にらの卵炒め、蕗味噌献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

ニラの卵炒め献立

どちらかといえば苦手な部類に入ると思い込んでいたふきのとう。2年前、久しぶりに作った蕗味噌が思いの外旨かったので驚きました。

香り野菜系って基本的には好きなんだけど、絶対に食べられないものはパクチーだし、全面的に大丈夫という訳でもないのでしょうね。よって、今になってようやく蕗味噌を旨いと感じられたのは、大きな収穫であります。

よし、これからは季節行事として、毎春蕗味噌を作ろう。

そう決意したのに去年はさっそくタイミングを逃し、ふきのとうに手を出せぬまま春が過ぎていったのでした。

にらの卵炒め、蕗味噌で晩酌

にらの卵炒め、蕗味噌

  • 白菜と豆腐の粕汁
  • 蕗味噌
  • えのきの梅しそ和え
  • にらの卵炒め

白菜と豆腐の粕汁

白菜と豆腐の粕汁

いりこ出汁でざく切りにした白菜をくたっとなるまで煮て、酒粕をちぎり入れ溶かしたら豆腐を加え、味噌で味を整えます。

蕗味噌

蕗味噌

さっとゆでて水にさらしてアク抜きしてから水気を絞ります。フライパンに油を熱し、みじん切りにしたふきのとうを炒め、火が通ったところにあらかじめあわせておいた味噌とみりんを加えます。そのまま弱火で炒め、水分が飛んでぽってりしたら完成。

えのきの梅しそ和え

えのきの梅しそ和え

梅干しを叩いてオリーブオイルで伸ばし、ゆでたえのきと和えて千切りの大葉を加えます。

にらの卵炒め

にらの卵炒め

3cm長さにざく切りにしたにらと溶き卵を合わせ、油を引いたフライパンに投入。大きくかき混ぜてにらに火が通ったらしょうゆと胡椒で味付けします。

にら玉は油たっぷり味付けがっつりの街中華的アプローチもよいけれど、にら自体の香りを楽しむシンプルな味付けもまたよいものです。というのは言い訳で、どう考えてもバランスのおかしい献立をまとめる苦肉の作です。にら炒めにはビールがふさわしいのだけれど、本日は蕗味噌によせて純米酒をひやで。

日本酒にあうおつまみレシピ

2年ぶりの蕗味噌も美味しくできた、はいいけれど、献立が謎すぎました。2年前の献立の方がまだまとまっている気がします。

春の晩酌レシピ 鶏もも肉と水菜の酒蒸し、蕗味噌。

今夜は漬ものの位置に無理やりねじ込んだ感は否めませんが、日本酒のお供に、炊きたてごはんに、そしておにぎりの具にとなかなか重宝する蕗味噌。日持ちするので、季節を感じる常備菜としてなかなか頼れるのではないでしょうか。といっても、今年はもうふきのとうは終終わりですね。

 




関連記事

白ワインで家飲み 豚もも肉のソテーフレッシュトマトソース。

以前から週末はワインに合わせた料理になることがなぜか多かった我が家。 ここ暫くは月曜日

記事を読む

家飲み献立 11/20 豆腐のきのこあんかけ他 全5品で晩酌。

いやー、今日はすっかりやられました。 朝出かける前に天気予報を確認したところ夜から雨と

記事を読む

シェアハウスで料理 8/21 塩豚と大根の旨い出汁。

今朝は朝方6時から1時間ほど散歩に出かけました。 基本的に歩くのは大好きなんですが、こう暑くて

記事を読む

福島の酒 大七 純米生酛 爽快冷酒

福島の酒 大七 純米生酛 爽快冷酒で晩酌 牛肉とにんじんの塩煮献立。

前回の福島の酒ってなんだったっけ。 福島の酒 末廣 山廃純米 ひやおろしで家飲み 白菜

記事を読む

豚肉とピーマンの炒めもの

豚肉とピーマンの炒めもの、オクラとトマトの煮びたし献立。

ピーマンと肉を炒めるとなると、青椒肉絲。ピーマンと肉を細く切って、炒め合わせる。たけのこも入

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

そのままでいいのに、手を入れるからダメになる。

白ご飯の旨さは冷めていた方がよくわかるものであり、炊きたてこそが美味いというのはむしろ思い込

記事を読む

豆腐の明太子炒め献立

豆腐の明太子炒め、キャベツのおひたし献立。

あ、すみません。なんかちょっと盛り付けが汚らしいですね。 色もぼんやり、形状もぼんやり

記事を読む

牡蠣と春雨の炒めもの

牡蠣と春雨の炒めもの、わかめと卵のスープ献立。

近所の店で広島産の大ぶりな牡蠣が小分けで、しかも安くで売られている。あれをどうしてやろうかと

記事を読む

家飲み献立 11/13 三つ葉と揚げの卵とじ他全5品で晩酌。

今に始まったことではありませんが、最近妙にお腹が空きます。寒くなってきたからでしょうか。

記事を読む

青菜と豚肉のからし和え

豚肉と青菜のからし和え、焼きししとう献立。

はいみなさん、お写真撮りますから並んで並んで。 という段階になって、ああまた緑だらけの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑