かぶの酒粕味噌汁、白菜とツナの煮もの

公開日: : 最終更新日:2021/02/03 家飯

白菜とツナの煮もの

この冬は、白菜を食べまくってますなあ。

柚子手羽白菜、もずく納豆献立

白菜が驚きのお買い得価格になる冬は、葉野菜好きにはうれしい季節。ずっしりみっちり巻きのいい1/4カットが50円とかアナタ、一人暮らしの身には十分な量すぎてホクホクしますね。

寒いの苦手だから冬自体は嫌いなんだけど、白菜はホントに好きなんですよ。

かぶの酒粕味噌汁、白菜とツナの煮もので晩酌。

かぶの酒粕味噌汁、白菜とツナの煮もの献立
  • かぶの酒粕味噌汁
  • ぬか漬け
  • タアサイのからし和え
  • 白菜とツナの煮もの

かぶの酒粕味噌汁

かぶの酒粕味噌汁

昆布と鰹節でとった出汁でかぶと油揚げを煮て、酒粕を加えます。最後に味噌を入れて完成。青みにねぎの青いところ、吸い口にはゆずの皮を添えました。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日の漬ものは白菜とにんじんのぬか漬け。にんじんは黄色いタイプです。

タアサイのからし和え

タアサイのからし和え

ゆでたタアサイをごま油、粗塩、からしで和えます。

白菜とツナの煮もの

白菜とツナの煮もの

そぎ切りにした白菜をフライパンに敷き詰めた上にツナを乗せ、塩と酒を加えてふたをし、中火にかけます。白菜から水分が出てやわらかくなったらしょうゆをひと回ししてざっと混ぜ、味をなじませたら完成。

作り方を記すまでもない簡単フライパン蒸し。白菜からこれでもかってくらい水分が出てくるので、焦げ付く心配もありません。あ、もちろん、強火でガンガンやっちゃうと焦げますけどね。弱めの中火でとろとろ煮ながら、他のつまみを準備するのがよろしいかと。やさしい味付けが、日本酒によく合いますよ。

日本酒にあうおつまみレシピ

ちょろちょろと残っていた野菜の切れ端を集めて晩酌、と思って作ったら、野菜だらけの献立になってしまいました。

相変わらず粗食大好き、ご馳走の類は外で食べる主義なので、普段の夕食はこんな感じで十分満足なのですが、こうして見るとちょっと量が少ないかしら?

ここに刺身でも添えれば豪華さを補えるか。ボリュームを出すならば焼き鳥あたりを追加するのはどうか。

焼き鳥、白菜としめじの酒粕煮献立

日々の晩酌記録をつけながら、あれこれと考えるのです。

美味しいものを適度に食べるのが理想的だし、食べ過ぎには気をつけたいけれど、少食にはなりたくないというジレンマ。

食の好みはそう大きくは変わらないものの、自分の体は徐々に変化しているから、晩酌献立道は未だ極まらず、この先もまだまだ続くことでしょう。

大人一人暮らしのヒント





関連記事

鰤カマの酒蒸し献立

家飲みで体をリセット。鰤カマの酒蒸し。

一人暮らしは外食が続くと自炊するのが途端に面倒になってしまいます。 今回は冷蔵庫のコン

記事を読む

塩鶏のホイル蒸し

塩鶏と水菜のホイル蒸し、ベジブロスのキャベツ煮浸し 晩酌献立。

人はなぜ食材を包むのか。 それは、蒸すからだ。 材料切って包むだけのホイル蒸しっ

記事を読む

家飲み献立 10/19 鶏とトマトのしょうが蒸し他全5品で晩酌。

部屋の向きのせいか、夕方以降はとても寒く感じます。が、今日はそんなに風は冷たくなかったのかな

記事を読む

キャベツと鶏団子の煮込み、焼きピーマンで家飲み。

暑い季節は寒くてかなわんですね。 はい、空調の話です。 昼に入ったカフェの震え上

記事を読む

もつ鍋もどき鍋で家飲み。

寒い。 2016年の夏は始まったばかりなのに早くも終焉を迎えつつあるようなこの寒さ。

記事を読む

白菜とひらたけの味噌汁、目玉焼き丼献立

「普通に美味しい」味噌汁とごはんの夕食。

慣れないニキビの対処に困り果てる。 鼻ニキビの憂鬱、赤鼻の恐怖。 ニキビ経験値が

記事を読む

せせりの葱塩ダレ、もやしのからし和え。

あれ、なんか日が長くなってる...? 夕方外を歩いていてふと気がつきました。 そうい

記事を読む

ガサエビとフレッシュトマトのスパゲティーニ

ガサエビとフレッシュトマトのスパゲティーニで白ワイン。

ただいま幻のガサエビ祭を絶賛開催中です。 秋田県八森漁港直送 幻のガサエビづくしで贅沢

記事を読む

加賀鳶山廃純米ひやおろし勢

石川の酒・加賀鳶 山廃純米ひやおろし 勢で晩酌 秋鮭とれんこんの黒酢照焼き。

お久しぶりの日本酒全国ツアーです。 今回は石川県にやってまいりました。 勝手に日

記事を読む

澤乃井純米大辛口

東京の酒 澤乃井 純米大辛口で晩酌 しめじと春雨の甘辛炒め、さつまいものチーズ和え。

酒は好きですが、あれこれ飲み比べたり、銘柄にこだわったりするタイプではありません。 ま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑