神奈川の酒 丹沢山純米 牛しゃぶ三つ葉おろし、わかめの生姜炒めで晩酌。

公開日: : 最終更新日:2017/04/08 家飯, 食べること ,

丹沢山

関東地方コンプリート!

近所の酒店を巡るもどうにも神奈川の酒に出会えず、通販でオーダーするかなと思っていた矢先に新店開拓に成功。おかげで今後のツアーも順調に進みそうです。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

季節柄、お花見用の1本を探しているお客さんもおられました。うんうん、春には花には酒ですね。

神奈川の酒 丹沢山 純米

赤丹

丹沢山純米赤ラベル、通称赤丹。探したのですが蔵のサイトは開設されてないようで。

参考 (株)川西屋酒造店(神奈川県酒造組合)

最高の米で純米吟醸酒を造りたいという蔵元の願いと、地元農家との協力関係から生まれた「丹沢山」は、『食物との一体感』を信条にしています。酒が一人引き立つのではなく、酒が食べものの旨みを引き出し、食べものが酒の味わいを高めるといった、調和を大切にしています。丹沢山系の透明な渓流のように深い味わいと余韻が口の中に広がります。

取り扱い酒店のサイトなどをチェックする「食中酒」というキーワードがよく使われている丹沢山。料理と一緒に酒を楽しみたいタイプの私にもってこいの銘柄です。

冷やで一口。水っぽい。
水っぽい、って薄いとか香りが弱い、ということではなくて、きれいな水の味がする。ややとろみも感じるのだけれど、喉を通ったときにすっとキレる感覚は水のそれ。って、水から作られているので当たり前なんだけど、より水を感じる酒とでもいいましょうか。ただ、無個性かといえばそんなことはなく、後味にこれまで味わったことのない苦味に似たものを感じました。これなんだろう、うまく表現できないのだけれど口に含んで飲み込むまでの過程がどうにも興味深い1本。

今回は純米を選んだけれど、次は別のタイプも呑んでみたいと思いました。メモメモ。

丹沢山 純米データ

蔵元 川西屋酒造店(神奈川県・足柄上郡)
種類 純米
精米歩合 65% (阿波山田錦)
日本酒度  +6
酸度  1.4
アルコール度  16度

 

牛しゃぶ三つ葉おろし、わかめの生姜炒めの家飲み献立

牛しゃぶ献立

  • セロリの浅漬け
  • 野菜の味噌汁
  • 梅ネギ奴
  • わかめの生姜炒め
  • 牛しゃぶ三つ葉おろし

セロリの浅漬け

セロリの浅漬け

筋を取って斜め薄切りにしたセロリをタッパーに入れ、粗塩を加えてシャカシャカ振って放置しておいたもの。

梅ネギ奴

梅ネギ奴

叩いた梅干しを醤油でのばしたものとネギのみじん切り、鰹節を乗せた奴。

わかめの生姜炒め

わかめの生姜炒め

フライパンにごま油を引いて千切りの生姜を炒め、香りが出たら生わかめを投入。ざっと油が回ったところで酒と醤油で調味して完成。

牛しゃぶ三つ葉おろし

牛しゃぶ三つ葉おろし

酒を加えた湯で色が変わる程度にさっと火を通した牛薄切り肉をざく切りにした三つ葉と熱いうちに軽く混ぜ合わせます。おろしポン酢で和えて器に盛り黒七味を少々。

突然おろしポン酢と三つ葉の組み合わせが食べたくなり、さて魚にしようか、鶏か豚かと考えた結果珍しく牛肉に。薬味が先に浮かんで食材は後付けってのも妙なお話ですね。

日本酒にあうおつまみレシピ

そして目についたらついつい買ってしまう生わかめ。作ってる時は多いかなーとビビりつつ食べたらやっぱりもっと作ればよかったと毎回思うわかめ炒め。意外にご飯のおかずにもなりそうな気がするのですがどうでしょうか。

野菜たっぷりの汁物に漬物、豆製品に海藻と少しの肉。そして何より旨い酒。
本日の晩酌はなかなか好みのバランスで満足でした。

 




関連記事

きのことぬか漬けのパスタ

きのことぬか漬けのスパゲティ、白菜のサラダ献立。

久しぶりにパスタで夕食。そして珍しく、ノンアルコールです。 普段夜ご飯としてパスタ系を

記事を読む

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め献立

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め、しめじと玉ねぎの卵とじ献立。

そういや牡蠣を食べるのをすっかり忘れておりました。 と言っても、外食ではちょくちょく食べて

記事を読む

鳥豆腐

鳥豆腐、青菜ときのこの柚子味噌和え献立。

先日「鳥豆腐」を検索してここにたどり着いたとのコメントを頂戴しまして、そういうのなんかうれ

記事を読む

新橋ときそば

お湯割りの向こう側。

先週末だったか、ちょっと寒くなった日があったじゃないですか。 午前中はカラッと晴れてい

記事を読む

秋鮭と白菜の酒粕煮晩酌

秋鮭と白菜の酒粕煮、生もずく献立。

白菜、キャベツ、小松菜にほうれんそう。葉野菜が安くてびっくりしますね。アレの影響による需要

記事を読む

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくまで薄味に仕上げ、ふんわりと固め

記事を読む

レンコン肉巻きの梅蒸し、せりのおひたし献立。

レンコンは好きでよく使うけれどすりおろしてどうこう、は最近やっていないなあとふと思う。

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエで赤ワイン。

もうそろそろ本格的に春がやってくるけれど、そういやこの冬食べてなかったな。 とふと思い

記事を読む

家飲み献立 鶏すき。

目論見どおり白菜の外葉を干せて満足の土曜日。 天気のいい日に野菜がカラッと干しあがった

記事を読む

鳥豆腐献立

鶏豆腐、蕪の温サラダ献立。

冬の定番鶏豆腐。この冬2度目の登場です。 関連 宮崎の酒 千徳清酒カップで晩酌 鶏豆腐

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑