牡蠣とねぎのしょうゆ炒め、しめじと玉ねぎの卵とじ献立。

公開日: : 最終更新日:2018/12/20 家飯, 食べること ,

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め献立

そういや牡蠣を食べるのをすっかり忘れておりました。
と言っても、外食ではちょくちょく食べております。フライなんてのも好物なもので。

カキフライには瓶ビール。銀座 「三州屋」

しかしこの冬の晩酌では使っていなかったんじゃないかと調べてみればなんと、2016年1月のオイル漬け以来の登場ではないですか。

ああびっくりした。

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め、しめじと玉ねぎの卵とじで家飲み

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め、梅わかめ豆腐で家飲み

  • 水菜の浅漬け
  • しめじと玉ねぎの卵とじ
  • 梅わかめ豆腐
  • 牡蠣とねぎのしょうゆ炒め

水菜の浅漬け

水菜の浅漬け

長いまま塩もみした水菜を昆布と唐辛子と一緒に漬けておいたもの。ざくざく刻んでいただきます。

しめじと玉ねぎの卵とじ

しめじと玉ねぎの卵とじ

昆布出汁を塩としょうゆで薄く味付けして、しめじと玉ねぎを煮ます。最後に刻んだ三つ葉を散らして卵でとじたら完成。卵とじ、というよりも、具沢山のおすましという感じ。

梅わかめ豆腐

梅わかめ豆腐

わかめと梅干し、千切りの大葉を乗せてごま油をちょろっとかけただけの冷奴。

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め

牡蠣は塩水で洗って水気を拭き取り塩、胡椒で下味をつけ片栗粉をまぶします。フライパンに油を引いて牡蠣と斜めに切った白ねぎを焼き付け、牡蠣に火が通ったらしょうゆと酒を投入。ざっと煮からめてうつわに盛り、レモンを添えます。

この手の味付けにレモンの酸味はマストですね。表面カリッと中ふんわり、なかなかイケます。ここはもちろん日本酒です。

おつまみレシピブログ

好物とはいえ、家でフライものは作らない主義。牡蠣豆腐と散々迷った挙句に今回はシンプルなしょうゆ炒めにしてみました。貝類を炒めるとなればバターが思い浮かぶけれど、ここはあっさりと太白ごま油にて勝負です。濃いバターの風味を加えないほうが素材の旨味がよくわかって云々、というのは完全なる受け売りですけどね。

岩手三陸 恋し浜ホタテのお取り寄せで贅沢晩酌。

普段の晩酌ではメインがどうしても手軽な肉料理に偏ってしまいがちだけど、貝、いいよね。牡蠣は無事食べたし、今のうちにあさりもいっとかないとね。魚介類を肴にした晩酌はうれしさが違うもんね。

などと久々の牡蠣晩酌ですっかり上機嫌な私に、この後とんでもないビックウェーブが到来するのであった。つづく。

秋田県八森漁港直送 幻のガサエビづくしで贅沢晩酌。

 




関連記事

イカゲソ黒七味炒め

イカゲソ黒七味炒め、キャベツと人参の温サラダ献立。

珍しく食べたいものがわからないという感覚に陥る。 朝起きた瞬間から今宵の晩酌について考

記事を読む

秋鮭と白菜のしょうが蒸し献立

秋鮭と白菜のしょうが蒸し、にら奴で家飲み。

先日のタルタルソース添えに使った残りの秋鮭は毎度おなじみの酒蒸しに。 夏の終わりにして

記事を読む

シェアハウスで料理 8/21 塩豚と大根の旨い出汁。

今朝は朝方6時から1時間ほど散歩に出かけました。 基本的に歩くのは大好きなんですが、こう暑くて

記事を読む

油揚げの卵とじ

家飲み献立 3/22 蒸し鶏の葱ザーサイのせ、油揚げの卵とじ

今年は桜の開花がやや早め、ですよね。 4月に入って1週間くらいしたら見頃だろうと思って

記事を読む

春キャベツと豚肉の重ね蒸し献立

春キャベツと豚肉の重ね蒸し、わかめとトマトのサラダ献立。

隙あらば蒸す。それが私の生き様です。 豚肉と重ねて蒸すと言えば白菜ですが、春キャベツも

記事を読む

やりいかとじゃがいものオイル煮

やりいかとじゃがいものオイル煮、春菊とくるみのサラダ。

先日ひいかを煮てたいそう旨かったものですから。 ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラ

記事を読む

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごり

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごりで晩酌 あさりと菜の花の酒蒸し。

近畿地方コンプリート! 時々寄り道はするものの基本的には北から攻めるスタイルの日本酒ツアー

記事を読む

しっとり蒸し鶏の葱塩ダレ 献立

家飲み献立 2/17 蒸し鶏の葱塩ダレ、青梗菜と生姜のスープ。

さーむーいーよ!! 昨日のぽかぽか陽気からがらりと真冬の厳しさを思い知らされた本日。

記事を読む

白鶴酒造記念館 酒蔵巡り

白鶴酒造資料館 最後は立ち呑みで〆。灘の酒蔵巡り その4.

しつこく書いている灘の酒蔵巡り、ようやく最終回です。 参考 灘の酒蔵巡り 2015

記事を読む

せせりの黒七味炒め

せせりの黒七味炒め、セロリと海苔の冷奴。

所有している調味料の種類がさほど豊富ではなく、変わった食材を使うわけでもなく、おまけにつまみ

記事を読む

Comment

  1. kyoko より:

    この思わせ振りな終わり方は、なんとしたことですか-喝!

    なんつって~
    そうそう、三州屋のカキフリャーは格別ですよね~今年はまだ食しておらぬ…と読み進めていたら、キャー梯子がないわー酔ってるから降りれない←今ここ

    救出待つ!

    • crispy-life より:

      kyokoさん

      うふふ、確かに思わせぶりでしたね。牡蠣を堪能した後にあるお知らせが届いた、という流れなのですよ。

      ご心配なく、このネタはすぐに回収いたしますので、次回更新をお待ちください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑