自著が絶版になります。

公開日: : 最終更新日:2020/02/06 一人飲み, 読書, 食べること

ひとりぜいたく晩酌帖

口頭ではすでに説明を受けていたのだけれど、正式な書面が届いたのは昨日のこと。

が、今確認してみると、年末にはもう情報が出ていたのか。

セブン&アイ、出版事業から撤退…「五星三心占い」人気も出版不況受け21年清算

全く貢献できなかった自分が言うのもアレですが、こうなると寂しいね。

間もなく絶版になります

セブンアンドアイが出版事業を終了、25年の歴史に幕を下ろすとのこと。設立は1995年、阪神大震災の年だから、思ったより前からあったんだな、なんて今更ながら。

で、わたくし2017年の末にこの出版社から「ひとりぜいたく晩酌帖」というエッセイを出しておりまして。

タイトルからしてお料理レシピ本かと勘違いされそうなのですが、本書のメインテーマというかそもそものきっかけは酒でも料理でもなく。

ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

中身はただの酒飲みエッセイ。一応献立は載ってますけども、レシピ本とはちょっと違うのです。

普段から散々書きたおしているテーマを改めて本にするという作業はたのしくもあり、しんどくもあり、何より「編集」の力をしみじみと感じたお仕事でありました。

ブログ歴がそこそこ長いとはいえ、日々の記事はノー編集の自己完結。そして本業(?)で文章を書くときは何者でもなかったり、他の誰かになりすましたりするのが常なので、自分の名前で書いた文章をまず編集さんに読んでもらうという行為にひどく緊張したのです。「カリッとした毎日」が自分の名前かと言われるとアレですが。

最初の頃はフィードバックのメールを開くのが怖かったりもしたのですが、タイトなスケジュールだったこともあり開かないわけにもいかず。

しかしよくよく考えてみれば、仕事とはいえ、こんな風に自分の原稿を何度も何度も読んでくれる人がいるというのはなんかこう、ものすごいことだぞ、と。

今の時代、出版社を通さずとも、誰でもセルフパブリッシングが可能だし、本じゃなくてもブログやSNSでいくらでも情報発信できる。それはそれとして、書くという孤独な作業に伴走してもらう経験ができたのは、よかった。緊張したし、自分の筆力のなさを目の当たりにしたけど、よかった。

本件に関してはまだまだ書き記したいことがたくさんあるけれど、とにかく。この孤独な酒飲みエッセイは、間も無く世間から消えてなくなります。ささ、まだの方は遠慮せず、いまのうちに1冊どうぞ。

 

あ、あとこの記事も年末に上がっていたのに告知を忘れていました。

「一人飲み」は大人女性こそおすすめ! 街の喧騒と情景をたのしむ

毎度おなじみのネタで恐縮ですが、まあいいじゃないか。そしてこの別嬪さんをcrispy-lifeだと勘違いしてくださっても、わたくしは一向に構いません。




関連記事

門前仲町・晴弘で昼酒1時間1本勝負 東京散歩・江東区

門前仲町散歩の続きです。 参考 早朝の門前仲町を歩く。東京散歩・江東区 久しぶり

記事を読む

一人晩酌レシピ 9/11 蕪と豚のしょうが炒め、三つ葉のごまポン酢和え。

毎日家で食べている割に、我が家は調味料があんまり揃っていません。 というか、何しろ料理

記事を読む

gray's papaya

ハンバーガーにホットドッグ、ニューヨークで食べたもの その1。

食事は旅のお楽しみのひとつ。 その土地ならではの味や雰囲気、匂いなんてものを求めてさて

記事を読む

ピーマンの塩きんぴら

ピーマンの塩きんぴら、空芯菜納豆で家飲み。

なんということでしょう。 本日はカレイの煮付けを中心に残り物ばかりで構築した食卓。ゆえ

記事を読む

煎り焼き豆腐

いり焼き豆腐、きのこおろし献立。

お店で食べて気に入ったメニューを家でも作ってみることが多々あります。 もちろんお店でい

記事を読む

こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩酌ネタをここらで投下します。

記事を読む

キャベツステーキ

1人暮らしの家飲みレシピ キャベツステーキでビール。

浴衣を着た女の子の姿をちらほら見かける花火大会の土曜日、いつものスーパーの店先で私の両手拳よ

記事を読む

切り昆布と豚肉の炒め煮献立

切り昆布と豚肉の炒め煮献立、キャベツの梅和え献立。

ここしばらく、お久しぶり食材が続いているような気がする晩酌献立。 えびとかぼちゃのタル

記事を読む

蒸しとうもろこし

三つ葉と豚の冷しゃぶ、蒸しとうもろこし。

今日から7月。 今朝は雨が降っていて少々肌寒いですが、まもなく本格的な夏に突入です。

記事を読む

納豆入り油揚げ

家飲み献立 2/10 きつね納豆、トマトと卵のスープ。

読みたい本がたくさんあるし、行きたいところあちこちあるし、いい仕事がしたいし、もちろん生きるため

記事を読む

Comment

  1. 出版社自体が撤退なのですね…。25年と言えば四半世紀。気の遠くなるような長さに聞こえますが、1995年はつい最近な気がします。

    本も出版されて、サイトに記事も寄稿されてるCrispyさんのブログは、やっぱり読み易くてかつ洗練されています。読み易い文章を書くのはすごく難しくて、自分が書いたものを読み返して一体自分は何が言いたかったんだろうと思うことが多いので(笑)、やっぱり文章を書くことは難しいなと改めて思いました。

    なのでほぼ毎日上質なエッセイを読ませて頂いていて、楽しみにしています(毎回同じようなコメントをしちゃってますねw)。

    • crispy-life より:

      トム(仮名)さん

      わかります!私も1995年ってわりとこないだくらいの感覚ですから。いや、自分当時めちゃくちゃ若かったんですけども、90年代自体が近く感じるというか。

      ブログの更新を楽しみにしてくださっているというお言葉は本当に光栄なのですが、トム(仮名)さんブログのように「人の役に立つ内容」が書けるのが一番いいよなあ、と常々思っております。英語学習に関する質問コメントを入れてみたいけど、質問のクオリティが低すぎてもじもじしちゃう、というジレンマを抱えながら、トム(仮名)さんのブログを日々読んでますよ〜。本年も引き続き、よろしくお願いいたします。

  2. ちゅーなー より:

    crispy様

    やはり寂しい話ですね

    書籍は紙派ですので、本が届いた時は
    平面が立体になったリアル感と申しましょうか…
    おお!と感動したものですが
    でも、二冊目もお待ちしております
    集◯社、小◯館とかこの辺りの出版社から、何卒。

    その時は記事の写真の方以上の別嬪さんご尊顔も
    あわせて、何卒。

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      早いもので、あれから2年が経ちました。もう店頭で並んでいるものはほぼないにしても、寂しいものですね。

      自分の一番の得意分野であろう「ひとり晩酌」に関するエッセイですら、一冊まるごと書き下ろしとなるとかなりの苦労があったものですから、他のテーマ、例えば旅なんてものに手を出そうものならあまりのプレッシャーにトンズラかますんじゃないかと思ってしまいます。

      でも、何事も経験ってことで、機会があればまた挑戦しようかな。今のところ顔出しも含め、予定はないですけどねw

crispy-life にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

「あなたみたい」と、言われても。

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行って

10年保てば、いいほうです。

ようやくカメラを修理に出しました。カメラが(多分)故障する不

→もっと見る

PAGE TOP ↑