いわしの梅蒲焼、おつまみ奴献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

いわしの梅蒲焼献立

駅を出て、帰り道とは逆側にある店に足を伸ばず余裕がある日は、絶対にいわし。

そう、次にチャンスがきたならば、あの店でいわしを買って帰るのだ。そう固く心に誓っていた私。相変わらず、魚が足りていません。

しかし時間の余裕は、ほぼ毎日ある。平日は会食さえなければ深夜の帰宅になることなんてないし、いわしの店は20時だか、21時だかまで開いているはず。いつもと逆方向の出口を出ていわしを購入するために必要な時間など、ほんの10分程度のことなのです。

結局、余裕がないのは時間ではなく、気持ちのほうですね。

いわしの梅蒲焼、おつまみ奴で晩酌

いわしの梅蒲焼、おつまみ奴献立

  • にらと揚げの味噌汁
  • おつまみ奴
  • 蒸し白菜のおろし和え
  • いわしの梅蒲焼き

にらと揚げ味噌汁

にらと揚げ味噌汁

たっぷりのにらと油揚げの味噌汁。出汁はいわしの頭や骨を煮出して取りました。

おつまみ奴

おつまみ奴

刻んだぬか漬けとすりごま、大葉の千切りを合わせて木綿豆腐にのせ、ごま油をちょろりとかけます。今日使ったぬか漬けはなす、だいこん、キャベツなど。いずれも漬かりきって酸っぱくなったもの。

蒸し白菜のおろし和え

蒸し白菜のおろし和え

蒸した白菜を一口大に切って大根おろしと合わせ、ポン酢と黒七味でいただきます。

いわしの梅蒲焼き

いわしの梅蒲焼き

いわしは頭を落として手開きにし、片栗粉を薄くはたいておきます。フライパンで表面に軽く焼き色がつくまで焼いたら一旦取り出し、いわしの油が出たフライパンをキレイに洗ってから、酒、みりん、しょうゆ、梅干しを入れて煮立て、いわしを戻し入れ軽く煮詰めたら完成。

ビジュアルがそこはかとなく頼りないのは、私の手開きテクの怪しさからくるもの。思った以上に大きく、そして身が柔らかかったもので、おっかなびっくりの作業となりました。その甲斐あって大いわし2尾で魚欲が満たされる夜。いわし酒いわし酒の無限ループにいつまでも漂っていたい。

日本酒にあうおつまみレシピ

以前、あじのアラ出汁で味噌汁を作ったら旨かったもので、その後秋刀魚の味噌汁なんてものにも手出ししていました。

焼き里芋、秋刀魚のしょうが味噌汁献立。

いわしの頭と背骨が余った今夜も、さっと湯通ししてから煮出して味噌汁に。せっかくのいわし出汁、もっとクセのない実にして味わえばよかったかなと思わなくもないけれど、にらのおかげで匂いもクセも気にならない味噌汁となったのかどうか。

そして、いわしは購入のみならず、手開き作業にこそ気持ちの余裕が必要かも知れぬ。と、写真を見て感じたのでした。余裕がない日に手出ししたら、なお酷いことになる可能性大。

 




関連記事

玉乃光 28pf 2019

京都の酒 玉乃光 純米吟醸 28Pf Summerで晩酌塩鶏と大根のスープ煮

お久しぶりです。京都です。 勝手に日本酒全国ツアー 相変わらず晩酌はちびちびとや

記事を読む

生ひじきの卵焼き

生ひじきの卵焼き、肉団子と大根の味噌汁献立。

初めに謝罪をします、すみません。 残っていた生ひじきと卵を混ぜて磯の香りの卵焼きに仕立

記事を読む

材料2つの鍋料理 11/6 キャベツと豚肉の鍋。

スーパーの品揃えもすっかり衣替え。そろそろ葉物が充実してきましたね。 寒いのはめっぽう

記事を読む

きのこと卵の黒酢スープ

スープで胃腸を休ませる。

健やかかつ強靭、いつも頼れるパートナーである我が胃腸が 「なんか最近お疲れだわ」

記事を読む

花の香 純米吟醸 菊花

熊本の酒 花の香 純米吟醸 菊花で晩酌 茹でえび和風タルタルソース。

またどこかで行き詰まるかしら、と考えつつ南下しています。何しろ、残る地域が少なくなってきたも

記事を読む

モアルボアルのおすすめレストラン 2016。

セブ島・モアルボアルのパナグサマビーチあたりには小さなローカルレストランやバーが点在していま

記事を読む

きのことぬか漬けのパスタ

きのことぬか漬けのスパゲティ、白菜のサラダ献立。

久しぶりにパスタで夕食。そして珍しく、ノンアルコールです。 普段夜ご飯としてパスタ系を

記事を読む

さつまいもとチキンの豆乳グラタン

さつまいとチキンの豆乳グラタン、柿とくるみのサラダ献立。

さつまいもの時期、一度はグラタンを焼く。先日の柿の白和えに引き続き、これまた季節のお約束

記事を読む

漬物炒め献立

漬物ステーキ、トマト納豆で晩酌。

少し前に作った漬物と卵の炒めもの、所謂「漬物ステーキ」が気に入ったのでまた食べたい。

記事を読む

ビールもワインも参戦のサンデーブランチ。

お勤め人でもない癖に、日曜日はついつい自分を甘やかしてしまう私。 昼から美味しいお酒を呑む

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

→もっと見る

PAGE TOP ↑