せせりの黒七味炒め、セロリと海苔の冷奴。

公開日: : 最終更新日:2016/09/23 家飯, 食べること

せせりの黒七味焼き

所有している調味料の種類がさほど豊富ではなく、変わった食材を使うわけでもなく、おまけにつまみ仕様に仕上げたいときているので毎日毎日同じようなものを食べています。

最近は1回使い切りできるパックの調味料がたくさん出てますが、あんまり得意じゃないんですよね、〇〇の素、みたいなの。そして1回使い切りといっても2~3人前くらいの量になっちゃいそうだし。

あと、いろんな調味料が入る複雑な料理は作るのも食べるのも苦手なのです。柚子胡椒マヨポンチーズ焼き、とか言われると確実に頭も舌も混乱してしまう。

難しいことが苦手な人間には、簡単ってのは正義なわけですよ。




せせりの黒七味炒め

せせりの黒七味炒め

  • 糠漬け
  • 卵とわかめのスープ
  • 茄子とピーマンの煮浸し
  • セロリと海苔の冷奴
  • せせりの黒七味炒め

糠漬け

糠漬け
日課の糠漬けは定番の組み合わせと化しているにんじん、茄子、オクラの3種盛り。

卵とわかめのスープ

卵とわかめのスープ

鶏ガラスープにとろみをつけた卵スープ。

茄子とピーマンの煮浸し

茄子とピーマンの煮浸し

こちらは先日の残り物のスライド。

セロリと海苔の冷奴

セロリと海苔の冷奴
軽く塩もみしたセロリを醤油とごま油で和えてちぎった海苔とすりゴマと一緒に冷奴に。

せせりの黒七味炒め

せせりの黒七味炒め

塩を振ったせせりを油をひかずに炒め、火が通ったところでななめ薄切りにした白葱を入れてしゃっきりと炒めあわせ、黒七味と酒で風味付け。

黒七味じゃなくて普通の七味で作っても旨いと思いますが、いずれも酒のアテとしてはやや多めに入れると美味しいですね。その分塩分は控えめにできそう。せせりから出た脂を葱にまとわせる感じなので、油っぽさが気になる場合はレモンを絞ったほうがよさそう。まあこの鷄油が旨いっちゃー旨いんですが。せせりを焼いた後、脂が残ったフライパンで炒飯とか作るのもこれまた旨いんですよね。

いつもは料理の仕上げにかける、という使用法がメインの原了郭の黒七味。今回は珍しく調理時に使ってみました。

 

スタンダードな調味料しかない我が家としては少々変化球、になるでしょうか。もう長年愛用しています。煮浸しとか焼き鳥系とかかなり利用範囲が広いので

「買ったはいいけど結局使わなくなって賞味期限切れ」

にならないところがお気に入りなのです。

いや、ダメにするのもしないのも己のさじ加減ひとつ、なのですが、やっぱり家飯って家庭によって傾向があるじゃないですか。エスニック好きだからスパイス多用するとかワインに合うものばっかり作る、とか。私の場合ハンバーグとかオムライスとか洋食っぽいものはまず食べないのでケチャップは小さいサイズでも使い切れないんですよねえ。

そんなわけで今ではすっかり割り切って使うものしか常備しなくなりました。その分料理のバリエーションは狭くなりますが、1人晩酌のアテなんてそんなに凝ったことしなくても十分戦えますからね。

 






関連記事

秋刀魚の酒蒸し

秋刀魚のしょうが蒸し、ネギ塩奴で家飲み。

お久しぶりです、秋刀魚です。 ついにこの時がやってまいりました。今季初秋刀魚、遅ればせ

記事を読む

mushroom

ジューシーきのこ 7/28 マッシュルームのガーリックソテー。

なーんか拍子抜けってくらい涼しい1日でしたね。 連日暑いと体が持たないので、束の間の休

記事を読む

winterbeer

一番好きな倶楽部方式。

どうもダラダラしてしまうな。そんな自覚があったので、1年ほど前にルールを改善しました。

記事を読む

140905d

飲める献立 9/5 焼き厚揚げ、鶏皮とザーサイの和え物。

週末ですね。 今週の東京はいまいちすっきりしない天気が続いていたので、久しぶりに暑くカ

記事を読む

sobamiso

上野藪そばにてひとり蕎麦屋酒を楽しむ。

蕎麦屋で呑むのが大好きで、いろんな店に出向きます。 そして基本的には昼間に行くのが好き。(写真

記事を読む

豚の梅しそ蒸し献立

豚肉の梅しそ蒸し、蕪と揚げの味噌汁献立。

これは大葉が余るかもしれない。 家を空ける時点で食材をきれいさっぱり使い切らないと気が

記事を読む

大根と豚肉の梅しそ炒め

大根と塩豚の梅しそ炒め、春雨サラダで家飲み。

よい献立はそれぞれの料理のバランスが取れているもの。 例えば野菜と肉か魚、豆類、海藻で

記事を読む

豚薄切り肉レシピ

晩酌献立 9/30 蕪の葉と豚肉の生姜ポン酢和え、きのこと豆腐のスープ。

無駄に葉野菜が好きなのですが、安く出ているとついつい手に取ってしまうのが蕪。 葉と本体

記事を読む

ekiben

東京駅でも買える品川名物「貝づくし」はかなり危険な駅弁だった。

さて、またまた移動です。 行き先はまたまた関西方面です。 なんだかんだと言いながらも

記事を読む

まぐろ納豆献立

まぐろ納豆、小松菜の梅和えで晩酌。

外食が続いて胃が少々お疲れ目の週末。 あっさりした献立で軽めに家飲みしましょうねと考え

記事を読む

Comment

  1. ここ より:

    始めまして。いつも更新楽しみにしております。クリスピーさんのブログをみて料理に前より興味を持ちました。いつも夕食はお時間何分ほどで作られるのでしょうか?それといつも食べている朝ごはんや、昼ごはんについてもよろしければ教えてください。

    • crispy-life より:

      ここさん

      コメントありがとうございます。

      ご質問に関して、せっかくなので改めて記事に書きますね。
      と引っ張るほど特別なことは何もないのですが。

      これからもよろしくお願いします!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし
焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし献立。

妖艶。 そんな言葉が浮かんでくるビジュアルではありません

tainan_32
おばさんが嫌われる理由。

踊り疲れたディスコの帰りを存分に満喫する夏です。 自分の

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め献立
つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め、紫大根のナムル献立。

辛味の効いた青菜炒めって、南国の味だよなあ。 暑い国のレ

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

suginami_56
薄くて軽い、お付き合い。

どうやらこの街にも、長く居過ぎたようだ。そう感じたのは、その

→もっと見る

PAGE TOP ↑