自力で治療した手湿疹、次の一手は。

公開日: : 最終更新日:2021/01/21 健康と美容

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど、わたしはげんきです。

昨年の我が一大トピックスであった手荒れ問題、その後はそこそこ小康状態を保てています。

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

「そこそこ」でしかないのは、いまだ手のひらに謎の水泡が出現する日があるから。そして、指先が切れるギリギリの状態に陥る日があるから。

油断は禁物ではありますが、次の一手が欲しい気もしています。

自力で治療した手湿疹、次の一手は

現在わたくしの手指は

「乾燥によるひび割れを防止すべく、常にワセリンで保湿されている状態」

です。最悪の状態を脱するための救世主となったグリセリン水は、その後使用頻度を緩やかに落としつつ現在に至ります。

まあ、グリセリンって化粧水やらなんやらに入っているものなので、常用したところで大きな弊害はなさそうな気もしますが、一応。

ワセリン保湿によってひび割れ地獄を遠ざけることには成功していますが、固い。ワセリン膜で保護されてはいるが、皮膚が固いのです。

グリセリン水をプラスすれば幾分マシにはなるものの、ここからもう1歩すすめて「やわらかな手」になるには、尿素とか、ビタミンとか、何かしらの栄養補給が必要なのでしょうか。

いや、こういう時こそ安易に何かを足したりせず、肌本来の力を地道に育むべきか。そもそも栄養補給しなければならないという考え自体が、間違った思い込みなのか…?

肌断食、悪魔の書を手に入れた

試行錯誤しながら、顔に似合わぬか弱い手指を守る日は続く。

次の一手を模索する中、私と同じく鬼の乾燥肌で手荒れに悩むプルシェンコ嬢からのおすすめで試してみたモアディープの使用感が結構好みでした。

ドラックストアで見かけたことはあったけど使ったのはこれが初めて。しっとりながら軽めの使用感で、刺激なく、なにより無香料なのがうれしい。改めて口コミをチェックしてみると、なかなかの人気アイテムのようで。

ワセリンケアとこのハンドクリームを上手く併用すれば、しっとりハンドに一歩近くのでは?という淡い期待を持ちながら、引き続き経過観察を続けます。

ものを持たずに身軽に生きる




関連記事

むくみ解消で足は細くなる!効果を実感した4つの習慣。

By: Ashley Webb[/caption] 昨夜シャワーを浴びていて気づいたのですが、足が

記事を読む

休肝日は休胃日に。2週連続胃も休ませてみた。

By: Luci Correia[/caption] 何年かぶりに休肝日を設定しようと思いつ

記事を読む

座りっぱなしを解消したい。

先日ニュースで立ったままで操作できるパソコンデスクや、ストレッチ器具を導入しているオフィスを

記事を読む

地道な努力は裏切らない。セブ日記 8

本日のセブシティは曇りのち雨。日中の最高気温は31℃。 ここのところまとまった雨は夜中

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

あかぎれ保護バンを使ってみる。

ここしばらく手指の調子がよかったのですが、今月に入ったあたりから雲行きが怪しくなってまいりま

記事を読む

歳をとると顔が伸びる。

顔って伸びますよね。 決して面長ではなかった私が、顔の伸びを初めて感じたのは30代半ば

記事を読む

ぎっくり腰の座り方。腰痛がある時のラクな体勢を考える。

By: Dave Fayram[/caption] おまえの腰の話はどうでもよい。 と

記事を読む

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さん。ほんの数ヶ月前、100均の

記事を読む

ほうれい線に攻めのオイルとマスクを使った結果。

By: Mick C[/caption] いやー、妙に不安定ですねえ。 肌の話です。 関連 ほう

記事を読む

カオカオヘラヘラ 踊る女。

スポーツとか筋トレ的なことがとにかく苦手なので、体を動かすのならば踊りがいいのではないか。そ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

50代一人暮らしの晩酌
50代一人暮らしの晩酌事情。

100年ぶりの晩酌記事です。長年しつこく書き続けていた晩酌記

引っ越しから1年、ものが増えまくっている。

新居に越してから、早1年が経ちました。持たない暮らし、引っ越

ブログ開設10周年、あとは「老後」のお楽しみ。

カリッとした毎日。を開設したのは、2014年7月3日。なんと

働くことに飽きている。

自分の中で「かなり重い」と認識している案件の打ち合わせ前日。

腰痛改善記録、椅子がこわい。

腰痛改善計画の続きです。 長年苦しみ続けている腰痛を改

→もっと見る

PAGE TOP ↑