ワインで家飲み 9/26 チキンのハーブロースト、セロリのサラダ。

公開日: : 家飯, 食べること ,

ワイン 家飲み

今週はちょっと呑みすぎたかなあ。

と少々自覚があるので幾分控えめに済ませようと考えた土曜日の晩ご飯。

控えめに、といいつつわざわざワイン買ってきてたら意味ないような気もしますが心がけが大事ということで。

気持ちの問題です。

チキンのハーブローストで晩ご飯

ワインで家飲み

  • セロリのサラダ
  • チキンのハーブロースト

セロリのサラダ

ワインで家飲み

薄切りにしたセロリセロリをツナ、オリーブオイル、塩、胡椒、酢で和えた簡単サラダ。

チキンのハーブロースト

チキンのハーブロースト

鶏もも肉に強めに塩胡椒してローズマリー、バジル、にんにく、オリーブオイル、白ワインを揉み込んで皮目を下にしてフライパンにのせ、肉のまわりににんじんとじゃがいもを並べ弱火にかけ蓋をしてじっくりと火を通します。皮がパリッと焼けて八分通り火が入ったらひっくり返してさっと焼いて完成。
今回は手軽にフライパンを使ったけど、厚手の鍋でポットローストにしたり、オーブンで焼くときも、さらには豚肉でもこの味付けでやっちゃいます。

うん。いいお肉だった。もも、ジューシー。

ワインの日はバケットを用意することが多いのですが、本日のローストはいもたっぷりバージョンなのでパンはナシ。鶏の旨味が移ったじゃがいもとにんじんが旨し。
週末はこういうドカンと肉焼いた系の料理にワイン、というパターンが多いけれど、ホント楽。じゃがいもなんて皮付きのままだし、包丁もほとんど使わないからね。ワインは赤にしようか白にしようか迷ったけれど、やっぱり白を選んでしまうのでした。

家飲みブログ

これにチーズとかつけちゃうと調子に乗って呑みすぎるのが目に見えているので極々シンプルに。作戦が功を奏してどうにか1本空けずに済みました。と言っても肉ドカンのじゃがいもゴロゴロなのでボリューム的には満足。でも、セロリのサラダはもっと山盛り作ればよかったな。

どうにも軽く冷やした白ワインが好きなのですが、これから寒くなってきたらおそらく赤にも手が伸びてくるはず。寒くなるとなんとなく赤を選びたくなるのは料理がスープとかチーズ系とか煮込み系とかこっくりしたものが多くなるからかしらん。

寒くなるのはイヤだけど、寒い季節に呑むのは楽しいという矛盾。

 




関連記事

きのこの黒酢炒め

きのこの黒酢炒め、パセリポテトサラダ献立。

海坊主。 自分で作って、撮っておきながら、海坊主を思わずにはいられない。 常日頃

記事を読む

鶏肝煮献立

鶏肝煮、おつまみ奴献立。

気持ち悪い。 自分で画像を加工しながら、ちょっとグロいなと思ってしまいました。

記事を読む

一鶴(いっかく)で骨付鳥にかぶりつく 高松弾丸日帰りの旅 その4。

日帰りの旅に関わらずなぜか長々と書いてしまった高松旅行記。 関連 神戸からジャンボフェ

記事を読む

家飲み献立 きくらげと卵の炒めもの、焼きなす。

豚肉シリーズラスト。 きくらげと卵の炒めものは結構好きなおかずでよく登場します。卵の炒

記事を読む

つまみを作ったり、食べたりするイベントについて。

奥さん、6月です。 というか、いきなりの暑さにもう夏が来たのかと思いましたね。いや、6

記事を読む

酔鯨なつくじら純米吟醸

高知の酒 酔鯨 純米吟醸 なつくじら 原酒で晩酌 鰤とふだん草の酒蒸し、つけもの奴献立。

四国地方へやってまいりました。 と言っても既に愛媛は済んでいるので残るは3県。 関連

記事を読む

セロリと卵の炒めもの

アボカドの家飲みつまみ たことアボカドのサラダ。

野菜一種と卵を組み合わせる炒めものは頻繁に登場する定番メニューです。 ネギ、トマト、玉

記事を読む

家飲み献立 12/5 干し白菜のトマト煮、せせり塩焼き他全5品で晩酌。

TGIF! うう、どんどん師走らしさが増してきますね。 本日の早朝はさすがに耐え切れ

記事を読む

あじとこんにゃくの梅煮

あじとこんにゃくの梅煮、ズッキーニのナムルで晩酌。

旨そうなあじが目に入ったので、久しぶりにたたきにでもしてやろうかと考えたのですが。あじのた

記事を読む

休肝日ごはん 納豆チャーハン、白菜の黒酢スープ献立。

休肝日の晩ご飯、またまたチャーハンの登場です。 前回はシンプルの極みでしたが、今回は具

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

便利に慣れきった現代人の懐かしい痛み。

あ?ああ...あ"あ"あ"ー! と、漫画のような叫び声

スパゲティグラタン
デタラメさの愛おしさ。

ほとんどが和食の献立で固定化している今日この頃ですが、寒くな

絶対に一緒に仕事をしたくないタイプ。

久々にパンチの効いた出会いがありました。 と言っても色

ねぎ入り卵焼き献立
いくつになっても失敗はする。

カメラの不調で一時中断していた晩酌記録を再開してから、早1年

→もっと見る

PAGE TOP ↑