最小限の旅の持ち物、パソコンもカメラも邪魔。

公開日: : 最終更新日:2016/12/21 ミニマルライフ, 旅人への道

身軽な旅をするならば荷物は最小限にまとめるべし。呪文のようにそう唱え続けて幾年月、女性の旅の荷物が増える二大要因のひとつである化粧品問題はそれなりに解消しつつあります。

関連 冬の旅に持参するスキンケアとメイク用品 ’16。

もうひとつの要因である服に関しては旅の目的や行き先によって大いに左右されるのでいいじゃんいいじゃんTシャツデニムでどこでも行っちゃえばいいじゃんとはならず、旅に応じたコーディネイトを都度組むスタイルを取っております。

関連 白シャツ一枚 装いプレイの可能性。

けれど私の旅の荷物にはいかんともしがたい弁慶の泣き所がありまして。




最小限の旅の荷物、パソコンもカメラも邪魔

nikon

旅の荷物が飛躍的に軽くならない理由、私の場合はパソコンとカメラです。

今年の春、スーツケースを持たずにショルダーバッグひとつで3週間の旅に出かけました。

関連 10kgの荷物の目安、スーツケースを持たない旅。

スーツケースを持たないとなると軽さはさらに重要で、カメラとパソコンがなければもっとラクであったのはいうまでもありません。

パソコンはMacBook Airなので重さ薄さ共に許容範囲としても、カメラはどう考えても邪魔。さほど重くはないけれど、何せ形状がアレなので持ち運びにくいしかさばるし。長旅の場合パソコンの不携帯は難しいけれど、今日日スマホで代用可能なカメラはなくてもどうにかなるんじゃないか。

旅の荷物をリストアップする段階になると、毎回そう考えるのです。

記録じゃなくて記憶すべし、は大正解

madrid19

旅先の風景を収めることに夢中でレンズを覗き込んでばかりいるよりも、その時にしか感じられない空気や匂いと共にその目にしっかり焼き付けるべし。せっかくの旅なのに記憶に残っているのはレンズ越しに見た景色ばかりじゃ勿体ない。

そういう意見、よく聞きます。おっしゃる通りだと思います。

プロの方や趣味であってもプロ顔負けの機材を揃えていて堂々と「写真を撮りに行く」旅ができる方ならいざしらず、ドのつく素人が重い荷物は嫌だとボヤきながら10年ものの古い一眼レフを毎回連れ出す意味はあるのかと。

うん、ないよね。意味などない。まるでない。だがそれでいい。

カメラがなかったら荷物はもっとシンプルになるんだよなあと思いはするものの、結局はカメラなしの旅は考えられない。ということは、私の中でのプライオリティは

「荷物の軽さ < 一眼持参」

なのでしょう。

カメラは記憶のスパイスに

Fualiendog2

現状ではどうやら荷物の軽さよりも長年連れ添った相棒を首からぶら下げて町散策を楽しむ時間を重要視しているらしい私。

ファインダーを覗き込むその分直に風景を見つめる時間は減るけれど、シャッターを切るのにはそれなりの理由があって、その瞬間の決心みたいなものが写真と共に後々まで残っていたりもする。それは懐かしい歌を聴けば学生時代の出来事がふと浮かんだり、薄甘い出汁をすすると大好きな店で一緒におでんを食べた彼女のことを思い出したりするのと似ていて、単なる記録のための行為ではなく記憶の中でのスパイスのごとき働きもしているように感じるのです。

身軽な旅がしたいといいつつわざわざ重いカメラを持参する矛盾に満ちた行為。これは立派な機材のあるなし、技術の上手い下手に関係なく、ただ単に撮るのが好きかどうかの問題なんだろうな。当たり前だけども。

ミニマリストの持たない暮らし

きっと今の一眼がダメになったらいよいよ考えるだろうし、ああもう心底重いのはダメだと感じたら持ち出さなくなるのでしょう。それは毎日ヒールを履いていたのにもう無理だなと感じたあの感覚に近いのかも。

関連 40代のファッション、靴と鞄の選び方が変わる理由。

そうなった時は、なんて考えたらさすがにほんのり切なくなるけれど、今はまだありがたいことに腕力も体力も残っている。よって、当然今回も一眼レフ持参で新たな記憶を記録する気満々です。

 






関連記事

By: Tara Angkor Hotel

最小限の旅の持ち物。長期旅行のスキンケア。

By: Tara Angkor Hotel[/caption] 日本を出て約1ヶ月が経過しま

記事を読む

tmt1

お手入れ上手になりたくて。

前回熱を出したのははていつのことだったかしら、と考えてみても思い出せない。 何において

記事を読む

沢の鶴資料館

灘の酒蔵巡り その5. 沢の鶴資料館から甲南漬へ 灘五郷リターンズ’16

あっちこっちへ飛びますが、今日は神戸の旅記録。 昨年行った酒蔵巡りが楽しかったので今年

記事を読む

161223ny3

ニューヨークの旅 格安でも往復プレミアムシートの理由。

ニューヨークへの旅は何度も予定が変更になりました。 関連 私なら行かない。 友人

記事を読む

tinyhouse

タイニーハウスはいらないけれど。スマートサイジング 価値あるものを探す人生

「タイニーハウス」を知っていますか? タイニーハウスとは、その名の通り「小さな家」のこと。

記事を読む

lgandbuy1411

11月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

11月は大きなものは捨てていませんが、それでもちょこまかと整理していたような。 改めて並べ

記事を読む

By: Katja Wagner

一人暮らしの料理 簡単で飽きない自炊のコツ。

By: seoulfully[/caption] 以前調味料に関する記事を書きました。

記事を読む

By: Andy Arthur

リサイクルショップに持ち込んで叱られた話。

By: Kitty Terwolbeck[/caption] 毎月捨てたものと買ったものを記

記事を読む

By: Freya Spargo

ファッショニスタから学ぶ、最高に楽しく生きる人生の極意。

By: Freya Spargo[/caption] この映画、日本に来ないのかしら?

記事を読む

By: Leland Francisco

フィルム時代の写真、整理する?しない?

By: Powerhouse Museum[/caption] 先日「フィルム時代の写真はど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

takamatsu_31
ことでん1日フリーパスで琴平へ 高松日帰り弾丸旅行 その2

フェリーとバスを使った神戸から高松への日帰り旅行。 JR

カシラ塩焼き
カシラ塩焼き、空心菜のおひたし献立。

ご無沙汰しております、家飲み献立です。 しばらく自宅を離

ツイードジャケットコーデ
ナチュラルシンプルファッションは、10年経っても色褪せない。

「ku:nel」が島田順子さん特集でした。 リニューアル

ワンタフトブラシ
40過ぎた大の大人が歯科でまた泣く。

By: Steve Snodgrass[/caption] 今

takamatsu_3
神戸からジャンボフェリーで行く高松日帰り弾丸旅行 その1。

滞在中の神戸から、香川県の高松市へ出かけてきました。 高

→もっと見る

PAGE TOP ↑