寒がりの旅 真冬・約3週間の旅の荷物。

airportromance

荷物を詰め終わって思うこと。

旅の荷物の殆どは服。そして冬の旅は荷物が増える。

アイテム数は夏場とさほど変わらなくても防寒を考えればおのずと厚手のものを選んでしまうのは冷え性人間の悲しい性。

おまけに今回はちょっといい場所にも行けるバージョンも準備したのでなんだか多くなっちゃったなあという印象です。




真冬・3週間の旅の荷物

約3週間の旅のために組んだコーディネイトは8パターン。うち2パターンはややフォーマルの特別版なので基本パターンは6つです。

  • プルオーバー
  • ニット
  • カーディガン
  • デニム
  • 黒パンツ
  • グレーパンツ

以上6点をベースにして着まわす予定。あれ、今回はおしゃれもしたいぞとかいいつつも書き出してみれば愛想も色気もない感じですが、防寒第一ってことで。

そして足元はサイドゴアブーツ。

関連 40代の痛い靴選び。

フォーマル用にヒールサンダルを入れたのでスニーカは却下。基本はサイドゴアブーツのみで戦うことにします。もうすっかり痛くなくなったしね。

今回も相棒はもちろんいつものスーツケース。

関連 荷物の少ない旅。スーツケースは不要?

夏の旅なら片面だけに荷物が収まる程度で済むのですが今回はゆったりではあるものの両面使用。といっても重量はそれほどでもなく測ってみたらば12.5kg。

関連 預け荷物20kgの目安と成田空港の電源カフェ。

毎度のことですが、いくらコロコロ車輪頼みとはいえ自分で持ち上げられない重量にはしたくないのでこのくらいが助かります。

ん?このサイズのスーツケースで両面詰めてその重さって軽くない?と思われたでしょうか。理由は防寒具です。

ダウンをインナーにしたい

今回のアウターはウールのコートにしようと考えていたのでインナーに入れるダウンを検討していました。

関連 少ない服の着まわし、決定的に足りない冬アイテム。

コンパクトにたためるユニクロのアレを試してみようかしらと書いたところコメントでもいろいろご意見をいただきまして。
薄手だしそんなには期待できないかなあ、でもないよりマシかもとぐるぐる考え、ガラにもなくモンベルもチェックし、どうしようどうしようともじもじ思案した結果、手持ちのダウンを持参することにしました。

よくよく考えたら今持っているダウンもかなり薄手のものなのでコートに下に着られるし、今年はそんなに寒くないので旅に出るとき以外はインナーにダウンを入れることはないかしらと考えアリもの流用。流用というか無理やりですが。

よって片面はほぼふんわりたたんだダウンで占められており容量の割には重量は軽い、というわけ。そんなにバカスカお土産を買う予定はないけれど、荷物が増えたらダウンは行きより小さくたたんでしまおうと考えています。あとは防寒対策としてカイロも一応ね、怖いからね、持っていきますよ。これが結構重いんだ。

苦手な旅の準備も普段の荷物が少なくなってからは随分簡単になりました。でもまあしなくて済むんだったら今だにやりたかないですけどね。手ぶらで行きたい、どこでもドア上等。

ミニマリストの持たない暮らし

ああやっぱり冬の旅は荷物が多い。それでも行きたい冬の旅かな。

 






関連記事

プーパッポンカリー 一人

一人でもプーパッポンカリーが食べたい!バンコク女性一人旅の食事 その2。

さて、前回の続きです。 参考 一人でもマッサマンカレーが食べたい!バンコク女性一人旅の

記事を読む

namecard

今日捨てたもの 8/1 「名刺」

  昨日宣言した通り、今日から小さなものでも1日に1つは手放していきます。

記事を読む

shampoo

湯シャン生活3ヶ月、白髪に効果はあったのか?

その後も、シャンプーを使わない生活を続けています。 参考 シャンプーやめました。湯シャ

記事を読む

list

リストは心を導く道具。ドミニック・ローホー「ゆたかな人生が始まるシンプルリスト」

夕方の雷、凄かったですねえ。 そういや夏の夕方の雷雨を部屋から眺めるの好きだったなあ、

記事を読む

flag.min

「365日のシンプルライフ」を観た。(ネタバレなし)

先日取り上げた映画「365日のシンプルライフ」を観てきました。 >>参考

記事を読む

blueskyfrom

僕らが旅に出る理由 その1 ~地元を出ることすら考えなかった20代~

モノを減らしたり、シェアハウスに住んだりしている理由のひとつは 「旅に出るため」

記事を読む

By: John Benson

持たない暮らし、放浪癖と引越し事情。

By: yoppy[/caption] 先日友人と住まいについて話していて気がついたのですが

記事を読む

simpleroom

40代独身女性が今考える老後の暮らし。

By: tup wanders[/caption] 中途半端に都会生まれの都会育ちなもので、

記事を読む

moalboal-restaurant_12

なんにも持っていなくても、奪われるのはやりきれない。

はっきりはわからないけれど、おそらくモアルボアルの海のような。 ひとしきり遊んだのでそ

記事を読む

travel3

僕らが旅に出る理由 その3 ~あまりに辛い変化~

40過ぎたというのに若い人が中心のシェアハウスで生活しながら日々モノを減らす作業を続けている

記事を読む

Comment

  1. カワ より:

    パタゴニアのナノパフを使ってます。インナーダウンで買ったのですが、都内だとTシャツと長袖のシャツの上に着ると耐えられます。3年目になります。インナーダウンにしたら最高ですよ。旅行の時はポケッタブルなのでコンパクトになりますよ。
    圧縮袋でさらにコンパクトにして持ち歩いてます。

    • crispy-life より:

      カワさん

      やっぱりパタゴニアは暖かいんですね…。ニューヨークが思った以上に寒くて凍えています。本気のやつじゃないですがダウン持ってきてよかった。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

NYfoods_38
好きなこと、やりたいことでも頑張れない理由。

仕事でも、勉強でも、健康でも、お片づけでも、ダイエットでも。

きつね納豆で晩酌
きつね納豆、ほうれん草のナムルで晩酌。

植物性たんぱく質の鬼、きつね納豆で晩酌です。 油揚げ偏愛

ワンタフトブラシ
40代で親知らずを抜く。

びっしり4本生え揃っている親知らずを抜くことにしました。

豚ロースの梅照り焼き
豚ロースの梅照り焼き、蒸しなすサラダ献立。

そろそろ魚よねえ、魚。 肉が毎日続くのはそう苦にならない

モアルボアル チリバー
漠然とした不安の正体は。

平常心平常心。 そうつぶやきながら微笑むあの坊主は誰だっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑