これからの働き方と暮らし方。

cebucity1608_2

東京を離れて早2週間が経過しました。

今回のセブ島滞在では珍しく予定をびっしり入れているのでなんだか結構わたわたしています。

普段一人でのんびり生活しているものだから1日を通してすべきことがある状況に慣れておらず、到着から数日間は常に頭から煙的なものが出ておりました。

いやはや、習慣とは恐ろしいものですね。




一人暮らしフリーランサーのタイムマネジメント

cebucity1608_3

今回セブで知り合った人に私の仕事状況を話すと

「一人で仕事していると自分を律するのが難しそう。どうやってコントロールしているのですか?」

と聞かれました。

確かに、通勤もタイムカードも朝礼もミーティングもないフリーランス、おまけに家族の目もない一人暮らし。サボろうと思えばいくらでもサボれてしまうのが恐ろしいところではあります。

しかしながらセルフコントロールの方法は至極簡単。好きなようにサボれるからといってラクなほうへばかり流されていると仕事にならず、結果信用を失い自動的に稼ぎはなくなり、酒も呑めず旅にも出られず、好きなことができなくなる。それがわかっているから怠惰な生活を送ろうとは思わないのです。

とは言え、ただお金のためだけに身を粉にして働くことはもうできません。

関連 もう十分豊かな時代なのだから、必死に働かなくてもいいのでは。

そんなに必死で働かなくてもいいのでは、なんていうとただただラクをしたいだけのように思われるかもしれませんが、好きな仕事でしっかり稼いで理想の暮らし方へのチャレンジを続ける現在のスタイルには何の苦痛もないのです。

そして今回久しぶりに予定をみっちり詰めてみて、実はもっとできることがあるのではないか?と感じています。

これからの仕事と暮らしを考える

cebucity1608_4

考えてみたらお勤めをしている人は8時間はオフィスにいて通勤に往復1時間くらいかかって、24時間のうち10時間前後は仕事に費やしているのが普通だし、私も以前はそうしていました。けれどフリーになってからというもの常駐仕事以外の時間は自分のコントロール下にあるので非常にマイペース。アポなんて1日1本か2本こなしたらもういいんじゃないの?という感覚で、ラッシュアワーの電車に乗ってみるとああもう一般的なペースには戻れないのかもしれないなあ、なんて思っていたのです。

けれど自分自身で毛色の異なる大小の仕事を作れるのはフリーランスの強み。

関連 副業、複業、週末起業。自分で仕事を作る方法。

自分さえその気になれば今の状況から一歩進めてもっと果敢にいろんな分野に挑戦できるのかもしれないし、私の中にはまだまだそんな力が残っているかもしれない。

具体的に何がどうなったというわけではないけれど、今回のセブ島滞在は仕事と生き方、暮らし方について改めて考え直すきっかけになりそうです。

 






関連記事

life-packing_1

旅の荷物と移動距離。

旅の準備が苦手なりに慣れもあってかさすがに徐々に技術向上している気がしています。 正確

記事を読む

tainandog6

台湾鉄道一人旅 番外編 台湾の犬アルバム。

犬が好きです。 猫も好きなのですが、どちらか選べと言われれば断然犬、と答える犬派です。その

記事を読む

By: Victor U

散らかし、掻いて、放置して。かりそめの快楽に身を委ねる。

By: Sandy Schultz[/caption] 手湿疹が酷くなったことで数年ぶり無数

記事を読む

casagracia7

バルセロナのおすすめホテル サグラダファミリアも徒歩で行ける。

スペイン・バルセロナの旅記録です。 関連 スペイン バルセロナ旅行 気になる治安、持ち

記事を読む

setagaya_38

放置するか、克服するか、それとも。

最近なぜか就職、転職に関する相談を受けることが増えました。 わたくし、その昔採用業務に

記事を読む

By: Hamed Saber

人生を変えたいなら環境を変えればいい、は真実か。

By: Hamed Saber[/caption] 少し前に記事に対するご質問をいただいてい

記事を読む

ticket

新幹線 東京―新大阪 5400円の期間限定運賃。

東京⇔大阪間の移動は断然新幹線派です。 が、いかんせん、高い。 最近は飛行機のほ

記事を読む

ニューヨークのタクシー

ニューヨーク旅行 治安、持ち物、服装、物価にチップ。一人旅でも大丈夫?

クリスマスシーズンにニューヨークに行ってきました。 今回はミッドタウンエリアにあるホテ

記事を読む

kodama9

「こだま☆楽旅IC早特」 時間を贅沢に使う旅。

前回年末の帰省ラッシュ真っ最中に果敢に挑戦して玉砕(当たり前)してしまった「こだま☆楽旅IC

記事を読む

taiwan-takami33

高美湿地へのアクセス方法と帰り方 台湾一周一人旅。

台中の旅行記にてまた改めて書きます、と宣言しておきながら書いていなかった高美湿地の詳細記事。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

チェンマイ 瞑想
仕事を捨て去る。

気分的にはすでに年末大掃除ということで、空き時間にぽちぽち整理

塩手羽大根献立
塩手羽大根、ピーマンの卵炒め献立。

寒くなったりマシになったりの気候に惑わされているうちに、もうそ

aomonoyokocho15
非常時の備え、普段使いをスライドする。

住環境に恵まれていることもあり、普段から食材のストックはほとん

arakawa47
酷いストレスで観葉植物が枯れる。

見た目は子ども頭脳は大人の名探偵は、 「真実はひとつ」

ぬか漬け 豆腐とえのきの味噌汁 小松菜の海苔塩和え 豚肉の梅照り焼き
豚肉の梅照り焼き、小松菜の海苔塩和え献立。

少々遅くなった帰り道。何の考えもないままに、とりあえずなんとか

→もっと見る

PAGE TOP ↑