サンミゲル市場とバル・メソン巡り、チュロスにホットチョコレート マドリードで食べたもの。

公開日: : 旅人への道, 食べること

madrid8

スペイン旅行の記録です。

関連 スペインの旅2015

マドリード名物とか人気のレストランリサーチなんて作業を一切せずに終了したマドリード滞在。

ただただ気の向くままに街を散策して、お腹が空いたら目に付いた店にふらっと入ってワインをオーダーする。
バルセロナと同じくそんなスタイルで楽しんだ旅でした。




一人旅にも最適のサンミゲル市場

サンミゲル市場

気軽にちょこっとつまんでワインを飲みたいけど、一人でバルやレストランに入るのは抵抗あるなあ。という一人旅の人にも持ってこいの食事場所がSol駅とOpera駅の間くらいにあるサンミゲル市場。

Mercado de San Miguel_3

もともとは古い市場だったのがおしゃれなフードコート形式にリニューアルされた、と聞いて本気の市場好きとしてはあまり期待していなかったのだけど、実際行ってみればまあ活気のあること。

Mercado de San Miguel_7

シーフードマリネ

海老やムール貝がこれでもか!と入ったマリネ。
隣ではムール貝を山盛り蒸した料理を1人1皿ずつ食べているカップルがいました。ムール貝を蜆みたいにほいほい食べてる人初めて見たわ。

Mercado de San Miguel_9

牡蠣の専門店も。大きさや種類によって値段が違います。端にちらっと写っているのはコキール的な料理。

spainfood18

あまりに旨くて2日連続で食べちゃった。1日目は2ユーロ、2日目は3ユーロの牡蠣にグレードアップ。

コロッケ

これもスペイン滞在中にかなりお世話になった気がするコロッケ。小さくてカラッとしてるからちょっとつまむのにいいんですよね。私は白ワイン、友人はサングリアで乾杯。

spainfood39

オリーブのおつまみ。奥の皿はスパニッシュオムレツ。おお、こうしてまとめて見るとなんだかんだとよく食べてるなあ。

Mercado de San Miguel_10

Mercado de San Miguel_11

こりゃ楽しいわ。
フードもドリンクもいろんなお店で買ってきたものをひとつのテーブルで食べられるからいろいろつまめて便利。ソフトドリンクやコーヒー、スイーツ類も結構充実しているので酒飲みじゃなくとももちろん大丈夫です。

サンミゲル市場
Mercado de San Miguel、28005 Madrid、

市場付近のバル・メソン街でハシゴ酒

madrid11

サンミゲル市場周辺はバルやメソンと呼ばれる小さな居酒屋が密集しているので食べるのに困ることはありません。

いわゆる「観光客向け」の店が多いですが、酷い料理が出てくることもなければ法外な値段もふっかけられることもなく、観光客の隣のテーブルでは地元民の忘年会らしき会合が行われていたりしてなかなか混沌としていました。

しかしアレですね。この寒いのにみんな外でビール飲んでるのはなぜでしょうね。

Meson del boqueronから始まったPimiento de Padrón祭

Meson del boqueron

「日本語のメニューあります、安くておいしいです、来てください!ありがとう!」

既にいい感じで出来上がっていたのでノリで入ったMeson del boqueron。店内はかなり古めかしい作りで思いの外いいお店でした。

ちょいちょい日本語を挟んでくる店主にどこで日本語覚えたの?と聞くと

「日本語が喋れるわけじゃなくて、メニューを日本語で言えるように練習しただけだよ」

とのこと。なるほどねえ、ちなみに店主はポルトガルの方でした。

Pementos de Padrón

店主のおすすめでオーダーしたのがししとうの素揚げピミエント・デ・パドロン(Pimiento de Padrón)。
この出会いが以降私たちの食卓に変化をもたらしたのです。

Meson del Champinonで大ぶりマッシュルーム

spainfood14

こちらも同じエリアにある小さな店Meson del Champinon。名前の通り、にんにくのきいた熱々のマッシュルームがいただけます。

Meson del Champinon

ちょこっと酸味も加えた大ぶりなマッシュルームはいいおつまみ。

spainfood17

私たちが入った時にはこちらのおじさまの生演奏があり、側の席に座っていたスペイン人団体さんが大合唱してました。

ここでは日本人や韓国人を見かけたのだけど、後々友人が持っていたガイドブックを見てみたら掲載されてた。そりゃ観光客も多いわね。

ししとうの素揚げ

そしてまたここでもししとうを頼む。
いや、これね、ワイン飲みながらちょこっとつまむのにすごくいいんですよ。揚げてる、と言ってもオリーブオイルでカラッとしてるし味付けは塩のみというシンプルさだし、たくさん食べても胃にもたれないしね。

Rincónで大胆に肉を頬張る

rincon

最終日、同じくサンミゲル市場近くでAVEでバルセロナに戻る前のランチに入ったメソン、Rincón。

spainfood20

まずはビール。オランダビールですな。
スペインに来てからおつまみ的な料理をちょこちょこつまみながらワイン、ばっかりだったからどかんと肉でも食べようか、と相談。

spainfood25

牛、豚、羊、なんでもあるみたいだけど、無難にチキンで勝負。

spainfood22

チキンステーキどーん。味付けは塩胡椒にレモンのみ。雑〜。ちゃんと旨いけども。

spainfood23

サラダも雑〜。そしてここでもまたししとうを食べる。

雑、とか言ってますがそれはそれで受け入れますよ。こねくりまわした雑さは嫌だけど、シンプルならばOK。

spainfood24

旅の最後に楽しかったマドリードの時間を想いながらカヴァ・デ・サンミゲルを眺める。ぼんやりワインを傾けるには丁度いい時間でした。

ホテル近くのDoña Juanaでゆっくりランチ

Cerveceria Restaurante Doña Juana SLL

さてこちらは昼食時に立ち寄ったDoña Juana。宿泊したホテルのそばですね。

関連 マドリードのおすすめホテル 安全・便利でキッチンつき。

まあ毎食飲んでるんで昼も夜も関係ないんですが。すぐ横にはValorのショコラティエがあります。

Doña Juana

がっつり飲み食いしているグループもいれば、一人で静かにスープとパンを楽しむおばあさんもいて、かなり自由な雰囲気。

spainfood8

そういや食べてなかったね、ということで

spainfood11

海老のアヒージョをオーダー。
料理自体は至って普通ですが、ここで出たチャバタっぽいパンが妙に旨くて好みでした。このオイルとパンでどんどん呑めるよねえ。

spainfood12

spainfood13

また出た!
こうして比べてみるとここのは少々揚げすぎかしら。

Los Artesanos 1902でチュロスとホットチョコレート

Los Artesanos_5

前を通りかかって気になっていたチュレリア、Los Artesanos 1902。

Los Artesanos_6

夜は混雑している模様だったので朝ごはんの時間帯に行ってみよう、ということに。調べてみると朝7時から営業しているので朝ごはんとしてもおやつとしても夜食としても飲んだ後の〆としても活用されているのかしら。

spainfood3

チュロス専門店というわけではなく普通のレストランのようですが、大半の客はチュロスとホットチョコレートをオーダーしています。こちらは入店時に入り口のレジでオーダーと会計を済ませてから席で待つスタイル。

spainfood

外から見てる時はみんなチュロス食べすぎィ!と思ってたけど、チュロス4つとホットチョコレートのセット(4ユーロ)がベーシックメニューの模様。2人分でも一皿に盛ったら結構なボリュームですね。

さてこのチュロス。揚げたてカリッカリで、甘くない。甘くないどころか、塩っぱい。塩味!

spainfood2

そうか、だからこの濃厚なホットチョコレートをつけて食べるって算段なのですね。

spainfood4

たっぷりとね。

これ、塩味っていうのが憎いところですね。甘いチュロスだったら絶対無理だけど、塩味と甘みの悪魔のバランスですいすい食べられてしまう。と言ってもホットチョコレートの甘さと濃さは半端ないのでそのまま飲む感じではありませんが。

結局友人は3つでギブアップしましたが私は完食。嫌いじゃないのよねえ、甘いのと塩っぱいのの組み合わせ。

朝ごはんにぴったり、とは言えないけれどおやつにはなかなか魅力的。呑んだ後に甘いものが欲しくなるタイプの私は酒の〆としてチュロスを使う気持ち、わからなくもない。いや、本当にそんなことする人がいるのかどうか知らないけど。

Los Artesanos 1902
Calle San Martín, 2、28013 Madrid

以上、今回マドリードで食べたものをざざーっとまとめてみました。
どう考えてもししとうにまみれ過ぎ。なんとなく新しい扉を開けてしまった気持ちでいっぱいです。

 




関連記事

170308ienomi_2

鶏もも肉と水菜の酒蒸し、蕗味噌で晩酌。

お、ふきのとうが出てる。 いつもの八百屋にパトロールに出るとふきのとうが目立つところに

記事を読む

アッシパルマンティエで赤ワイン

アッシパルマンティエ、はちみつドレッシングのアーモンドサラダ。

駆け込み冬メニューシリーズ、今季初のアッシパルマンティエで赤ワインです。 ここ数年一貫

記事を読む

漬物炒め献立

漬物ステーキ、トマト納豆で晩酌。

少し前に作った漬物と卵の炒めもの、所謂「漬物ステーキ」が気に入ったのでまた食べたい。

記事を読む

By: HaPe_Gera

タイ チェンマイで瞑想修行。

By: Jaume Escofet[/caption] そんなわけで只今チェンマイにいます。

記事を読む

鱈(たら)豆腐の献立

たら豆腐、白菜のサラダ献立。

帰宅途中電車に揺られながら今夜の晩酌のことを考えていてふと鱈が食べたいな、と思いました。

記事を読む

つくねと生のピーマン

家飲みつまみ 黄身つくねと生ピーマン、白菜のサラダ。

鶏団子はスープとか鍋物とか、とにかく 「茹でる」 という調理法を用いることが圧倒

記事を読む

沢の鶴資料館

灘の酒蔵巡り その5. 沢の鶴資料館から甲南漬へ 灘五郷リターンズ’16

あっちこっちへ飛びますが、今日は神戸の旅記録。 昨年行った酒蔵巡りが楽しかったので今年

記事を読む

kirin_13

その先にある世界観。オフホワイトとのマリアージュを探る夜。

用事ついでに目黒駅周辺を散歩していたわけですが。 関連 権之助坂に酉の市。東京散歩・目

記事を読む

手羽先とキャベツのにんにく蒸し

家飲みメニュー 手羽先と春キャベツのにんにく蒸し、自家製切り干し大根。

ビールを呑もうかな、と思いました。 だってねえ、あんな陽気を持ってこられちゃうっかり気

記事を読む

141130d3

家飲み献立 豚と小松菜で常夜鍋。

なんだかあっという間に11月も終わりですね。 明日から12月。 ということは、本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

save my bag missweekender
軽くて大きい、使い勝手のいい鞄を探して。

旅にも使えるやや大きめでとにかく軽い鞄が欲しい。 ずっと

アッシパルマンティエで赤ワイン
アッシパルマンティエ、はちみつドレッシングのアーモンドサラダ。

駆け込み冬メニューシリーズ、今季初のアッシパルマンティエで赤ワ

nerima22
逃げよ、生きよ。孤独は怖いか、苦しいか。

内向的な人間には参考になる部分が多いと思う。 こんなコメ

一人暮らしの晩ご飯
玉ねぎと卵の炒めもの、煮こごりで家飲み。

残りもの寄せ集めの晩酌献立。 煮浸しと卵炒めは作りました

150812lg
モノを持たない暮らしなんて味気ないと感じる理由 。

先月限界点を大きく突破した箸を処分しました。 関連 暮ら

→もっと見る

PAGE TOP ↑