休肝日ごはん せりの卵とじ、野菜味噌汁献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

休肝日ごはん せりの卵とじ献立

2019年から採用している週に2回の休肝日生活。

新年に考える今年の食計画。

すっかり板についてきた気配です。

新たなサイクルで2ヶ月過ごしてみた今、狙った以外の効果に気づき驚いています。

休肝日ごはん せりの卵とじ、野菜味噌汁献立

休肝日ごはん せりの卵とじ、野菜味噌汁献立。

  • 野菜の味噌汁
  • ぬか漬け
  • せりの卵とじ
  • 塩昆布ごはん

野菜の味噌汁

野菜の味噌汁

キャベツと白ねぎの味噌汁。出汁は昆布と鰹節。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは白菜とにんじん。

せりの卵とじ

せりの卵とじ

塩、みりん、しょうゆで味つけした出汁で細切りにした油揚げを煮て、味がしみたらざく切りにしたせりを投入。さっと火を通したら溶き卵を回し入れほどよく固めたら完成。

あとは塩昆布を乗せたごはん、食後のみかんを添えていただきます。

手順には「ほどよく」と記したものの、写真はどうみても火を入れすぎでほどよくない、卵かっちかち。これは卵を入れて蓋をしたのち火を止め、余熱で蒸らしていたつもりが、火が消えていなかった、という凡ミスです。

せっかくの卵とじが炒り卵みたいな見た目になってしまったのは無念だけれど、今週も無事休肝日ごはんを実行できました。

休肝日の献立

休肝日を増やしたのは、健康のためというよりも時間を捻出するため。酒を飲む時間を他のことに充てようと考えての休肝日追加でした。

さらに、晩酌後の深夜飲酒も大幅に減らしたので、当然時間確保に成功。そして、肌状態も高め安定をキープできている。

白ワインは肌に悪いのかもしれない。

ここまでは想定通りなのですが、家計面にも変化があり驚いています。早い話が、酒代がかからなということです。

酒を飲まないとなると酒を買う必要がないので、今まで酒に費やしていた金が浮く。当然のことなのですが、節約目的で決意した節酒ではなかったからでしょうか、我ながら棚ぼた感が拭えません。

仕事やら何やら、生活スタイル自体が少なからず変わったので、交通費や交際費あたりは増えている。よって、全体的な支出で考えればトントンといったところですが、酒代ってそれなりにまとまった金額になるんだねえ。などと、当たり前のことに気がついたのでした。何を今更。

酒を減らしていろいろいいことがあったからといって、楽しく飲む酒に費やす金と時間が無駄だとは、今も思いません。「楽しく」 飲むならね。

 




関連記事

きのこの卵とじ

きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃがいもとたらをさっと煮たものと

記事を読む

夕食抜きの理由と効果。1日3度食べなきゃダメ?

うーん、東京はいい天気でしたね。 今日は昼間に少々重い食事をしてしまったもので、夜は抜

記事を読む

家飲み献立 12/10 干しキャベツで簡単ロールキャベツ。

今朝出掛ける時に近所の八百屋の前を通ったら、かごに山盛りのみかんが100円で売られていました。

記事を読む

こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩酌ネタをここらで投下します。

記事を読む

蒸し鶏献立

蒸し鶏のねぎソース、たたききゅうりのにんにく風味献立。

先日届いた野菜セットのおかげで、ここのところ珍しくきゅうりを食べています。 きゅうりに

記事を読む

ねぎ卵丼献立

休肝日ごはん 玉ねぎとじゃがいもとわかめの味噌汁、ねぎ卵丼献立。

味噌汁とごはんメインの晩ご飯「普通においしい」献立シリーズ。 早いもので今回で最後です

記事を読む

蒸し鶏とタアサイの柚子胡椒おひたし、新玉ねぎの卵炒めで晩酌。

たのしいたのしい休肝日明けの火曜日。 ふと過去記事をチェックしてみると、休肝日システム導入

記事を読む

夜景をチラ見で地獄どうふ。大阪新世界はしご酒ツアー後編。

大阪新世界はしご酒ツアー、後編です。 関連 新今宮から通天閣を歩く 大阪新世界はしご酒

記事を読む

喜久酔 特別純米

静岡の酒 喜久酔 特別純米酒で晩酌。砂肝の葱和え、えのき納豆。

少々久しぶりの感がある日本酒ツアー。 何か訳があって止めていたわけではなく、単に東海地

記事を読む

家飲み献立 12/26 鶏もも肉のソース焼き、にんじんナムル。

窓の外から「火の用心」の声が聞こえてくる師走の夜。本日で2014年の仕事納め、という方も多か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑