妥協せずとも欲しいモノを作れる強さ。

先日とある会で知り合った女性が食事中に真剣な顔で

「私、食べることに対してただならぬ情熱を持っているんです」

と言い放ちました。

「だって、美味しい食べ物って確実に喜びを得られるとても簡単な方法じゃないですか」

なるほど。
そのきっぱりとした物言いになんだか感動してしまった私なのでした。




帯に短し襷に長し

さて今日は所用で銀座へ。
要件を済ませた後は重点的に旅行用の鞄を見て回りました。

去年の旅で新調しようと考えるも重量で断念したトートバッグ。

関連 L.L beanのトートを旅のお供に、と考える。

私の望む軽くて、容量があって、なおかつデザイン性の高いそれはないものかねえとあちことチェックしていたのでした。なんか去年と同じことしてるなあ。

どの店もわかりやすいところで旅行用鞄が展開されていたのはなるほど、もうすぐゴールデンウィークだからですね。今は一年で最も旅行用鞄が売れる時期なのでしょう。そしてもう目が回るくらいにさまざま種類がある。なんという選択肢の多さ。いやー、日本って凄いね。

が、欲しいものは見つからない。

軽くてサイズ感のいいものはアウトドア系だったりスポーティーなタイプだったりすることが多く、この手のラインが絶対にダメな私は手を出せない。ファッション的に合わないってのもあるけれど、人間性からしてもうダメ。なにしろスポーツとかアウトドアと最も対局の場所で生きてきたゆえ仕方ありません。

で、デザイン的にこれなら、というものはサイズが小さすぎたり素材からして重すぎたり。旅用と割り切って軽さ優先で考えればナイロン製の折りたたみトートとかボストンを狙えば一件落着なのでしょうが、花柄もディズニーキャラクター柄も嫌だし、え、なんでそこにそんなロゴつけたの?何その英文?そしてなんで蛍光色?みたいなのばかりで私の想いを全てを叶えてくれる代物はなかなか見つからず。

世の中にはこんなにたくさんの種類の鞄が存在するというのにまさに帯に短し襷に長し。難しいもんですね。

いや、難しいというか、旅行用の鞄なんて各ブランドそれはそれは念入りにリサーチを繰り返した上で商品開発されているはずなのでここがイヤそこがダメとか言ってる私の感覚のほうがそもそもズレているのでしょう。一般基準値に迎合するつもりもないので仕方ないけど。

欲しいものが作れる強さ

ふらふらとウィンドーショッピングをしていてふと見かけたワンピースに一目惚れ、なんてのはよくある話ですが、確固たる目的と理想を追い求めてる時にはなかなかこれというものにたどり着けない。まあ自らストライクゾーン狭めまくっているのが原因だけれど、どうしてもこういうのじゃなきゃダメ!と譲れないのであればオーダーメイドするか自作するかしか道はありません。

そういやその昔高校生の頃、我が校の女子の通学鞄はほとんどが自作のトートバックだったなあ。生地屋さんでお気に入りの柄選んで買ってきて、好きなサイズに裁断して、ミシンで縫うの。縫うといっても2枚合わせて端をガーって直線縫いして裏返すだけなので恐ろしく洋裁センスのない私でさえ3年間で何枚か自作したものです。

懐かしい。あの文化は年代的なものだったのだろうか、それとも地域限定のトレンドだったのだろうか。いずれにしても今となっては直線縫いすらできる気がしません。よって、理想の旅バッグを自作することは叶わない。

私の周りは服飾系専門学校出身の人間が多く、彼女たちはいともたやすく自分好みのアイテムを手作りしていました。そして時が経ち出産を経ると当然のごとく子供服もスイスイと創作。いやはや、凄すぎます。

自分が欲しいもの、必要なものを自分で作る。
それができるのって強いよねえ。

ミリ単位で布を折り返してアイロンを当てるなんて基本の作業すらできない私は服も鞄も近似値にて既製品を探し当てるしか術はない。生み出す技術のある彼女たちの凄さと強さを改めて感じたのでありました。

これは別に服とか鞄とか裁縫関係のみならず、米や野菜などの農作物ならなおさら。さらにはインテリアとか家とか、もっと言えば自分の気分とか立ち位置とか仕事だって同じことが言えるわけで。

関連 自分の仕事は自分で作る、これからの働き方。

自給自足の力強くも美しい生活に憧れはするけれど、車の運転すらままならない中途半端な都会っ子にはそれはそれは難しいことなんでしょうね。

簡単に望みが叶う「自作」

そう考えたら特別な技術を必要としない料理とはなんと手軽なことか。

材料の買い出しに行くだけで今食べたいものを自分の好みの献立と味付けで実現することができる。しかも、ものの数分で。
洋裁だって和裁だって農業だってなんだって、それ相応の知識や技術を必要とするのに、料理はそれが必須ではない。極端に言えば美味しいご飯炊いて美味しい卵落として美味しい醤油垂らすだけでもう美味しいんだもの。ある意味完璧なんだもの。

食べることに関して情熱はあれど、それを堂々と口にするのはなんだか憚られるような気もしていたここ数年。

関連 食べることは生きること。

冒頭の彼女の言葉になんとなく感動したのはその潔さだけでなく、私の思っていたことを見事に言語化してくれたからでもある気がします。なんだか、ありがとうという気持ち。

ミニマリストの持たない暮らし

相変わらず話があちこち飛びまくっていますが肝心の鞄問題は結局未だ解決を見ず。

結局のところ現在所有している鞄で対応しそうな気配が濃厚ですが、そうなると旅行期間に対する衣類の数が恐るべき量になりそうでいろいろ凄いです。まあそれはそれで面白いからいいのかな。少ない服を本気で着回す本領発揮って意味ではね。

 






関連記事

By: Thomas Beck

好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを逃している。

By: Thomas Beck[/caption] 先日民放ラジオ101局特別プログラムなる

記事を読む

By: Jenny Ondioline

今日捨てたもの 6/6 使い切りたいモノを招き入れる。

By: Jenny Ondioline[/caption] 最近改めて気になり始めたボロボロ

記事を読む

By: Mustafa Sayed

海外在住女性はなぜ化粧をしなくなるのか。

By: Pete[/caption] ここ1ヶ月ほどフィリピンやタイにいて新しい出会いもあり

記事を読む

By: Pedro Ribeiro Simões

ほうれい線のその後と変わりゆくことへのもどかしさ。

By: Ghost of Kuji[/caption] 「夜電車に乗ってると、窓に映った自分

記事を読む

tvandchair

携帯電話、電子レンジ…手放しても困らなかった6つのモノと習慣。

内容は人それぞれではありますが、生活必需品って実はそんなに多くはないものです。 転居を

記事を読む

By: Kylir Horton

少ない服でもおしゃれがしたい旅の準備・冬。

By: Kylir Horton[/caption] 12月に入ったねえと言いつつものんびり

記事を読む

By: Sandra Cohen-Rose and   Colin Rose

秋ファッション、カシミヤニットのコーディネートを再考する。

By: Sandra Cohen-Rose and Colin Rose[/caption]

記事を読む

By: Saxbald Street Photography

「今の自分」に似合う服 パーソナルスタイリストの視点とは。

By: Jason Hargrove[/caption] 随分昔の話ですが、知り合いからとあ

記事を読む

redred

なぜ捨てられないのか、わからない。

結構勢いよく捨てているように思われるかもしれませんが。 夏ものに着手する前から、何度も

記事を読む

By: VFS Digital Design

ブランド品の空き箱を大事に取っておく理由。

By: scarletgreen[/caption] 近頃は過剰な包装を排除する風潮が強くな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ワンタフトブラシ
もう歯医者には行きたくない。

By: Steve Snodgrass[/caption] 人

ニラときくらげの卵炒め献立
ニラときくらげの卵炒め、えのきの梅しそおひたしで晩酌。

ガツンとした炒めものにはやっぱりビール、ですね。 密かに

door.min
ドアノブに少しだけ手をかける。

今更何をぬかすかという感じですが、2017年も後半戦に入って久

鶏肝煮献立
鶏肝煮、おつまみ奴献立。

気持ち悪い。 自分で画像を加工しながら、ちょっとグロいな

moalboal_2016_42
自分のスケールを悟る頃。

先日久しぶりの友人と食事をしました。 久しぶりって、3年

→もっと見る

PAGE TOP ↑