「 食べること 」 一覧

肉じゃが、つるむらさきのナムル献立。

しつこくもイモメニューが続きます。本日は久しぶりに肉じゃがなどを煮てみました。 角がピシッとたった美しい肉じゃがを作ろうとしたのに、うっかり目を離してしまい、この有様。 そもそもの

続きを見る

大分の酒 西の関 手造り純米酒で晩酌 にんじんと牛肉の塩煮、梅わかめ奴献立。

手持ちの札(酒屋)を何軒か見回って、ようやく大分の酒を発見しました。 残すターゲット県が少なくなってくると、やはり難しいものです。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 最近最も懇意

続きを見る

たこじゃが、おくら奴で家飲み。

またじゃがいもです。 たことじゃがいもの組み合わせは地味なようで日本酒に合ういいつまみだなあと思いつつ、じゃがいもがダブついている時はたこが手に入らず、たこに目が行く時はなんとなくじゃが

続きを見る

じゃがいもとゆで卵のサラダ、蒸しなすの梅和え献立。

2017/08/30 | 家飯, 食べること

先日赤ワインのお共にしようと珍しく袋入りのじゃがいもを購入。 よって、しばらくはじゃがいもを食べ続けます。 じゃがいもなんてすぐにダメになる野菜ではないので慌てずゆっくり消費すれば

続きを見る

チキンソテー、にんじんとセロリのアーモンドサラダで赤ワイン。

なんぞこれ。 久しぶりに皮パリパリチキンソテーでワインでも飲んだろかいと考えたらパリパリにし過ぎました。 おかげで何やら平たい物体の出来上がり。 おまけに盛る皿の選択を誤った

続きを見る

セロリと卵の炒めもの、なすとツナのサラダ献立。

ちょっと久しぶり?にセロリと卵の炒めものを作ってみたらば、セロリ葉が大量すぎてまるで立派なかき揚げのようなビジュアルになってしまいました。 まあ、それはいいとして。 今日の献立は和

続きを見る

親子煮、ゴーヤとツナのサラダ献立。

卵と鶏もも肉だけではさほど心は動かないが、そこに三つ葉が登場すれば話は変わってくる。 三つ葉が好きです。そして三つ葉が好きになったきっかけは親子煮です。 その昔は親子丼に凝ったこと

続きを見る

熊本の酒 花の香 純米吟醸 菊花で晩酌 茹でえび和風タルタルソース。

またどこかで行き詰まるかしら、と考えつつ南下しています。何しろ、残る地域が少なくなってきたもので。 関連 勝手に日本酒全国ツアー そして九州はどうにも焼酎のイメージが強く、日本酒よ

続きを見る

ゴーヤチャンプルー 、海苔のすまし汁で家飲み。

よくよく考えれば「吸いもの」とか「おすまし」ってネーミング、すごい。 改めて調べてみると混同しがちな「吸いもの」と「すまし汁」は異なるもので、メインの具に汁をはるイメージの料理が吸いもの

続きを見る

トマトと卵の炒めもの、おかひじきのスープ献立。

トマトと卵があったら、かなりの確率にて炒めもの、もしくはスープを作っている気がします。 今日は件の大玉トマトを使った炒めもの。 関連 信州四賀 たべくら農園の無農薬夏野菜で贅沢晩酌

続きを見る

tokyotower36
続けた先に、何かいいことあるかもしれない。

そんなにずっと続けてるんだったら、もっと何か別のことを考えれば

アッシパルマンティエ
アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。

今日捨てたもの
制服状態のリブタートルネックはどこへ消えたのか。

冬服をどうこうしていて、そういやここのところめっきりタートルネ

大根とぶりあら炊き
大根とぶりのあら炊き、おつまみ奴献立。

魚のあらに目がありません。 あ、目って魚の目じゃなくて、

sachico
積み重ねてきた実績を、全て捨て去る。

おそるおそる触ってから10日ほどが経過しました。 関連

→もっと見る

PAGE TOP ↑