男の子は黒、女の子はグレー。

公開日: : 健康と美容

グレーのプルオーバー

すっかり夏の風物詩となった、年に一度の健康診断に行ってまいりました。早いもので、このネタを書くのももう7回目ですよ。

右軸偏位って何?健康診断で心電図に所見あり。

今年は例のアレの影響で、春は定期検診を受け付けていなかった関係で、しばらくは日祝日も対応しているのだとか。恐れ入ります、ありがとうございます。

検診着にバリエーションができていて、へえ、と思った昨年度に続き、なんと今回はさらに進化していて驚きました。

男の子は黒、女の子はグレー。

昨年、もさいベージュの検査着を選んだ私。

女の子はピンク、男の子はブルー

さて今年もベージュにしましょうかね、ピンクはなんだか恥ずかしくてね、とか考えながら更衣室に入ってびっくり。またまた検査着が一新されておるではないですか。

新しいそれは、ダークグレーのTシャツと、ライトグレーのパンツという、シンプルなトレーニングウェア風のもの。Tシャツは一見普通の形なのだけれど、身頃が合わせになっており、こう、ぺろんと容易に肌蹴られる仕様になっていました。

3年前は桃色の浴衣風だったのに、えらい変わりようだ。

女性がグレーということは、もしや男女の色分けはなくなったのか?と思いきや、男性陣のトップスはよりシャープな印象のブラック。こちらもスポーツウェア然としており、検診フロアはまるでスポーツジムのような健やかさに満ちていました。

個人的にはこれまでの人生でまとった検査着の中でいちばんしっくりくるデザイン。いいじゃないか。

このネタから色と性別云々、みたいな話を書いたのは去年のことで、今年は単なる覚書として記したまで。検診の結果はいつものように数週間後に郵送されてくるんだけど、今回はすでに受診時に子宮筋腫の存在を告げられて、がっかりしています。

人間50年近く生きてるとそりゃこぶのひとつやふたつできても仕方ないわなあ。と、納得はしているけれど「健康診断結果に一切の曇りなし」しか誇れることがない人生だったので、なんか悔しい。この際こぶも誇るか。

残りの部位(特に肝)の成績は良好でありますようにと祈りつつ、いそいそと昼酒を注入するのでした。

40代の一人暮らし




関連記事

誰も知らない死後の世界。死んだらどうなる?

死んだら、どうなる。 近くや遠くで訃報が続いたからか、死について考えたり話したりする機

記事を読む

最小限の旅の持ち物。長期旅行のスキンケア。

By: Tara Angkor Hotel[/caption] 日本を出て約1ヶ月が経過しま

記事を読む

本気の冷え性改善記録 16日目 ウォーキングの即効性。

末端冷え性に長年悩んできた私。 PCで作業をしていると、あまりの手の冷たさに自分でも驚くこ

記事を読む

髪型をコロコロ変えるのは気が多い証拠説。

ヘアスタイルを頻繁に変える女は気が多い。なんてことを子供の頃よく周りが言っていたように記憶し

記事を読む

地道な努力は裏切らない。セブ日記 8

本日のセブシティは曇りのち雨。日中の最高気温は31℃。 ここのところまとまった雨は夜中

記事を読む

2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ大作戦2020。

「お腹ぶよぶよ大作戦」とは、これからお腹をぶよぶよにするぞという意気込み、または、ぶよぶよのお腹に

記事を読む

言わなきゃよかった、あんなこと。

一目見て、うわあ、エラいすっきりしたなこりゃ。と、素直に思いました。 親知らず抜歯痕に

記事を読む

今すぐ変わる、すぐに見た目を3割よくする方法。

By: Magdalena Roeseler[/caption] 突然ですが、残念ながら今す

記事を読む

4週間で4つのフレーズをマスターできるか。

4月最後のダンシング。 カオカオヘラヘラ 踊る女。 フラダンスはそう激しい振りは

記事を読む

Aurora Soho

激しい朝活女子の真実。

某女性芸人の朝の過ごし方に密着している番組がありました。 チラ見だったのでどういう趣旨

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

新橋ときそば
一旦上がった生活レベルが下げられない。

人間、一旦上がってしまった生活レベルは、なかなか下げられない

サンホワイト ワセリン
「最強クラス」を1週間使用した結果。

痛恨のstrongestステロイド処方から早1週間が経過。サ

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも

NY ホテルエジソン ツインルーム
サプリ飲み始め、初日の効果に驚く。

手湿疹対策として、ビオチンを飲み始めました。 ナチュラル志向

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

→もっと見る

PAGE TOP ↑