じ注意を受けぬよう、というか、厄介な箇所に虫歯をこしらえてまた地獄の苦しみを味わうことのないように、せっせと磨くしかありません。

 




関連記事

By: Dhinal Chheda

自撮り好きな人ってイタいよね、なんて笑っている場合ではない。

By: Garry Knight[/caption] 仕事で自分の写真が必要になったので、今

記事を読む

shibamata1508_8

食べない生活 お腹ぶよぶよ大作戦。

なんだか腹まわりがたくましすぎやしないか。すくすく健やかに育ちすぎちゃいないか。 そう

記事を読む

By: M Yashna

むくみ解消で足は細くなる!効果を実感した4つの習慣。

By: Ashley Webb[/caption] 昨夜シャワーを浴びていて気づいたのですが

記事を読む

By: Nathan Jones

1枚でオールシーズン使える布団を探して。

By: Brandon Atkinson[/caption] 肌トラブル原因排除のためすぐに

記事を読む

By: lina smith

花粉症対策だけじゃない、ワセリンの使い方。

By: Mislav Marohnić[/caption] 先日突如ネット上を賑わせたこの話

記事を読む

babyfoot

今からでも変われる!本気で体をケアしよう。

先日書いた2つの記事に関する後日談です。 >>参考 足を組む癖をなお

記事を読む

cebu-diary-143

カオカオヘラヘラ 踊る女。

スポーツとか筋トレ的なことがとにかく苦手なので、体を動かすのならば踊りがいいのではないか。そ

記事を読む

谷川岳

一人晩酌のあり方を考える。

食い意地が張っているばかりでなく、どうしようもない酒飲みです。 関連 食べること、飲

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

記事を読む

By: Nadia Phaneuf

40代の今、エイジングケアよりシンプルケアを選ぶ理由。

By: Nadia Phaneuf[/caption] ここのところ基本部分の肌の調子はいい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

sugamo2_19
仕事は地獄、お楽しみは全て終わった。

先日、初対面の同業の方とお話しする機会があり、自分が現在携わっ

あさりと白ねぎライム塩
あさりと白ねぎライム塩、ベトナムなます献立。

ちょうど旅の食記録を書いている最中に、ベトナムで仕入れた調味料

hochiminh_foods_26
ホーチミン一人旅で食べたもの、コムタムとフーティウコー。

ベトナム一人旅の食記録、パート2です。 ホーチミン一人旅

stand_m
減らす美容。

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね

小松菜の卵とじ献立
小松菜の卵とじ、キャベツと蒸し鶏のわさび和え献立。

お久しぶりの、晩酌献立です。恥ずかしながら帰ってまいりました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑