台湾一周一人旅 林百貨店に国立台湾文学館、台南の街を散策する。

公開日: : 最終更新日:2016/10/22 旅人への道

chiayi_lunchbox_26

台湾4都市目、台南に到着しました。

関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。

台南は今回の旅で最も楽しみにしていた場所のひとつ。

基本的にバスや電車を使った地味な散策を好む私にはさほど遠出せずとも街中の散策だけで十分楽しめそうな古都・台南は合っているのではないかと考えていたのです。歴史ある場所ゆえに台南発祥の台湾料理も多いという情報もあったしね。




台南駅周辺

tainan_2

台湾島で最も早くから開けた地区の一つであり、オランダ人はここに根拠地ゼーランディア城を置いた。清朝時代初期の鄭氏政権下の台湾の首府であり、政治・経済・文化の中心地であった。日本統治時代に台湾の中心地は台北に移ったものの、その後もしばらく台北に次ぐ地方都市として発展した。(中略)多くの旧跡が残り、現代的な都市景観と併存していることから、「台湾の京都」と呼ばれることがある。台南小吃(中国語版記事)で知られるグルメの町でもある。(wikipedia

tainan_3

駅周辺よりも車で10〜15分ほど離れたエリアに見どころや商店が集まっている印象がありました。まあ歩けなくはないですが、駅からの大通り沿いにはさほど心惹かれる風景もなく、到着時は雨だったこともあり到着すぐにタクシーで宿に移動しました。

よって、台南駅周辺の情報は少なめ。

tainan_1

ところで台南駅で台湾鐵道と東京の東武鉄道のコラボポスターが。そういや友好協定を結んだとかでニュースになってましたっけ。

参考 台湾の駅弁「排骨弁当」、東武鉄道に登場(朝日新聞)

東武の駅で台湾風の駅弁を発売するようになったのもこれがきっかけだったのですね。

台南市内の移動手段

chiayi_lunchbox_27

宿周辺がなかなか見どころの多いエリアだったので毎度のことですが徒歩移動がメイン。

ただ天気のいい日に調子に乗って歩くとかなりマズいことになりそうな暑さの台南。疲れたら無理せずにタクシーに乗るようにしていました。

一度駅前のバスターミナルからバスに乗ろうと試みたのですが電光掲示板に「coming soon」と表示されている目当ての路線が待てど暮らせどカミングせずに諦めてしまったことも。

あらかじめ見たいもの、行きたいところを決めておいてそこからアクセスのいいホテルに滞在して徒歩散策、というのが一番楽しいかもしれません。当たり前か。

台南で泊まったところ

tainan_10

台南にはちょっと面白い民宿やリノベーションホテルがあるらしいよ、と友達に聞いていたので検索。目当ての民宿は残念ながら満室だったのですが、Jia-Jia-at West Market Hotelという小さなデザイナーズホテルを見つけました。漢字で書くと佳佳西市場旅店。

tainan_11

今回は時期はずれだったこともあり遭遇することはありませんでしたが、ここは日本人にも人気のあるホテルのようで。

同系列にJia-Jia-at SNT Temple Hotelというホテルもあり、そちらのほうが駅に近くて便利そうかなと思ったのですが、ややラブリー系のホテルらしく壁紙がピンクだったりすると落ち着かない(多分そんなことはないんだろうけど)私は回避した次第です。

tainan_5

tainan_6

泊まった部屋は普通のシングルだったのでごくごくシンプルな作りだったけれど共用スペースも充実していて朝ごはんも美味しいホテル。

tainan_26

サバヒー(ミルクフィッシュ)と牡蠣の出汁がたっぷりのスープから始まるコース仕立ての朝食はなかなかユニークでした。

tainan_47

台湾一周の旅で泊まったホテルについて詳細はまた改めてまとめようと思います。

※追記 書きました!
関連 台湾一周一人旅 台南でサバヒー粥の朝食が楽しめるリノベホテル。

台南で行ったところ

tainan_27

写真が多すぎて全然選定できていないので今回も駆け足で。結果から言えば台南は私が得意とする地味な街歩きを満喫できる場所でありました。

西市場付近

tainan_45

ホテル周辺の西市場付近はとても賑やか。

tainan_13

tainan_12

tainan_46

人気のジューススタンドや行列のできるソフトクリームショップ、果物たっぷりのデザートを出す店などが並んでいて若い人で溢れていました。個人的にはこういう若さ溢れる雰囲気よりももう少しいぶし銀のローカルエリアが好みなのですが、台湾の若者文化を垣間見れたようで楽しかった。

tainan_40

tainan_44

人がやっと一人通れるかな?というような狭い路地にある小満食堂というリノベーションカフェ風食堂では充実のランチメニューをいただきました。

tainan_42

tainan_41

あまりのボリュームでこの日は深夜までお腹が空かなかった…。

tainan_43

私が食べている間は彼にしか見えない敵に向かって吠えまくっていた看板犬の”うどん”氏、帰りに遊んでもらおうと企んでたのにすっかり夢の中でした。

tainan_75

tainan_74

この他出来立てのさつま揚げをつまみに生ビールが飲める豊発黒輪なんて店もあってホテル徒歩圏内だけでも食事には困ることがありませんでした。

赤崁樓(赤嵌楼、紅毛楼)

tainan_64

台南で最も知られる観光スポットである一級古跡。オランダ統治時代の1652年に建てられたもの。

tainan_67

もちろん当時のまんまというわけではなく幾度も改修がなされていますが、同じ歴史的建造物でも台湾特有の寺廟とは少々趣が異なります。

tainan_65

入館料は50元。

tainan_66

tainan_68

tainan_69

こちらは受験合格祈願のメッカでもあるようなのですが、

tainan_72

合格には受験票添付が効果あり、なのでしょうか。個人情報晒しすぎィ!

台南孔子廟

tainan_36

台湾最古の孔子廟。

tainan_35

こちらも幾度も改修が施されていますが現在の形になったのは日本統治時代のことなのだとか。それでも100年も前なのか。

tainan_33

tainan_32

tainan_34

建物自体もさることながら、正面に咲いていた花の色と空の青とのハッとするようなコントラストが印象的でした。

国立台湾文学館

tainan_31

台南で一番時間をかけて見学した場所がここ国立台湾文学館。

その名の通り文学に関する展示がされているのですが、文学という切り口で台湾と日本の歴史を順に追っていく展示に見入ってしまいました。建物もとてもエレガント。

tainan_30

日本統治時代に台湾の文化人たちは日本と日本の文化をどう受け止めたのか。そして日本にはない風習を持つ台湾の先住民(台湾では原住民と表記)に興味を持った日本人による記録や戦後台湾のエリート層の間でブームとなった日本旅行関連の出版物などが年代を追って展示されています。このスペースのみ詳細な日本語解説つきなのも有り難かった。

そうそう、私がこの旅の前に参考資料として読んだ2冊もここに展示されていました。

 

 

ラストは東日本大震災1年後の東北から台湾への感謝のメッセージビデオで締めくくられていました。

その後近くを歩いていると柱に描かれたこんなメッセージも発見。

tainan_63

この文学館で展示されていて気になった台湾関連の書籍をメモしておいたので戻ったら読んでみようと考えています。

林百貨店

tainan_37

1932年に開業した台湾南部エリア最古のデパート。当時このエリアは「台南の銀座」と呼ばれる台南屈指の商業エリアだったのだとか。

tainan_29

空爆により大きく破損したものの、戦後改修され派出所などとして使われていたのが1980年代には空きビルに。以降2010年から復旧工事が行われ2014年に再び「林百貨店」としてリニューアルオープンしたという長い長い歴史を持ちます。

参考 台湾唯一の史跡指定デパート、「ハヤシ百貨店」 メディアに公開(フォーカス台湾)

入る前はおしゃれリノベーション商業施設ね、くらいにしか考えていなかったのですが、外観も内装も規模もそして商品セレクトもかなりいい。

tainan_39

ありがちな台湾土産が並んでいるだけかと思いきや新進デザイナーによるアパレルやファッション雑貨、台湾らしさが感じられる文具や食器類、そしてパッケージのセンスもよくお土産に喜ばれそうなお茶や菓子類などが小さなフロアに程よく密集していました。

うーん、これからの百貨店ってこういう規模でいいんじゃないかなあ。

そもそもあれこれ揃っていてなんでも買えてこその百貨店、だったかもしれないけれど、どこでも何でも買えるようになった今の時代は例え小規模であってもここにしかない、ここで買いたいと思わせる要素が必要な気がする、なんて考えたり。

神農老街

tainan_15

バーや居酒屋、ライブハウスなどが立ち並ぶ今時エリアの海南路から少し入ればこんな古めかしい街並みが現れます。

このあたりも古い建物をリノベーションした雑貨店やカフェなどがちょこちょこと。京都の町家カフェとかああいう感覚に近いのかもしれませんね。

tainan_24

tainan_23

tainan_25

夜になるとランタンに灯りが入りよりノスタルジックな雰囲気に。ムードある通りだからか、デート中のカップルの姿が多く見られました。

永楽市場 水仙宮市場

tainan_62

滞在場所の近くに市場があれば朝一で必ず覗く。

台南の市場は付近に飲食店も多く並んでいるので朝ごはんついでにぶらぶら出かけて散策するのが楽しい。
※以下ちょっとナマナマしい写真あります※

tainan_60

tainan_61

台湾って外食文化が発達してるけど自炊率ってどんな感じなんだろか。所謂スーパーの類ではあまり新鮮な食材が手に入りにくそうだし、こういう市場で個人の少量買いは可能なのかしら?

小北観光夜市

tainan_16

市場と同様、夜市も滞在場所で一箇所は覗くことをライフワークとしております(嘘)。

駅からはかなり離れた場所にある小北観光夜市に来てみた、けど…閑散としてる。

tainan_17

tainan_18

蛇肉が怪しく誘ってくるけれど休みの店も多い。たまたまかな?

が、この日はちょうど休肝日だったので酒のある店をうろうろ探すことなく気になった店に潜入。

tainan_22

新鮮な牛肉が食べられる台南にはこの牛肉湯なる料理を看板にあげるお店がたくさんあるそうな。

tainan_20

見た目はなんだかアレだけど、いや、これ美味いね。

要は牛しゃぶスープ、みたいなものなんだけど、大量に入った柔らかな牛肉をこれまた大量の針生姜と一緒に食べるのがいい。

tainan_21

お好きな味付けでどうぞ、な卓上調味料。私はネギ入りのピリ辛のタレで食べたけど、周りを見渡してみるとみたらし団子にかかってるヤツみたいな甘いタレをつけるのがスタンダードの模様でした。

花園夜市

tainan_53
これまた駅から結構離れた位置にある台南最大の夜市、花園夜市。

tainan_54

tainan_50

規模が大きいので飲食店だけでなく衣類や小物、そして輪投げやパチンコなどのゲーム系が充実しています。

tainan_49

tainan_59

tainan_58

子供のゲームは微笑ましいけど麻雀コーナーとなると握ってんじゃないかって雰囲気。

tainan_56

これ、ちょっと前に話題になってたアカンやつでしょ。

tainan_57

結構並んでたけど。

tainan_52

tainan_55

さすが台南、ステーキの屋台が多く見られました。

tainan_51

ところでこれだけの規模の夜市でも酒を見かけないのを見てここでようやく気づく私。こんなとこ車かバイクでしか来れないんだから、酒飲めないのは当然か。

交通の便がいいエリアの夜市ならいざ知らず、夜市にわざわざタクシーで乗り付けるなんて観光客以外はいないでしょうからね。そうか、そうかもしれないなあ。

食に関してはこの他にも

tainan_76

あまりの柔らかさにびっくりした羊肉と葱の炒めものとか

tainan_77

tainan_78

日本のインスタントラーメンのルーツと言われる意麺とか

tainan_81

最後の朝に再び挑んだレアバージョン牛肉湯などいろんな場所で美味しいものをたくさん食べたのですが、とんでもない長さになりつつあるので今回はこの辺で。台湾一周を終えたら特に印象に残った食べ物などはまた改めてまとめてみようかな。

ところで今回泊まったホテルにご本人が置いて行かれたと思しき「オモロイ台南~台湾の古都でしこたま食ってきました~」というイラストエッセイがあったのでパラパラめくってみると妹さんの留学中に台南を訪れたという著者のヤマサキタツヤさんは

「台湾料理は味が薄くて甘いものが多い。男には少々物足りないけど女性が台湾が好きなのはこういうところにも理由がありそうな気がする」

というようなことを書いておられました。味云々は男女差によるものではない気もしますが、やっぱり最初に同じ感想を持つ人もいるのだなあ、なんて納得。

台湾は南に行くほどどんどん甘くなる、という前情報を得て少々ビビっていたのですが、選ぶ店と料理のセレクトがビールに合うもの基準な私は甘味の洗礼を受けることなく台南滞在を終えたのでした。

というわけでしつこいですが台湾一周の旅はまだまだ続きます。

関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その4. 台南駅 台鐵素食便當。

 






関連記事

rooftop2

荷物の少ない旅。旅行中の洗濯はどうする?

セブに来て1週間。既に滞在場所は3箇所目になりました。 暫く住んでいたことのあるエリア

記事を読む

ekiben

東京駅でも買える品川名物「貝づくし」はかなり危険な駅弁だった。

さて、またまた移動です。 行き先はまたまた関西方面です。 なんだかんだと言いながらも

記事を読む

酒心館で利き酒

灘の酒蔵巡り その6. 福寿・神戸酒心館で利き酒を愉しむ。灘五郷リターンズ ’16

2015年、2016年と新年行事のように足を運んだ灘五郷の酒蔵巡り。 参考 灘の酒蔵巡

記事を読む

沢の鶴資料館

灘の酒蔵巡り その5. 沢の鶴資料館から甲南漬へ 灘五郷リターンズ’16

あっちこっちへ飛びますが、今日は神戸の旅記録。 昨年行った酒蔵巡りが楽しかったので今年

記事を読む

160806kix_5

スーツケースの重量と関西国際空港第一ターミナルの電源カフェ。

関空から出発するのは3年ぶりくらいでしょうか。 今回は同時期に関西方面にも用があったの

記事を読む

Hualien_lunchbox18

台湾一周鉄道駅弁一人旅 その7. 花蓮駅 花東特蔬便當。

台湾を鉄道で一周しながら各地の駅弁を食べてみるのもなかなか楽しそう。 そんな思いつきが

記事を読む

adventure

願いを叶えるいちばんシンプルな方法。

今日はなんだかいい1日でした。 「いい1日」というのもかなり抽象的な表現ですが、目標に

記事を読む

wf6

セブ島の孤児院訪問で彼らは何を感じたか。セブ島親子留学体験記。

さて、前回の続きです。 参考 成功体験は、作れる。 大人になってから思い返してみ

記事を読む

Pulitzer Hotel Barcelona11

バルセロナ最終日におすすめ 空港行きバス停まで徒歩で行けるおしゃれなホテル。

スペインの旅記録です。 関連 スペインの旅2015 今回はスペインで3箇所のホテ

記事を読む

moalboal_2016_4

ビーチリゾートお気軽一人旅 2016。

またまたやって参りました。 関連 モアルボアルへの行き方とセブシティへの帰り方 201

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ワンタフトブラシ
もう歯医者には行きたくない。

By: Steve Snodgrass[/caption] 人

ニラときくらげの卵炒め献立
ニラときくらげの卵炒め、えのきの梅しそおひたしで晩酌。

ガツンとした炒めものにはやっぱりビール、ですね。 密かに

door.min
ドアノブに少しだけ手をかける。

今更何をぬかすかという感じですが、2017年も後半戦に入って久

鶏肝煮献立
鶏肝煮、おつまみ奴献立。

気持ち悪い。 自分で画像を加工しながら、ちょっとグロいな

moalboal_2016_42
自分のスケールを悟る頃。

先日久しぶりの友人と食事をしました。 久しぶりって、3年

→もっと見る

PAGE TOP ↑