牡蠣とねぎのしょうゆ炒め、しめじと玉ねぎの卵とじ献立。

公開日: : 最終更新日:2018/12/20 家飯, 食べること ,

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め献立

そういや牡蠣を食べるのをすっかり忘れておりました。
と言っても、外食ではちょくちょく食べております。フライなんてのも好物なもので。

カキフライには瓶ビール。銀座 「三州屋」

しかしこの冬の晩酌では使っていなかったんじゃないかと調べてみればなんと、2016年1月のオイル漬け以来の登場ではないですか。

ああびっくりした。

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め、しめじと玉ねぎの卵とじで家飲み

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め、梅わかめ豆腐で家飲み

  • 水菜の浅漬け
  • しめじと玉ねぎの卵とじ
  • 梅わかめ豆腐
  • 牡蠣とねぎのしょうゆ炒め

水菜の浅漬け

水菜の浅漬け

長いまま塩もみした水菜を昆布と唐辛子と一緒に漬けておいたもの。ざくざく刻んでいただきます。

しめじと玉ねぎの卵とじ

しめじと玉ねぎの卵とじ

昆布出汁を塩としょうゆで薄く味付けして、しめじと玉ねぎを煮ます。最後に刻んだ三つ葉を散らして卵でとじたら完成。卵とじ、というよりも、具沢山のおすましという感じ。

梅わかめ豆腐

梅わかめ豆腐

わかめと梅干し、千切りの大葉を乗せてごま油をちょろっとかけただけの冷奴。

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め

牡蠣は塩水で洗って水気を拭き取り塩、胡椒で下味をつけ片栗粉をまぶします。フライパンに油を引いて牡蠣と斜めに切った白ねぎを焼き付け、牡蠣に火が通ったらしょうゆと酒を投入。ざっと煮からめてうつわに盛り、レモンを添えます。

この手の味付けにレモンの酸味はマストですね。表面カリッと中ふんわり、なかなかイケます。ここはもちろん日本酒です。

おつまみレシピブログ

好物とはいえ、家でフライものは作らない主義。牡蠣豆腐と散々迷った挙句に今回はシンプルなしょうゆ炒めにしてみました。貝類を炒めるとなればバターが思い浮かぶけれど、ここはあっさりと太白ごま油にて勝負です。濃いバターの風味を加えないほうが素材の旨味がよくわかって云々、というのは完全なる受け売りですけどね。

岩手三陸 恋し浜ホタテのお取り寄せで贅沢晩酌。

普段の晩酌ではメインがどうしても手軽な肉料理に偏ってしまいがちだけど、貝、いいよね。牡蠣は無事食べたし、今のうちにあさりもいっとかないとね。魚介類を肴にした晩酌はうれしさが違うもんね。

などと久々の牡蠣晩酌ですっかり上機嫌な私に、この後とんでもないビックウェーブが到来するのであった。つづく。

秋田県八森漁港直送 幻のガサエビづくしで贅沢晩酌。

 




関連記事

過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

一人暮らしかつフリーランスなもので、一人行動にまつわる話をよく書いています。 一人で過ごす

記事を読む

牡蠣と春雨の炒めもの

牡蠣と春雨の炒めもの、わかめと卵のスープ献立。

近所の店で広島産の大ぶりな牡蠣が小分けで、しかも安くで売られている。あれをどうしてやろうかと

記事を読む

塩鮭と白菜の酒粕煮献立

白菜と塩鮭の酒粕煮、せりのおろし和え献立。

先日生まれて初めてきりたんぽ鍋を食べました。 ご飯をまとめて焼いたものが入ってる鍋でし

記事を読む

わかめ納豆温玉のせ

わかめ納豆温玉のせ、キャベツとツナの蒸し煮献立。

冷凍卵に裏切られ続けたこの頃でしたが、ようやくそれらしい形状のものだ出来上がりました。

記事を読む

イカと豆腐の煮付け、もやしとささみのスープ。

そろそろ鮮魚売り場をチェックするのにそわそわする季節。 が、残念ながら昨日は頃合いの獲

記事を読む

白菜漬けときのこのスープ

にんじんと白ねぎの卵炒め、かぶのごま味噌和え献立。

ごぼうのささがきはにんじんの千切りほどには面倒ではない。 つい先日そう言い放ったばか

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 7/27 キャベツの煮浸し。

贅沢に昼ワインを楽しんだあとはお昼寝。 目が覚めて暫くすると、雷が鳴り始めて夕立がきました

記事を読む

カシラの塩焼き

カシラ塩焼き、キャベツ味噌で家飲み。

やきとんってのが苦手でした。 今でこそ全国的に認知されている(多分)やきとん文化ですが

記事を読む

菜の花とまぐろのごま和え

菜の花とまぐろのごま和え、焼きさつま揚げで家飲み。

残り物総動員といった感のある献立。 さつまあげ、まぐろ、豆腐、なんかタンパク質多いです

記事を読む

枝豆ごはん献立

大したことないと軽んじていたヤツの底力を見た。

またまた夏っぽい献立です。 枝豆といえばビール、ビールといえば枝豆という切っても切れ

記事を読む

Comment

  1. kyoko より:

    この思わせ振りな終わり方は、なんとしたことですか-喝!

    なんつって~
    そうそう、三州屋のカキフリャーは格別ですよね~今年はまだ食しておらぬ…と読み進めていたら、キャー梯子がないわー酔ってるから降りれない←今ここ

    救出待つ!

    • crispy-life より:

      kyokoさん

      うふふ、確かに思わせぶりでしたね。牡蠣を堪能した後にあるお知らせが届いた、という流れなのですよ。

      ご心配なく、このネタはすぐに回収いたしますので、次回更新をお待ちください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑