春への衣替え、ペラペラ布団と花粉症。

公開日: : ミニマルライフ, 健康と美容

knit17

冬から春への衣替え儀式。去年はいつ頃だったかしらと振り返ってみれば、もうちょい先だったみたいです。

冬から春へ衣替え 白が着たい、白の効果。

今日午後から時間があったので調子に乗って衣替え作業をしてしまいましたが、大丈夫でしょうか。

ちょい気温が下がる日もありしょうですが、さすがに大きく裏切られることはもうないであろうと信じて、防寒アイテムたちをそっとしまい込みます。




冬から春への衣替え

new_coat

冬から春への移行作業、などというと大げさですが、なんのことはない、単なる洗濯です。ガンガン回してじゃんじゃん干してやりました。

基本的にはアウターや厚手のストール、湯たんぽを洗濯して目につかないところにしまい込む、という毎度お馴染みの内容ですが、今年新たに加わったのはモッズコートのメンテナンス。

男性ドン引き、大人女性のNGファッション。

先月中に既にファー部分は取り外していたので、本日はライナーを外して洗う作業を執り行いました。

雨の日も雪の日も私を暖かく包み込んでくれた頼もしいコートも、ファーとライナーを外してみればすっかり春仕様。ウエスト部分を絞れば細身のパンツとプレーンなパンプスなんてややキレイめのコーデにも持って来れそうな気配なので、本体はもう少し活躍してもらうこととします。

ペラペラ布団と花粉症

サンホワイト ワセリン

しかしこうも陽気が続くと、太陽光を活用したい欲が湧いてくるというもの。今年も越冬に大いに力を添えてくれた愛用のペラペラ布団丸洗いもやりたくなります。

1枚でオールシーズン使える布団を探して。

しかし周りの人がくしゅんくしゅんと苦しんでいる様を見るに、もう少し待ってからのほうがいいですね。まあ私は目鼻系の花粉症は持っていないのですけども、そもそもこの布団を使っている理由がアレルギー対策なのでね。念には念を。

皮膚科で受けるパッチテストの結果 手湿疹の意外な原因。

ところで花粉症といえば、ある日突然発症することでお馴染みですね。私の友人知人でも40を過ぎてからいきなりキタ、という人たちが少なくありません。しかも何らかのアレルギーを持っている人は花粉症にもなりやすい、とかなんとかいう噂。

アトピー性皮膚炎の人に起こりやすいって本当?(セルフドクターネット)

幼児期にアトピー性皮膚炎やぜんそくになった人は、体質的に花粉に対してもIgE抗体をつくりやすく、花粉症にかかる危険も高くなります。

ほ、本当?そんなこと言われたら私だっていつなってもおかしくない気がする。と毎年思う。いや、絶対ならないけど(願望)。

同じ花粉症でも顔がボロボロになるよりくしゃみ鼻水のほうがマシかもなあ、なんて思ってしまうのは私が花粉症の辛さを知らないからでしょう。こういう奴に限って実際なったらブーブー言うんでしょう。

花粉症対策だけじゃない、ワセリンの使い方。

今年はヒノキ花粉が大量発生らしく、東京では4月中旬までピークが続くとのこと。ペラペラ布団丸洗いは5月以降に持ち越すとしても、本格的に寒さとはおさらばです。あーやれやれ。やれやれだわ。

 






関連記事

airportromance

ミニマリストとスーツケースの選び方。

ミニマリストとスーツケースはなんだかセットで語られることが多いような。荷物を詰め込んで即飛び

記事を読む

ジャケットの着こなし

シンプルだから飽きない、は真実か。

By: Katie Brady[/caption] 先日こんな記事を書きました。 参考

記事を読む

dog

犬のこと。

犬派か、猫派か? などという話題がたまに出ますが、私は犬も猫も好きです。でも、どちらか選ぶ

記事を読む

dish

ファスティング(家断食)の記録と効果 その1~なぜ断食?~

もう随分と昔のことになりますが、一度だけ 「家断食」 にチャレンジしたことがあり

記事を読む

By: Didriks

今日捨てたもの 12/29 傷んだことに気がつきにくい。

By: Didriks[/caption] 私が現在住んでいるシェアハウスは若い人が多いので

記事を読む

closet

“BRAND COLLECT” にブランドアイテム買取を依頼してみた。

先日ZOZOとBrandearで買い取ってもらえなかったアイテムが返送されました。 >

記事を読む

By: Vinoth Chandar

6月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Vinoth Chandar[/caption] いつもの定例ポストです。 ブログ

記事を読む

ツイードジャケットコーデ

ナチュラルシンプルファッションは、10年経っても色褪せない。

「ku:nel」が島田順子さん特集でした。 リニューアル後の評判が何かと芳しくない本媒

記事を読む

By: markus spiske

サイト閉鎖で考える切ないお仕事。

By: C.E. Kent[/caption] 愚痴らないこと嘘つかないこと負けないこと投げ

記事を読む

puccibag

見えない収納で一石二鳥。

吊り下げ方式を導入してから1ヶ月。 収納グッズの恐ろしさ 優柔不断なお片づけその後。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑