休肝日ごはん せりの卵とじ、野菜味噌汁献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

休肝日ごはん せりの卵とじ献立

2019年から採用している週に2回の休肝日生活。

新年に考える今年の食計画。

すっかり板についてきた気配です。

新たなサイクルで2ヶ月過ごしてみた今、狙った以外の効果に気づき驚いています。

休肝日ごはん せりの卵とじ、野菜味噌汁献立

休肝日ごはん せりの卵とじ、野菜味噌汁献立。

  • 野菜の味噌汁
  • ぬか漬け
  • せりの卵とじ
  • 塩昆布ごはん

野菜の味噌汁

野菜の味噌汁

キャベツと白ねぎの味噌汁。出汁は昆布と鰹節。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは白菜とにんじん。

せりの卵とじ

せりの卵とじ

塩、みりん、しょうゆで味つけした出汁で細切りにした油揚げを煮て、味がしみたらざく切りにしたせりを投入。さっと火を通したら溶き卵を回し入れほどよく固めたら完成。

あとは塩昆布を乗せたごはん、食後のみかんを添えていただきます。

手順には「ほどよく」と記したものの、写真はどうみても火を入れすぎでほどよくない、卵かっちかち。これは卵を入れて蓋をしたのち火を止め、余熱で蒸らしていたつもりが、火が消えていなかった、という凡ミスです。

せっかくの卵とじが炒り卵みたいな見た目になってしまったのは無念だけれど、今週も無事休肝日ごはんを実行できました。

休肝日の献立

休肝日を増やしたのは、健康のためというよりも時間を捻出するため。酒を飲む時間を他のことに充てようと考えての休肝日追加でした。

さらに、晩酌後の深夜飲酒も大幅に減らしたので、当然時間確保に成功。そして、肌状態も高め安定をキープできている。

白ワインは肌に悪いのかもしれない。

ここまでは想定通りなのですが、家計面にも変化があり驚いています。早い話が、酒代がかからなということです。

酒を飲まないとなると酒を買う必要がないので、今まで酒に費やしていた金が浮く。当然のことなのですが、節約目的で決意した節酒ではなかったからでしょうか、我ながら棚ぼた感が拭えません。

仕事やら何やら、生活スタイル自体が少なからず変わったので、交通費や交際費あたりは増えている。よって、全体的な支出で考えればトントンといったところですが、酒代ってそれなりにまとまった金額になるんだねえ。などと、当たり前のことに気がついたのでした。何を今更。

酒を減らしていろいろいいことがあったからといって、楽しく飲む酒に費やす金と時間が無駄だとは、今も思いません。「楽しく」 飲むならね。

 




関連記事

砂ずりのガーリックソテー

砂肝のにんにく炒め、蕪の煮浸し。

いやー、春っぽい。 出掛けに上着はいらないかな、と思ったものの帰り寒いのがイヤで結局着

記事を読む

ゆで野菜と卵のサラダ

豚しゃぶおろし和え、ゆで野菜と卵のサラダで家飲み。

固ゆでか、それとも半熟か。 迷いながら卵を茹で始めて、でもやっぱり半熟にしようかね、と

記事を読む

あじとこんにゃくの梅煮

あじとこんにゃくの梅煮、あら出汁水菜の味噌汁献立。

先日きんぴらにしたこんにゃくが、半分余っている。 牛肉とこんにゃくのきんぴら、新じゃが

記事を読む

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

一時はどうなることかとヒヤヒヤしましたが、春キャベツ、普通に手出しできる状態で並んでいますね

記事を読む

寿司をつまみながら、いよいよ食えなくなったらバイトするという。

友人と昼間っから寿司をつまみつつの昼酒。 国内外から観光客が押し寄せる人気店ゆえ、週末

記事を読む

鹿児島の酒 薩州 正宗 純米吟醸で晩酌 ぶりの粕汁、焼きさつま揚げ献立。

本体は現在常夏の島にて軟禁状態にありますが、まだUPしていなかった晩酌記録をこの辺りで投下し

記事を読む

家飲み献立 12/3 鶏肩肉のくわ焼き、ピーマンとツナの炒め物他全5品。

うう、寒い。 真冬っていってもたいした寒さじゃないね、なんて余裕をかましていましたが、やはり師

記事を読む

きくらげとねぎの卵炒め献立

きくらげとねぎの卵炒め、肉団子と大根の味噌汁献立。

二日目のカレーは美味しい、などと申しますが、二日目の肉団子も旨い。 いや、旨いのは団子

記事を読む

新橋 花れん

新橋「花れん」で1人焼肉。1人飲みに適した店の特徴は。

By: Wagner T. Cassimiro "Aranha"[/caption] 新潟で

記事を読む

キャベツと肉団子のスープ煮

キャベツと肉団子のスープ煮、にんじんの白和え献立。

立冬も過ぎ、そろそろ汁飲みの季節ですね。 汁飲み。それは、スープや鍋物など汁気の多い料

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑