焼き厚揚げ、ゴーヤとツナのサラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

焼き厚揚げ献立

ちょっと久しぶり?の厚揚げです。

揚げといえば普段は油揚げ、薄揚げをよく使っています。味噌汁や煮びたしに入れることが多いので、週に2回以上は登場しているのではなかろうか。

油揚げを使ったおかず

それに比べると登場頻度は幾分低くなりますが、厚揚げも大好きです。

焼き厚揚げ、ゴーヤとツナのサラダで晩酌

焼き厚揚げ、ゴーヤとツナのサラダ

  • えのきの味噌汁
  • ぬか漬け
  • ゴーヤとツナのサラダ
  • 焼き厚揚げ

えのきの味噌汁

えのきの味噌汁

えのきたっぷりの味噌汁に、千切りの大葉をのせて。出汁はえのきと昆布のダブル出汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは大根、なす、にんじんの3種盛り。

ゴーヤとツナのサラダ

ゴーヤとツナのサラダ

ワタを取って薄切りにしたゴーヤを塩もみして水分を絞り、ツナ、胡椒、レモン汁を合わせます。

焼き厚揚げ

焼き厚揚げ

フライパンで両面こんがり焼いた厚揚げにさらしネギをどっさりとのせ、しょうがじょうゆでいただきます。

こりゃまた時短も時短、20分もかからず出来上がるような献立ですね。簡単とはいえ、焼き厚揚げに日本酒を合わせれば、確実に満足できる晩酌となる。これはご飯のおかずにはならないかな。でも、不思議な事に私、幼少の頃から焼き厚揚げ大好きだったんだよな。ってことは、ご飯のおかずにしてたってことでしょう。今となってはあんまりイメージできないけど。

日本酒にあうおつまみレシピ

さて、本日のメニューで一番時間がかかったのはゴーヤサラダでしょうか。薄切りにして、塩もみして、和える、とそれなりの調理工程を踏んでいますのでね。

味噌汁にしたえのきは買ってきた時に一度にゆでて汁ごと保管していたものだし、ぬか漬けは切っただけ、厚揚げは焼いただけ。あ、ねぎ切るのとしょうがおろすのも調理といえば調理ですね。調理か?

要領が悪い人の料理。

手順としては厚揚げをフライパンに乗っけてジリジリ焼きながら、味噌汁の出汁温めなながら、ゴーヤの準備、が効率的かと。厚揚げってほったらかしててもそうやすやすと黒焦げにならない。手のかからない、なかなかいい奴ですよ。

 




関連記事

家飲み献立 9/16 白葱の卵焼き、砂肝のポン酢漬け他全5品で晩酌。

昼過ぎ、都内も結構揺れましたね。帰国して以来一番大きな揺れだったような気がします。 私

記事を読む

糖質制限中でも大丈夫、こんにゃくフォー。

昨日宣言(?)した通り、今夜は温かいものを。 加えて、だらだら汗かきながらはふはふしたい!

記事を読む

家飲み献立 10/19 鶏とトマトのしょうが蒸し他全5品で晩酌。

部屋の向きのせいか、夕方以降はとても寒く感じます。が、今日はそんなに風は冷たくなかったのかな

記事を読む

えびとかぼちゃのタルタルサラダ

えびとかぼちゃのタルタルサラダ、キャベツときのこのわさび和え献立。

古漬け活用タルタルソースメニュー第二弾です。 山形の酒 出羽桜 咲 発泡日本酒で晩酌

記事を読む

肉団子とキャベツの煮もの献立

肉団子とキャベツの煮もの、茄子の酢醤油炒め献立。

そろそろ汁っぽいもの、温かいものを体が欲する季節がやってまいりました。 嫌ですね。

記事を読む

けんちん汁 白菜漬け キャベツ入り卵焼き えのきおろし 豚肉と白菜の酒粕煮

豚と白菜の酒粕煮、けんちん汁献立。

白菜と豚肉。 鍋に重ねて敷き詰めて、軽く塩と酒を振って火にかけるだけでいい酒のつまみに

記事を読む

蕪と豚肉の味噌炒め献立

蕪と豚肉の味噌炒め、えのきのスープ献立。

ありがたき蕪が売られていたのでありがたく購入いたしました。 蕪とか葉付き大根は1度で2

記事を読む

トリュフソルトを使ったサラダ、アッシパルマンティエで赤ワイン。

先日焼いたアッシパルマンティエの「種」がもう1回分残っているのでさっさと食べてしまおう。

記事を読む

彼女がものを減らす理由と削れない贅沢費。

そろそろものを減らそうと思う。 今まで減らし界隈には全く興味のなさそうだった友人の宣言

記事を読む

こんにゃく炒め献立

たたきこんにゃく炒め、豆苗の白和え献立。

皿を叩き割るストレス発散法があるらしい。そんな話を以前書きました。 関連 捨てて壊して

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑