最小限の旅の持ち物、パソコンもカメラも邪魔。

公開日: : 最終更新日:2016/12/21 ミニマルライフ, 旅人への道

身軽な旅をするならば荷物は最小限にまとめるべし。呪文のようにそう唱え続けて幾年月、女性の旅の荷物が増える二大要因のひとつである化粧品問題はそれなりに解消しつつあります。

関連 冬の旅に持参するスキンケアとメイク用品 ’16。

もうひとつの要因である服に関しては旅の目的や行き先によって大いに左右されるのでいいじゃんいいじゃんTシャツデニムでどこでも行っちゃえばいいじゃんとはならず、旅に応じたコーディネイトを都度組むスタイルを取っております。

関連 白シャツ一枚 装いプレイの可能性。

けれど私の旅の荷物にはいかんともしがたい弁慶の泣き所がありまして。




最小限の旅の荷物、パソコンもカメラも邪魔

nikon

旅の荷物が飛躍的に軽くならない理由、私の場合はパソコンとカメラです。

今年の春、スーツケースを持たずにショルダーバッグひとつで3週間の旅に出かけました。

関連 10kgの荷物の目安、スーツケースを持たない旅。

スーツケースを持たないとなると軽さはさらに重要で、カメラとパソコンがなければもっとラクであったのはいうまでもありません。

パソコンはMacBook Airなので重さ薄さ共に許容範囲としても、カメラはどう考えても邪魔。さほど重くはないけれど、何せ形状がアレなので持ち運びにくいしかさばるし。長旅の場合パソコンの不携帯は難しいけれど、今日日スマホで代用可能なカメラはなくてもどうにかなるんじゃないか。

旅の荷物をリストアップする段階になると、毎回そう考えるのです。

記録じゃなくて記憶すべし、は大正解

madrid19

旅先の風景を収めることに夢中でレンズを覗き込んでばかりいるよりも、その時にしか感じられない空気や匂いと共にその目にしっかり焼き付けるべし。せっかくの旅なのに記憶に残っているのはレンズ越しに見た景色ばかりじゃ勿体ない。

そういう意見、よく聞きます。おっしゃる通りだと思います。

プロの方や趣味であってもプロ顔負けの機材を揃えていて堂々と「写真を撮りに行く」旅ができる方ならいざしらず、ドのつく素人が重い荷物は嫌だとボヤきながら10年ものの古い一眼レフを毎回連れ出す意味はあるのかと。

うん、ないよね。意味などない。まるでない。だがそれでいい。

カメラがなかったら荷物はもっとシンプルになるんだよなあと思いはするものの、結局はカメラなしの旅は考えられない。ということは、私の中でのプライオリティは

「荷物の軽さ < 一眼持参」

なのでしょう。

カメラは記憶のスパイスに

Fualiendog2

現状ではどうやら荷物の軽さよりも長年連れ添った相棒を首からぶら下げて町散策を楽しむ時間を重要視しているらしい私。

ファインダーを覗き込むその分直に風景を見つめる時間は減るけれど、シャッターを切るのにはそれなりの理由があって、その瞬間の決心みたいなものが写真と共に後々まで残っていたりもする。それは懐かしい歌を聴けば学生時代の出来事がふと浮かんだり、薄甘い出汁をすすると大好きな店で一緒におでんを食べた彼女のことを思い出したりするのと似ていて、単なる記録のための行為ではなく記憶の中でのスパイスのごとき働きもしているように感じるのです。

身軽な旅がしたいといいつつわざわざ重いカメラを持参する矛盾に満ちた行為。これは立派な機材のあるなし、技術の上手い下手に関係なく、ただ単に撮るのが好きかどうかの問題なんだろうな。当たり前だけども。

ミニマリストの持たない暮らし

きっと今の一眼がダメになったらいよいよ考えるだろうし、ああもう心底重いのはダメだと感じたら持ち出さなくなるのでしょう。それは毎日ヒールを履いていたのにもう無理だなと感じたあの感覚に近いのかも。

関連 40代のファッション、靴と鞄の選び方が変わる理由。

そうなった時は、なんて考えたらさすがにほんのり切なくなるけれど、今はまだありがたいことに腕力も体力も残っている。よって、当然今回も一眼レフ持参で新たな記憶を記録する気満々です。

 






関連記事

white_spring

冬から春へ衣替え 白が着たい、白の効果。

暑い。 Tシャツに薄手のジャケットを羽織っただけの軽装でも、暖かいを通り越して暑いと感

記事を読む

skirt2

旅の準備は嫌いだけど片付けは嫌いじゃない。

台湾一周駅弁の旅、レポート途中ではありますが本体は無事帰国いたしました。 旅に出る毎に思う

記事を読む

By: Anthony Easton

シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

久しぶりに髪を切りに出かけて待ち時間に雑誌を広げる。 パラパラとめくると 「シン

記事を読む

heartcake

年末恒例 自分へのご褒美。 それ、ホントに嬉しいの?

年末商戦。 この時期になるとやたらと「自分へのご褒美に」というコピーがあちこちで躍るように

記事を読む

シンプル 瞑想

チェンマイの寺でお坊さんに教わったシンプルな瞑想法。

今回チェンマイまで足を伸ばしたのはとあるお寺で瞑想を体験するためでした。 参考 タイ

記事を読む

By: Leland Francisco

フィルム時代の写真、整理する?しない?

By: Powerhouse Museum[/caption] 先日「フィルム時代の写真はど

記事を読む

taitung_51

台湾一周一人旅 鐵道芸術村に太麻里の海。台東の街歩き。

台湾一周一人旅、6都市目の台東に到着しました。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。

記事を読む

By: sagesolar

40代の痛いファッション。

By: sagesolar[/caption] 昨年高らかに宣言しておきながら結局実現しなか

記事を読む

By: Diego Torres Silvestre

気になる部屋の匂いを消す方法。

By: Diego Torres Silvestre[/caption] 今の季節は在宅時に

記事を読む

handmadesoap

40代のスキンケア。基礎化粧品を変えて1ヶ月が経過。

40代になるとファッションが難しくなる、と先日書きましたが、ファッションと同様に悩むのがスキ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

NYfoods_38
好きなこと、やりたいことでも頑張れない理由。

仕事でも、勉強でも、健康でも、お片づけでも、ダイエットでも。

きつね納豆で晩酌
きつね納豆、ほうれん草のナムルで晩酌。

植物性たんぱく質の鬼、きつね納豆で晩酌です。 油揚げ偏愛

ワンタフトブラシ
40代で親知らずを抜く。

びっしり4本生え揃っている親知らずを抜くことにしました。

豚ロースの梅照り焼き
豚ロースの梅照り焼き、蒸しなすサラダ献立。

そろそろ魚よねえ、魚。 肉が毎日続くのはそう苦にならない

モアルボアル チリバー
漠然とした不安の正体は。

平常心平常心。 そうつぶやきながら微笑むあの坊主は誰だっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑