石川の酒 手取川 冬 純米辛口 生 で晩酌 ぶりカマとキャベツのしょうが蒸し。

公開日: : 最終更新日:2016/10/18 家飯, 食べること ,

手取川冬限定純米辛口

丹念なご近所パトロールの成果により、徒歩圏内にもいくつか日本酒に力を入れている酒屋を発見。

これで今後の旅はさらに充実しそうです。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

おっと、今回で10本目ですね。

手取川 冬 純米辛口 生(石川県・白山市)

手取川冬限定純米

ラベルがそこはかとなく叙情的ですね。

参考 思い出す手取川の過去・・・(吉田酒造店)

手取川の水質及び伏流水が抜群に良質であること、生産されるお米が良質であり入手が手近に出来ること、空気が清澄であること、農閑期の労働力が求めやすいこと等により、明治の終わりから大正時代にかけて一時期、山島村13箇村に10数件の造り酒屋が存在し、遠く県外にまで酒を出荷し山島酒、手取酒として名声を博した時代があります。

明治以前から酒造りがさかんに行われていたこの地域、今ではこの蔵のみが残っているのだとか。今回入手したのは冬限定のしぼりたて生原酒です。

冷やしておいた瓶を開栓してまず一口、でびっくり。すごいピリピリピチピチくる。えええ?これってそういうのだっけ?と覆わずラベルを二度見。が、二口目以降は滑らかな舌触りに変わりました。辛口、とありますが香りは甘くフルーティー。試しにちょっだけ燗もつけてみましたが、これは軽く冷やした状態のほうが旨いかなあ。寒い時期でも旨いひや、いいね。

手取川 冬 純米辛口 生データ

蔵元 吉田酒造(石川県・白山市)
種類 純米
精米歩合 山田錦50%  五百万石55%
日本酒度  ±0
酸度  1.5
アルコール度  16%

 

ぶりカマとキャベツのしょうが蒸し献立

ぶりカマ酒蒸し献立

  • 糠漬け
  • 卵スープ
  • 焼き油揚げ
  • 干し人参の炒めもの
  • ぶりとキャベツのしょうが蒸し

卵スープ

卵スープ

鶏がらスープに水溶き片栗粉でとろみをつけ溶き卵を流し入れふんわりと固めたスープ。胡椒とごま油で仕上げます。青みは小松菜。

焼き油揚げ

油揚げと白葱の和えもの
細切りにしてカリッと焼いた油揚げをさらしネギと和えたもの。酢醤油と黒七味でいただきます。

干し人参の炒めもの

干し人参

戻した干し人参をシンプルな塩炒めに…と思ったのですが想像以上に量が減っていて急遽小松菜も投入。なんか迷いがあったからか見た目も味も中途半端な出来になってしまった。干し人参自体は甘く美味しかったんだけどね。

ぶりカマとキャベツのしょうが蒸し

鰤カマの酒蒸し

塩を振ってしばらく置いた鰤カマに熱湯をかけて霜降りにします。櫛形に切ったキャベツと鰤カマを鍋に入れ塩、酒、薄切りしょうがを入れて中火にかけ蒸し煮にします。鰤にふっくらと火が通ったら完成。鰤が大きすぎて漁師料理のような豪快盛り付けなのはご愛嬌。

本当は違うメニューを考えていたのですが鰤カマを見たら買わずに言われない体質なもので急遽献立再構築。簡単で美味しい魚の酒蒸しに日本酒、お手軽ですが嬉しいご馳走です。

一人暮らしの晩酌つまみ

なんで鰤カマを見ると買わずにいられないのかなあ。まあ好きだからなんですけども、鰤の切り身はそうでもないんだよなあ。

切り身のほうが俄然食べやすいのだけど、骨についた身を丹念に穿りつつ酒を呑むのがまた楽しかったりもするのですよ、うふふ。

 




関連記事

ひいかと里芋の煮つけ

ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラダ献立。

あれっ?ひいかって、春じゃなかったっけ?いや、春はホタルイカか。 などと考えつつも、イ

記事を読む

蒸し鶏のニラソース

蒸し鶏のニラソース、モロヘイヤときのこの梅ポン酢。

少々食材を買い足して、あれはこうしてこれはこう、などと頭の中で組み立てながら帰宅した夕方。

記事を読む

澤乃井純米大辛口

東京の酒 澤乃井 純米大辛口で晩酌 しめじと春雨の甘辛炒め、さつまいものチーズ和え。

酒は好きですが、あれこれ飲み比べたり、銘柄にこだわったりするタイプではありません。 ま

記事を読む

豚の梅しそ蒸し献立

豚肉の梅しそ蒸し、蕪と揚げの味噌汁献立。

これは大葉が余るかもしれない。 家を空ける時点で食材をきれいさっぱり使い切らないと気が

記事を読む

玉ねぎの卵炒め献立

玉ねぎの卵炒め、塩豚と大根のスープ献立。

これまた昨年の晩酌記録です。 仕事始めからこっち、なかなかまともな夕食にありつけていま

記事を読む

秋の晩酌メニュー

家飲みメニュー 舞茸のホイル焼き、小松菜と塩昆布のサラダ。

ワインを買いに出かけて結局ワインを買わずに帰宅。 なぜなら、スーパーの寒さですっかりワ

記事を読む

牛肉とこんにゃくのきんぴら、新じゃがとわかめの味噌汁献立。

こんにゃくが食べたい。突然そんな気分になる時は、体から何かしらの信号が発せられているのでしょ

記事を読む

コンビーフと春キャベツのパスタ

春キャベツとコンビーフのパスタ、水菜とトマトのサラダ。

コンビーフ、久しぶりに食べました。またまたいただきものです。 コンビーフといえばあの特

記事を読む

酒粕クリームシチュー献立。

先日久しぶりに粕汁を作りました。 関連 ぶりの粕汁献立。 残りの酒粕をどうしたも

記事を読む

たこじゃが

たこじゃが、おくら奴で家飲み。

またじゃがいもです。 たことじゃがいもの組み合わせは地味なようで日本酒に合ういいつまみ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

本気の冷え性改善計画2021、開幕。

突然やってきた寒気に、戸惑いを隠せません。 いや、わか

豆腐と小松菜の塩炒め献立
自分の気性に合うカタさ。

もう何年もの間、豆腐といえば木綿に落ち着いています。

50目前、3年以内の目標。

妄想癖が強いからでしょうか。 とにかくあれこれ計画した

あんかけ焼きそば
いつだって「カリッと」が、信条。

駅前のざっかけない店でさえ、レベルが異常に高い。そんな中華料

炎症後色素沈着ケア大作戦、2ヶ月報告。Lシステインの効果は?

アトピー症状悪化による色素沈着改善作戦をぶち上げてから、2ヶ

→もっと見る

PAGE TOP ↑