春への衣替え、ペラペラ布団と花粉症。

公開日: : ミニマルライフ, 健康と美容

knit17

冬から春への衣替え儀式。去年はいつ頃だったかしらと振り返ってみれば、もうちょい先だったみたいです。

冬から春へ衣替え 白が着たい、白の効果。

今日午後から時間があったので調子に乗って衣替え作業をしてしまいましたが、大丈夫でしょうか。

ちょい気温が下がる日もありしょうですが、さすがに大きく裏切られることはもうないであろうと信じて、防寒アイテムたちをそっとしまい込みます。

冬から春への衣替え

new_coat

冬から春への移行作業、などというと大げさですが、なんのことはない、単なる洗濯です。ガンガン回してじゃんじゃん干してやりました。

基本的にはアウターや厚手のストール、湯たんぽを洗濯して目につかないところにしまい込む、という毎度お馴染みの内容ですが、今年新たに加わったのはモッズコートのメンテナンス。

男性ドン引き、大人女性のNGファッション。

先月中に既にファー部分は取り外していたので、本日はライナーを外して洗う作業を執り行いました。

雨の日も雪の日も私を暖かく包み込んでくれた頼もしいコートも、ファーとライナーを外してみればすっかり春仕様。ウエスト部分を絞れば細身のパンツとプレーンなパンプスなんてややキレイめのコーデにも持って来れそうな気配なので、本体はもう少し活躍してもらうこととします。

ペラペラ布団と花粉症

サンホワイト ワセリン

しかしこうも陽気が続くと、太陽光を活用したい欲が湧いてくるというもの。今年も越冬に大いに力を添えてくれた愛用のペラペラ布団丸洗いもやりたくなります。

1枚でオールシーズン使える布団を探して。

しかし周りの人がくしゅんくしゅんと苦しんでいる様を見るに、もう少し待ってからのほうがいいですね。まあ私は目鼻系の花粉症は持っていないのですけども、そもそもこの布団を使っている理由がアレルギー対策なのでね。念には念を。

皮膚科で受けるパッチテストの結果 手湿疹の意外な原因。

ところで花粉症といえば、ある日突然発症することでお馴染みですね。私の友人知人でも40を過ぎてからいきなりキタ、という人たちが少なくありません。しかも何らかのアレルギーを持っている人は花粉症にもなりやすい、とかなんとかいう噂。

アトピー性皮膚炎の人に起こりやすいって本当?(セルフドクターネット)

幼児期にアトピー性皮膚炎やぜんそくになった人は、体質的に花粉に対してもIgE抗体をつくりやすく、花粉症にかかる危険も高くなります。

ほ、本当?そんなこと言われたら私だっていつなってもおかしくない気がする。と毎年思う。いや、絶対ならないけど(願望)。

同じ花粉症でも顔がボロボロになるよりくしゃみ鼻水のほうがマシかもなあ、なんて思ってしまうのは私が花粉症の辛さを知らないからでしょう。こういう奴に限って実際なったらブーブー言うんでしょう。

花粉症対策だけじゃない、ワセリンの使い方。

今年はヒノキ花粉が大量発生らしく、東京では4月中旬までピークが続くとのこと。ペラペラ布団丸洗いは5月以降に持ち越すとしても、本格的に寒さとはおさらばです。あーやれやれ。やれやれだわ。

 




関連記事

今日捨てたもの 8/15 靴べらを使った記憶はゼロに等しい。

今月は毎日何かを1つ処分すると決め、毎日実行中です。 毎朝起きてすぐ 「さて今日

記事を読む

何を捨て、何を残すか。大切なのは数じゃない。

By: muha...[/caption] コンパクトカメラの修理にようやく着手した、と書き

記事を読む

今年風の着こなし、今っぽいシルエットの是非。

すっかり春らしい気候になりました。 といっても陽が落ちればぐっと気温が下がるのが今の季

記事を読む

早起き習慣のコツと効果。超夜型人間があっけなく変化した理由は?

昔から3秒でおやすみのび太くん体質なので不眠の悩みとは無縁の人生を送っています。 若い

記事を読む

身軽な旅を実現するために大切なこと。

昨年のタイ旅行でホステルの便利さにすっかりはまった私。 関連 バンコク女性一人旅。ゲス

記事を読む

大は小を兼ねるのか。

By: Lindsey Turner[/caption] 先日魔の箱を整理して無事新居にしっ

記事を読む

本気の冷え性対策記録 1日目 簡単なことから。

今年の冬こそは治す!と宣言した末端冷え性。 そもそも一冬頑張ったくらいで症状が改善するもの

記事を読む

頬杖をつく癖をなおしたい、ゆがみとたるみの原因になっている。

足を組む癖を止めよう、と思い立ってから約3週間が経過しました。 >>参考

記事を読む

最小限の洋服で身軽におしゃれ、旅の持ち物リスト。

重いものを持つのがとにかくキライな私。旅の荷物はできるだけ少なく、軽く、コンパクトにまとめた

記事を読む

持たない旅のファッション、意外に使えたヘンな服。

基本的に、移動時にはデニムを選ぶことが多いです。 旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑