ファスティング(家断食)の記録 その4 ~粗食に大興奮~

公開日: : 最終更新日:2017/11/06 ファスティング(家断食), 健康と美容

chopstick

以前自宅でファスティング(断食)にチャレンジした時の記録です。

参考 ファスティング(家断食)の全記録

4日目から食事を再開させました。

この時の喜びは今でも鮮明に覚えています。

 

断食明け、本日の朝ごはんは?

morning1

わ~い!!

とうとう回復食を食べることができる4日目に突入!!ジュースと生姜紅茶のおかげで、辛い空腹感を感じることない3日間ではありましたが、やっぱりご飯が食べれるって、嬉しい!!

  • 10倍粥
  • 昆布と鰹の出汁
  • 梅干
  • 大根おろし

なんかごはんが食べられるのが嬉しすぎて、配膳がでたらめですね。
普段だったら絶対ないような超粗食ですが、お箸を使って食べる、というだけですっごく嬉しい!!朝日に輝く梅干にうっとり…。おやつとしては食べていた梅干、ご飯と一緒に食べられるなんて、サイコー!!

撮影が終了して、食す。
…素晴らしく美味しい。

この出汁、塩も醤油も一切なし、の、単なる『出汁』。
それが、充分に美味しいんです。
昆布と鰹だけで、じんわりとカラダに染み渡るなんともいえない旨味が広がります。お粥も重湯程度の超ゆるゆる度合いなんですが、お米の甘さが充分に感じられるし、大根おろしも大根の辛味だけで食べられるうまさ。『味覚が敏感になる』というのは事実です。素材の味だけでこんなにご飯を楽しめるなんて、『食』に対する概念が変わってしまいそう。
断食明けの出汁の味、忘れないようにしたいものです。

 

夜もさほど変わらない粗食メニューを。

・10倍粥
・ワカメの味噌汁
・じゃこおろし
・梅干

味噌汁の味噌は普段の半分以下の薄さ。それでもやっぱり美味しい!大根おろしにじゃこが入っただけで塩分を感じて美味いです。普段だったら絶対醤油かけますけどね。
食後、フルーツが欲しくなったので、ジュース作りの材料で余ったレモンを絞って蜂蜜を入れたものを冷水で割って飲みました。相当ビールが呑みたかったのですが、それはもう少しガマン…。

 

普段だったらこの粗食メニューにこんなに興奮はできないでしょうけど、何しろ3日間の断食明け。「箸を使って食べる」という行為自体が嬉しくて嬉しくて仕方ありませんでした。

 




関連記事

白髪が隠れるまで。ヘアカラートリートメントを使ってみた 3回目

これだけ科学が進歩を遂げた現代においても、染める以外の白髪ケアは未だに開発されていないようで

記事を読む

白髪を染めないという選択肢。

By: Melanie Tata[/caption] 白髪ケアが面倒くさいなあもう。

記事を読む

100円ショップ嫌いなのになぜか愛用しているもの。

以前、身軽に生活するならば100均ショップには近寄るべからず論をぶち上げました。 我

記事を読む

減らす美容。

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね。酒だけじゃなく、食べるのも止

記事を読む

じゃがいもカルボナーラ

白ワインは肌に悪いのかもしれない。

鼻ニキビと赤鼻の対策に取り掛かる宣言から早くも2ヶ月が経過し、季節はすっかり赤鼻のトナカイ。

記事を読む

目標達成!家飲みダイエットは確実に効く。

今朝出かける時にいつものデニムを履いていたのですが、なーんか、ユルい…。 ん?これはもしや?

記事を読む

残念なお知らせ。

3年間は同じところにお世話になっていたのですが、去年転居したので今年からはじめまして、どうぞ

記事を読む

ワンタフトブラシ

もう歯医者には行きたくない。

By: Steve Snodgrass[/caption] 人知れず涙したあの日から早3週間

記事を読む

頬杖をつく癖をなおしたい、ゆがみとたるみの原因になっている。

足を組む癖を止めよう、と思い立ってから約3週間が経過しました。 >>参考

記事を読む

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。 2週間でウエストマイナスんcm

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑