復活の狼煙 動くべきか、動かざるべきか。

公開日: : 最終更新日:2018/08/22 健康と美容

NB

2週間ぶりの復活です。

激しく踊っても崩れないベースメイクと気温問題。

またまた腰をやってしまったので大事を取ってステージ、じゃなくてスタジオから遠ざかっておりましたが、おかげさまで、どうにか復活。

今回はちょっと長引いたなあ。

腰痛の対応 動くべきか、動かざるべきか

今通っている整体で、運動については相談しておりました。

強い痛みがあるうちは安静が一番だけれど、峠を超えたらある程度は運動した方がいいとこれまでの経験から感じているし、じっとしてると気も滅入るし、ただでさえ貧弱な筋力が落ちるのも怖い。

人生を変える幸せの腰痛学校 自分でできるシンプルなこと。

整体師さんの見解は

「立場上どうしても自己責任でお願いします、という言い方にはなってしまうけれど、動けそうなら動いた方がいいと思うし、自分はそうする」

というもの。運動することで余計に痛めてしまっては意味がないけれど、激痛時期を抜け出したなら様子を見つつ走るなり踊るなり慣らしていったほうがいいでしょう、ということでした。

はい、自己責任。もちろんです、私の意思で踊ります。

さほど激しい運動ではないけれど、飛んだり跳ねたりひねったりするエクササイズ。序盤は相当おっかなびっくり、文字通り腰がひけていたものの、最後の方は腰痛のことはすっかり忘れてダラダラ汗をかいておりました。

気持ちよかった。エクササイズ復活以降、腰の調子もぐっとよくなった気がします。

腰痛との付き合いは10年以上が圧倒的多数

alicia-apartelle-cebu_21

基本は自力、自然治癒に頼りきりだったここ数年。

今回久しぶりに整体に通ってみて驚いたのは、体のどこかしらに痛みを感じている人はこんなにも多いのかということ。腰が痛い、肩が上がらない、むくみが取れなくてつらい、などと不調を訴える患者さんが施術中にガンガン飛び込んでくるのです。

しかも、老若男女問わず。

「腰痛」を感じている人の4割は10年以上苦しんでいる(シニアガイド)

「腰痛を感じ始めた時期」についてたずねたところ、「30代の頃から」が一番多く、「20代の頃から」が続きます。働き盛りの年代から腰痛を感じ始めている方が多いことがうかがえます。

掲載メディアからして「シニアガイド」だし、腰痛ってなんとなく中高年以上に起こるトラブルというイメージがあるけれど、実際は20代、30代の若い時期からの付き合いとなるケースが圧倒的多数とのこと。

私も最初に病院送りになったのは20代前半。当時は仕事柄1日中前傾姿勢でライトテーブルに張り付いていなければならず、まさに腰痛ホイホイ状態。しかも若さゆえに同じ姿勢を長時間続けるのはよくないという知識すらなく、まんまと椎間板ヘルニアの診断を下されたのでした。

人生やり直したいことだらけだけど、もし戻れるなら当時の私に忠告したい。30分に1回はストレッチしなさいよ、と、強めに言いたい。

今すぐ一から人生全部やり直したい。

すっきり全快、とはいかないものの、普通に動けて、なんなら踊れもする日常のありがたさをひしひしと…ってこのパターン何回目だよ。しかし今回もやはり実感しています。

正直なところ整体に効果があるのかないのか未だによくわかりませんが、マッサージそのものは純粋に気持ち良いので継続予定。当分はストレッチなどのセルフケアと座り仕事の強い味方であるコルセット、整体、そして程よい運動を組み合わせながら地道にやっていきます。あ、あと、鞄を右肩ばかりに掛ける習慣も絶賛改善中。

 




関連記事

40代のスキンケア。基礎化粧品を変えて1ヶ月が経過。

40代になるとファッションが難しくなる、と先日書きましたが、ファッションと同様に悩むのがスキ

記事を読む

白髪とヘアアイロンの複雑な関係。

By: farhad sadykov[/caption] いやいやいや。 それじゃなくて他に買

記事を読む

グレーのプルオーバー

男の子は黒、女の子はグレー。

すっかり夏の風物詩となった、年に一度の健康診断に行ってまいりました。早いもので、このネタを

記事を読む

いきなり腹が出る理由 お腹ぶよぶよ大作戦。

なんだかこの頃腹回りがたくましくなってきたわねえ。 苦しくて悲しくて、いい加減どうにかせね

記事を読む

心電図に所見あり。右軸偏位、BMI値、健康診断の結果が出た。

By: Kiran Foster[/caption]   1年ぶりに健康診断

記事を読む

毎日続けたのにまるで上達していない残酷な事実。

約4ヶ月ぶりに歯科検診に行ってまいりました。 前回の検診時には痛みを訴えていた私。

記事を読む

パドルブラシ

白髪を染めたくはないけれど、気になる髪色。

白髪が増えたような気がします。気のせいであって欲しいと願いつつ、やっぱり増えたのではと鏡を見

記事を読む

再検査、3ヶ月計画は企画倒れ。

8月に受けた健康診断で、まさかの3ヶ月後再検診の刑を食らいました。 関連 残念なお知ら

記事を読む

たった1年で変わるもの、変わらないもの。

しつこいくらいにアピールし続けていますが、酒を控えています。 いや、控えていました(

記事を読む

メイクはするのに、白髪は染めない理由。

人に会う機会が激減してから早1ヶ月。気付けば白髪がどっと増えていました。 突然強いられたおこもり生

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑