僕らが旅に出る理由 その4 ~世界は広がっていなかった~

公開日: : 最終更新日:2015/08/10 旅人への道

shibuya.min

10年って人や環境が変わるのに十分な長さなのだなあと改めて思います。

2004年、まだ30代で自分が何をしたいのか全くわかっていなかった頃には、まさか10年後に自分が海外生活を経て東京のシェアハウスで荷物を減らしまくる生活をしているとは夢にも思いませんでした。

私がミニマリストを目指しているのは思い立ったらすぐ旅に出たいから。いつも身軽に、モノや場所に縛られない人生を謳歌したい。それが現在の目標です。

>>参考
僕らが旅に出る理由 その1
僕らが旅に出る理由 その2
僕らが旅に出る理由 その3




 

会社を辞めなかった本当の理由

「もうこの会社にいても、やりたいことはできないかもしれない」

そう確信していた上に、いくつかの会社からお誘いの話もあったのにも関わらず、私はその時会社を辞めることができませんでした。

一番の理由は、責任を感じたから。
当時の新規プロジェクトに関わっていたメンバーの何人かは業務縮小を理由に退職しました。その気持ちは痛いほどわかったし道半ばにして夢を諦めざるを得なかった悔しさを考えると申し訳ない思いでいっぱいになりました。
一時は自分も辞める方向に傾いたのですが、一部門の責任者である以上、自分がここで抜けるのは間違っているのではないか、と考えなおしました。

…というのは、自分自身に対する「表向き」の理由。

もっともらしい理由が欲しくて「責任」という耳障りのいい言葉で自分を納得させていましたが、結局は自分のやりたいことや新しいチャレンジよりも、安定を選んだに過ぎません。
慣れ親しんだ社風、長年かかって獲得した発言力のあるポジション、そして十分な報酬を手放すのが怖かったのです。
今思えばとても小さなものですが、当時の私にとっては、それが全てに思えました。

地元を出ることすら考えたことのなかった私が仕事でいろんな地域を飛び回る生活をしたことで

「自分の世界が広がった」

と感じていたのに、結局私の「世界」は、会社の中と名刺交換から始まる繋がりでしか広がっていないとてもちっぽけなものでした。
私なんて今の肩書きがなければどこへも行けないし、何にもできない。
だからこそ、自分のやりたいことを追求するよりも、このポジションを守ることを優先するのが「正解」、なのだ。
そう結論付けました。

そしてそもそも「自分のやりたいこと」が何なのかもよくわからなくなっていたのです。

それでも仕事は好きだったし、愛社精神も人一倍強かった私。

「また頑張って一からやり直して、いつの日か新しいプロジェクトを立ち上げよう」

そう決意して本社でデスクワークを繰り返す日々を送ったものの、結局それ以降は仕事に対する情熱が戻ってくることはありませんでした。

つづく。

 




関連記事

mt.fuji

行ったことのある都道府県マップを作ってみた。

タイトル部分に「旅に纏わるライフログ」と書いてあるわりには旅についての記事が少ないこのブログ

記事を読む

パシフィックセブリゾート 桟橋

パシフィックセブリゾート滞在記録 セブ・マクタン島。

今回はリゾートを楽しむ旅ではない...といいつつ、ちゃっかりリゾートホテルにも宿泊しています

記事を読む

By: MIKI Yoshihito

荷物の少ない旅。スーツケースは不要?

By: MIKI Yoshihito[/caption] 今回の旅では初めてLCC(Low

記事を読む

モアルボアル滞在記2016

モアルボアルへの行き方とセブシティへの帰り方 2016。

夏休みはフィリピン・セブ島のビーチリゾート、モアルボアルで過ごしました。 またか、とい

記事を読む

kanga

旅の荷物、便利な小細工と必需品。

雑誌やサイトで 「女性の海外旅行の必需品は?」 などというお題でいろんなグッズを

記事を読む

By: greg westfall

ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

先月バンコクからフィリピンへのフライトの際にマニラ空港で8時間のトランジットがありました。

記事を読む

taiwan-takami33

高美湿地へのアクセス方法と帰り方 台湾一周一人旅。

台中の旅行記にてまた改めて書きます、と宣言しておきながら書いていなかった高美湿地の詳細記事。

記事を読む

wf6

セブ島の孤児院訪問で彼らは何を感じたか。セブ島親子留学体験記。

さて、前回の続きです。 参考 成功体験は、作れる。 大人になってから思い返してみ

記事を読む

travelbag2

身軽な旅を実現するために大切なこと。

昨年のタイ旅行でホステルの便利さにすっかりはまった私。 関連 バンコク女性一人旅。ゲス

記事を読む

BB&CCクリーム

冬の旅に持参するスキンケアとメイク用品 ’16。

By: lina smith[/caption] 旅の荷物を少なくするべくスキンケアもシンプ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

closet-hanger
クローゼットの鍵を握るハンガーとくだらない背徳感。

整理しては散乱させてまた整理、を繰り返していたその昔。

トマトと卵の炒めもの献立
トマトと卵の炒めもの、わかめ納豆献立。

そろそろトマトでも食べましょうかという気分になってきました。

mabolo
数字が示す真実と、理解しない適当さ。

体感としてなんとなく予想はついていても、実際の数値を示されると

たらと新じゃがの塩煮
たらと新じゃがの塩煮、小葱と油揚げの酢味噌和え献立。

たらとじゃがいもの組み合わせが食べたくなって、シンプルな塩煮に

akabane57
過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

一人暮らしかつフリーランスなもので、一人行動にまつわる話をよく

→もっと見る

PAGE TOP ↑