神奈川の酒 丹沢山純米 牛しゃぶ三つ葉おろし、わかめの生姜炒めで晩酌。

公開日: : 最終更新日:2017/04/08 家飯, 食べること ,

丹沢山

関東地方コンプリート!

近所の酒店を巡るもどうにも神奈川の酒に出会えず、通販でオーダーするかなと思っていた矢先に新店開拓に成功。おかげで今後のツアーも順調に進みそうです。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

季節柄、お花見用の1本を探しているお客さんもおられました。うんうん、春には花には酒ですね。




神奈川の酒 丹沢山 純米

赤丹

丹沢山純米赤ラベル、通称赤丹。探したのですが蔵のサイトは開設されてないようで。

参考 (株)川西屋酒造店(神奈川県酒造組合)

最高の米で純米吟醸酒を造りたいという蔵元の願いと、地元農家との協力関係から生まれた「丹沢山」は、『食物との一体感』を信条にしています。酒が一人引き立つのではなく、酒が食べものの旨みを引き出し、食べものが酒の味わいを高めるといった、調和を大切にしています。丹沢山系の透明な渓流のように深い味わいと余韻が口の中に広がります。

取り扱い酒店のサイトなどをチェックする「食中酒」というキーワードがよく使われている丹沢山。料理と一緒に酒を楽しみたいタイプの私にもってこいの銘柄です。

冷やで一口。水っぽい。
水っぽい、って薄いとか香りが弱い、ということではなくて、きれいな水の味がする。ややとろみも感じるのだけれど、喉を通ったときにすっとキレる感覚は水のそれ。って、水から作られているので当たり前なんだけど、より水を感じる酒とでもいいましょうか。ただ、無個性かといえばそんなことはなく、後味にこれまで味わったことのない苦味に似たものを感じました。これなんだろう、うまく表現できないのだけれど口に含んで飲み込むまでの過程がどうにも興味深い1本。

今回は純米を選んだけれど、次は別のタイプも呑んでみたいと思いました。メモメモ。

丹沢山 純米データ

蔵元 川西屋酒造店(神奈川県・足柄上郡)
種類 純米
精米歩合 65% (阿波山田錦)
日本酒度  +6
酸度  1.4
アルコール度  16度

 

牛しゃぶ三つ葉おろし、わかめの生姜炒めの家飲み献立

牛しゃぶ献立

  • セロリの浅漬け
  • 野菜の味噌汁
  • 梅ネギ奴
  • わかめの生姜炒め
  • 牛しゃぶ三つ葉おろし

セロリの浅漬け

セロリの浅漬け

筋を取って斜め薄切りにしたセロリをタッパーに入れ、粗塩を加えてシャカシャカ振って放置しておいたもの。

梅ネギ奴

梅ネギ奴

叩いた梅干しを醤油でのばしたものとネギのみじん切り、鰹節を乗せた奴。

わかめの生姜炒め

わかめの生姜炒め

フライパンにごま油を引いて千切りの生姜を炒め、香りが出たら生わかめを投入。ざっと油が回ったところで酒と醤油で調味して完成。

牛しゃぶ三つ葉おろし

牛しゃぶ三つ葉おろし

酒を加えた湯で色が変わる程度にさっと火を通した牛薄切り肉をざく切りにした三つ葉と熱いうちに軽く混ぜ合わせます。おろしポン酢で和えて器に盛り黒七味を少々。

突然おろしポン酢と三つ葉の組み合わせが食べたくなり、さて魚にしようか、鶏か豚かと考えた結果珍しく牛肉に。薬味が先に浮かんで食材は後付けってのも妙なお話ですね。

日本酒にあうおつまみレシピ

そして目についたらついつい買ってしまう生わかめ。作ってる時は多いかなーとビビりつつ食べたらやっぱりもっと作ればよかったと毎回思うわかめ炒め。意外にご飯のおかずにもなりそうな気がするのですがどうでしょうか。

野菜たっぷりの汁物に漬物、豆製品に海藻と少しの肉。そして何より旨い酒。
本日の晩酌はなかなか好みのバランスで満足でした。

 






関連記事

牛肉の赤ワイン煮込み

牛肉の赤ワイン煮、蕪のトリュフ風味温サラダでワイン。

久しぶりじゃないか、おい。 以前は週末にワインを飲みたくなる病を患っていたもので金曜、

記事を読む

mom_zoni

私が団子を練らない理由。

年末年始はありがたいことにご馳走を食べまくりますね。 年末は旅先で、そして帰省し地元で

記事を読む

140822d

シェアハウスで料理 8/22 何も作らない晩ごはん。

今週はあれこれ作ってちょこちょこ残していたので、今夜は作りおき食材メインで晩御飯です。 わ

記事を読む

By: skyseeker

せとかと甘平を食べ比べてみた。

By: skyseeker[/caption] 毎日の晩酌日記と共に記録していた今月の「お遊

記事を読む

肉じゃが

肉じゃが、青梗菜のオイル蒸し。

いい天気だし昼酒しに出掛けようかな、と考えていた日曜日。 ならばどこへ向かおうか、とあ

記事を読む

かれいと豆腐の煮つけ

カレイと豆腐の煮つけ、水菜のおひたし献立。

久しぶりのカレイの煮つけだというのに、うっかり無残な姿にしてしまいました。 破れかぶれ

記事を読む

菜の花とまぐろのごま和え

菜の花とまぐろのごま和え、焼きさつま揚げで家飲み。

残り物総動員といった感のある献立。 さつまあげ、まぐろ、豆腐、なんかタンパク質多いです

記事を読む

塩手羽大根

塩手羽大根、揚げかまぼこで晩酌。

塩手羽大根。 こういう汁っぽい出汁っぽいものが食べたくなるのは秋が来た証拠でしょうか。

記事を読む

蕪と豚肉の味噌炒め献立

蕪と豚肉の味噌炒め、えのきのスープ献立。

ありがたき蕪が売られていたのでありがたく購入いたしました。 蕪とか葉付き大根は1度で2

記事を読む

鶏つくねとキャベツの煮物

家飲み献立 5/26 鶏団子とキャベツの煮物、わかめと油揚げの酢の物。

気分は何故だか肉団子。 ということで豚ひき肉を目当てに買い物に行ったら私は到底手が出せ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑