砂糖なし肉じゃが、ほうれん草とトマトのからし和えで晩酌。

公開日: : 最終更新日:2017/03/14 家飯, 食べること ,

砂糖を使わない肉じゃが

ガーッと煮てカジュアルに煮崩れた甘い肉じゃがは大好きです。

が、その昔とある和食の店で食べたビシっと角の立った美しくそしてしっかり味の染みたそれに感激し、以後はあの状態を理想形とするようになりました。

といっても、肉じゃがは我が家では頻繁に作らないおかずなのでそう何度もチャレンジしたわけではなく、さらには粗忽者ゆえにうっかりグラグラ煮立ててしまい結局哀れな状態に、なんてことも幾度か。

理想の肉じゃがに出会ってから早数年。今回ようやく近づけた気がします。

肉じゃが、ほうれん草とトマトのからし和えで家飲み

肉じゃが献立

  • もやしスープ
  • おつまみ奴
  • ほうれん草とトマトのからし和え
  • 肉じゃが

もやしスープ

もやしスープ

鍋に塩漬けにしておいたせせりと昆布、酒、水を入れ弱火で煮ます。スープが出たらもやしを加えてポン酢をたらし、器に盛ってから黒七味を振って完成。鍋物の途中にポン酢を出汁で割って飲むあの感じです。

おつまみ奴

ぬか漬けのせ冷奴

刻んだぬか漬け、しらす、大葉の千切り、いりごまをあわせたものをのせた冷奴。ごま油で風味付けします。

ほうれん草とトマトのからし和え

ほうれん草とトマトのからし和え

出汁、しょうゆ、からしを混ぜ合わせたもので茹でたほうれん草と角切りにしたトマトを和えたもの。

肉じゃが

砂糖なし肉じゃが

鍋に油を引いて牛肉を炒め、玉ねぎ、じゃがいもを加えてさらに炒め合わせます。油が回ったら水をひたひたに注ぎ弱火で沸騰させないように煮てアクを取り、みりんとしょうゆを加え蓋をしてさらに煮ます。最後に照り出し用のみりんを入れて蓋を取ってやや強火にして煮たら完成。一旦冷ましてからのほうが味が染みて美味しくなります。

玉ねぎがしっかり甘いし、ややあっさり目にしたくて砂糖を抜きました。しっかりした甘みとコクが欲しい場合はもちろん砂糖を入れても問題なし。今回はうっかり序盤に煮立たせることなく煮崩れなし、でもちゃんと味が染みた肉じゃがに仕上がりました。

が、献立としては失敗ですな。

日本酒にあうおつまみレシピ

肉じゃがは一旦冷ましたほうが美味しいので先に作っておいてシャワーを浴びてから食事、にしたんですが、風呂上りとなるとビールが呑みたくなるのが人情というもの。しかし今日のメニューはビールには全然合わないのであった。

しかもそれぞれの料理は問題ないんだけど献立としては単調過ぎたと食べ始めてから気づく。消費期限問題があると言っても肉じゃがにせせりで肉肉しいし、1品は歯応えのあるものとか焼いたものを入れるべきだったなあなどと振り返りつつ、急いでビールを飲み干して日本酒に切り替えたのでした。

せっかく肉じゃががうまくいったのになんという詰めの甘さ。次回は是非完璧な肉じゃが献立を構築したいものです。

 




関連記事

材料2つの鍋料理 11/6 キャベツと豚肉の鍋。

スーパーの品揃えもすっかり衣替え。そろそろ葉物が充実してきましたね。 寒いのはめっぽう

記事を読む

鶏のくわ焼き

鶏のくわ焼き、柿としめじの白和え献立。

季節の柿です。 果物としての柿にはまるで興味が湧かないというのに、酒のつまみ材料として

記事を読む

さば水煮缶レシピ

鯖納豆、さつまいもと半熟卵の温サラダ献立。

最近、書店に行くと魚の水煮缶レシピ本をよく見かけます。 水煮缶、流行っているのでしょう

記事を読む

漬物炒め献立

漬物ステーキ、トマト納豆で晩酌。

少し前に作った漬物と卵の炒めもの、所謂「漬物ステーキ」が気に入ったのでまた食べたい。

記事を読む

ピーマンチャンプルー献立

それなりに好みだし、いれば便利なアイツ。

それなりに好みだし、いれば便利なアイツ。 ピーマンはそんな位置付けにある野菜です。1

記事を読む

夏野菜の焼き浸し献立

エンサイとひき肉の炒めもの、なすと島オクラの焼きびたし献立。

エンサイってなんじゃらほい。 馴染みのない青菜だけれど、その姿形はよく知っている。調べ

記事を読む

上野 翁庵で年越し蕎麦。

蕎麦が好きなので年がら年中食べたいのですが、だからということでもなく年越し蕎麦が食べたい派で

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 時代は家吞みダイエット。

なんだか最近外食減ったなあ。 去年の今頃はほぼ毎日外食の日々でした。何故なら、キッチン

記事を読む

ピーマンとじゃこの酒煎り

ピーマンとしらすの酒煎り、葱のナムル。 

カフェや電車の中でスマートフォンを凝視している人の姿が全く珍しくなくなった今日。 みん

記事を読む

家飲み献立 12/16 豚肉とれんこんの塩焼き、白菜とトマトのスープ。

いやー、ナメてたわー。 日本の寒さ完全にナメてたわー。 と、思わずミサワ化してしまう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑