似合う色と好きな色、橙色のカーディガン、赤パンツ。

公開日: : 最終更新日:2018/02/04 ファッション

arakawa38

寒いじゃないか。

ということで、もちろん長袖。ちょい厚手のグレーのTシャツにワイドデニムを合わせ、9月の初日にしては重めだなあと思いつつ、オレンジのニットカーディガンを手に取る。

さすがにしっかと袖を通すほどの寒さではないけれど、ほら、この時期いくら肌寒い日でも、エアコン問題が油断ならないし。

というわけで、カーディガンを首回りにくるりとデタラメにひっかけて出かけました。




橙色のカーディガン

orange_clo

エアコン攻撃が恐ろしい夏場は、常になんかしらの防寒具を携帯しております。

関連 強冷房に氷水 夏は寒くて仕方ない。

ストール、カーディガン、パーカーあたりですね。

その中でも最も頻繁にマイショルダーにひっかけられているのは、グレーのパーカー。もう糸で縫い付けてあるんじゃないのかってくらいの愛用ぶりで、日々こいつに助けられています。

関連 シンプルコーディネイトに大活躍のアイテムを手放す。

しかし先日あまりの寒さにビビりまくっていつものパーカーではなく、このオレンジのカーディガンを選んだわけです。で、気付く。

あれ、顔色いいな、と。

ピンクを選ぶってこんな感じ

骨格診断とかパーソナルカラー界隈には全く興味がないのでなんちゃら理論に基いた似合う色は何なのか全然知らないし、特別オレンジが似合っているのかと言えば多分違う。

関連 いつもの服でつくるこなれた感じのコーディネイト。

違うんだけど、ああこれは噂に聞くやつだ、と思う。

ピンクやら黄色やら原色の洋服を着たらなんだか元気が出るわーとおばあちゃんがにっこりする感じの、アレ。赤いパンツをはくと元気が漲るわーとおじいちゃんがガハハと笑う、アレ。例えが微妙、とにかく、色の影響力なのかなと。

このカーディガンは新しく買ったものではない。他のもの同様長年使っているものなのに、改めてそんな風に感じたのはなぜだ。赤パンツ的な気持ちどうこうではなく、やっぱり顔色か。思いの外くすんでいるのか。それはイヤ。

突然顔色が悪くなったのか、はたまた単なる気のせいだったのかはわからないけれど、たまにはこういうパッとした色を着るのもアリかもね、と思った次第。アクセサリーやら鞄やらは派手な色柄物が多いけど、カーディガンとかシャツ、Tシャツなんか白、黒、ネイビーあたりのベーシックな色が多いもんなあ。

関連 痛いおばさんファッションのすすめ。

だからと言っていきなりどピンクを選んだりはしないけれど、それもいずれは変わる時が来るのかな。赤のパンツに願掛ける日は100%来ないとは限らない。根暗なりにご陽気な毎日を送れている今は、色に限らず何かしらの外部要因にパワー充填を求めるという発想がまるでなく。これはこれで、ありがたいことかもね、などとどんどん話が明後日の方向へ流れていく。

ミニマリストの持たない暮らし

しかし似合う色云々ってのは同じ人でもその時々によって変わるもんじゃないのかと思ってしまうのは私がその道に明るくないからでしょうか。身につける云々関係なく単純に「好きな色」は昔から全然変わらないけどね。

 






関連記事

By: David Goehring

今日捨てたもの 5/10 最後のブラウン系。

By: David Goehring[/caption] 今回の旅を最期の舞台にしよう、と決

記事を読む

Dr.Martens チェルシーブーツ

手持ちの服を活かす買い物方法を改めて。

先日新しい靴を購入したので新たな冬のコーディネイトにあれこれチャレンジできて楽しいです。

記事を読む

tramando コーデ

洋服が減ったらバランスがガラリと変わっていた。

By: ParisSharing[/caption] 寒いじゃないか。 ということでロ

記事を読む

By: Saxbald Street Photography

「今の自分」に似合う服 パーソナルスタイリストの視点とは。

By: Jason Hargrove[/caption] 随分昔の話ですが、知り合いからとあ

記事を読む

By: Mario Mancuso

旅の準備のコンセプト。

By: elitatt[/caption] 旅に出るのは好きだけど、準備は嫌いです。

記事を読む

By: Joopey

寒がりの冬ファッション 防寒対策スエットは却下。

By: Miguel Virkkunen Carvalho[/caption] 冬に向けての

記事を読む

white_spring

冬から春へ衣替え 白が着たい、白の効果。

暑い。 Tシャツに薄手のジャケットを羽織っただけの軽装でも、暖かいを通り越して暑いと感

記事を読む

By: Garry Knight

最小限の旅の洋服。暑い場所でストレッチスカートを着回す。

By: Garry Knight[/caption] 今回の旅は「増やさない」がコンセプトだ

記事を読む

160422denim

普通の服がおしゃれ、じゃない。少ない服を着回す弊害。

By: Leon Brocard[/caption] ようやく気温も安定してきた今日この頃、

記事を読む

By: Rubbermaid Products

持たずに楽しむレンタルファッション生活。

By: Rubbermaid Products[/caption] 以前、たった数回しか使え

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め献立
ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め、春キャベツのおひたし献立。

そうそう、ホタルイカも早いとこ食べておかなくては間に合わなくな

サングラス
大人のサングラス事情 この夏の装いを考える。

東京に突然夏が来たので、うれしいやら戸惑うやら。 週間天

あさりと小松菜のオイル蒸し
兵庫の酒 櫻正宗 宮水の華 特別純米酒で晩酌 あさりと小松菜のオイル蒸し献立。

時期的にあさりも食べておかねばなるまい、ということで合わせて新

moalboal-4-3
フラガールのコミュニケーション考察。

「ね、ね、ちょっと!これ見てよーぅ」 弾む声の主が私の目

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。
春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

一時はどうなることかとヒヤヒヤしましたが、春キャベツ、普通に手

→もっと見る

PAGE TOP ↑