「 旅人への道 」 一覧

顔ハメパネルに物申す。

突然ですが、みなさまはパネルをやるタイプでしょうか。 無邪気が信条のお子様らはかなりの高確率でハメにいくと予想しますが、大人、しかも中年以上ともなれば、目の前に頃合いのパネルが現れたとし

続きを見る

魚に鶏に麺に芋 徳島で食べたもの 高速バスで行く徳島の旅 その5

神戸から高速バスで出かけた徳島の旅記録。最後は滞在中に行ったお店、食べたものをまとめます。 徳島の旅2018・秋 今回食事をしたのは鳴門駅と徳島駅周辺のごく限られたエリア内でしたが

続きを見る

服を減らして旅から手ぶらで戻るには。

旅の荷物を減らすポイントは洋服類と化粧品類。この2点に全てがかかっていると言ってもいいでしょう。 今回の旅鞄は大きめのショルダーでした。 秋・2週間の旅の荷物 ナイロントートひとつ

続きを見る

ひとんちの食の不思議ときのこスープ。

旅行中は普段と生活サイクルが異なり、食事の内容も、時間も、量も変わるので、どうしても体が重くなります。 それは海外国内旅行に限らず、滞在先が実家だたとしても同じこと。 よって、旅か

続きを見る

阿波おどり会館でダンサーとしての矜持を見せる。高速バスで行く徳島の旅 その4

一泊二日の徳島の旅、いよいよメインイベントを迎えます。 神戸から高速バスで行く徳島の旅 徳島といえば阿波おどり、阿波おどりといえばダンス。 初めて足を踏み入れたここ徳島の地で

続きを見る

継続できない人が続ける方法。

ボキャブラリ強化のため久しぶりに再開したiKnow! 有言実行、TOEIC600点超え。 とにかく飽きっぽく、続かないのが常に悩みのタネだった私ですが、再開前の最大継続記録が53日

続きを見る

眉山ロープウェイと3色の徳島 高速バスで行く徳島の旅 その3

鳴門公園、一番札所・霊山寺を経て、徳島駅に到着しました。 神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。 JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅

続きを見る

JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興奮の我々。 神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。 絶景や渦潮に後ろ髪を引かれる思いではあり

続きを見る

おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。 神社仏閣巡りを筆頭に、桜愛でたり紅葉狩ったり温泉浸かったり蟹食べたり。 本人らは楽しそうなので外野がとやかく言う筋合

続きを見る

神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。 昨年の同じ時期にはフェリーで同じく神戸から高松へと日帰りの旅を楽しんだ私。 神戸からジャンボフェリーで行く高松日帰り弾丸旅行

続きを見る

豚汁定食
シンプルライフとか、そういうことじゃなくて。

今週は、抜く。久しぶりにそう決めました。 あったらうれし

ueno_30
遊んで暮らせるなら、中身はどうでもいい。

「お互い割といい感じの流れになっていた」と書きました。

新潟の酒 八海山しぼりたて原酒 越後で候
新潟の酒 八海山しぼりたて原酒 越後で候 で晩酌 たらとオレンジ白菜のしょうが煮。

全国各地の酒を適当に見繕って記録を続けているこのシリーズ、まさ

ueno_33
寿司をつまみながら、いよいよ食えなくなったらバイトするという。

友人と昼間っから寿司をつまみつつの昼酒。 国内外から観光

アッシパルマンティエ
アッシパルマンティエ、ナッツ入りサラダで赤ワイン。

ここのところずっと、日本酒ばっかり。たまにはこう、こっくりした

→もっと見る

PAGE TOP ↑