セブ島長期滞在におすすめ キッチンつきアパートメントホテル。

公開日: : 最終更新日:2016/08/30 旅人への道

alicia-apartelle-cebu_28

今回セブシティで滞在したキッチンつきのアパートメントホテルがなかなか快適だったのでご紹介します。

セブ島に関する記事をいくつか書いているからか

「セブ島ロングステイにおすすめのホテルを教えてください」

というお問い合わせを少なからずいただくのですが、これまで自分自身が旅行者として滞在したホテルがなかったために具体的にお教えできず。が、ここはフィリピンは初めてまたは不慣れという方でも安心して滞在できるのではないかと感じたので情報をシェアします。




セブ島ロングステイにおすすめアパートメントホテル

alicia-apartelle-cebu_22

今回滞在したのはセブシティ、バニラッドエリアにあるAlicia-Apartelleという施設。

大通りを渡ってすぐ向かい側がロビンソンスーパーやカフェ、各国料理レストランなどのテナントが入っているバニラッドタウンセンター(BTC)、ホテル側の道沿いを3分ほど歩けばおなじみジョリビーMangInasalなどのファストフードショップやレストラン、大型スーパーなどがずらりと並ぶローカル感満載のショッピングモール、ガイサノカントリーモールがあるなかなか賑やかなロケーションです。日本食材を専門に取り扱うスーパーや居酒屋が点在していて日本人が多く住んでいるエリア、ASフォルチュナも徒歩圏内。

alicia-apartelle-cebu_20

1Fはレセプションと広々としたロビー。

alicia-apartelle-cebu_21

ゲストがゆったりくつろげる大きなソファや集中して仕事ができるビジネスセンターもありました。ビジネスセンターにはパソコンが設置されていましたがおそらく日本語環境はないかと。wifiはロビー、お部屋ともなかなか快適です。

alicia-apartelle-cebu_29

豪華さはないけど過度なデコレーションもないのが好印象のインテリア。

alicia-apartelle-cebu_15

2Fにはあかるいテラス。

alicia-apartelle-cebu_19

昼間ここで過ごすのはさすがにちょっと暑すぎるけど、涼しくなる夕刻にはなかなか快適なスペースとなります。ちなみに館内は全て禁煙。このテラスだけが唯一の喫煙スペースとなります。

テラスの隣はお子様に大人気のプールとジャグジー。

alicia-apartelle-cebu_18

日中に子供を水に浸けて疲れさせるのが最も有効な活用法かと思われますが、そこそこ大きなプールなので大人の気分転換にも使えそう。プールサイドでタオルの貸出あり。

さて子供といえば2Fにはキッズスペースもあります。

alicia-apartelle-cebu_14

滑り台とかロッククライミング的なモノとか電動のキッズカーとか幼児から小学校低学年くらいの子供が飽きずに遊べるあれこれを完備した広々としたエリア。

alicia-apartelle-cebu_16

しかし子らはキッズスペースを飛び出し乗り物を駆使してどこまでも暴走するのであった。

alicia-apartelle-cebu_13

同じく2Fにはジムスペースもあり。こちらは滞在費とは別に料金がかかるとのことですが、きちんとトレーナーさんがついてくれるそうです。

この他共有スペースにはレストランやランドリースペースがあります。

キッチンつきワンベッドルームの様子

alicia-apartelle-cebu_8

私の部屋はBTCのほぼ正面に当たる位置にあるキッチンつきワンベッドルーム。

alicia-apartelle-cebu_30

写真がアレでわかりにくいですが、入り口入ってすぐが簡易キッチンに4人掛けの大きなテーブル、ソファ、テレビが設置されたリビングスペース。壁面には大きな姿見もあります。

alicia-apartelle-cebu_10

簡易キッチンはIHヒーターに流し、作業スペース、冷蔵庫。鍋やケトル、フライパン、炊飯器、コーヒーメーカー、電子レンジ、包丁にまな板、食器やカトラリー類一式があらかじめ準備されているので材料さえ揃えばすぐに料理ができるようになっています。また、ウォーターサーバーが部屋内にあり、フロントにお願いすれば90ペソで5ガロン(19リットル)のボトルを設置してもらえます。セブの水道水は飲料水及び調理には不向きなので自炊するならマストなサービス。

alicia-apartelle-cebu_2

そして奥がベッドルーム。こちらの部屋にはバルコニーと小さなクローゼットがあります。

関連 持たない暮らしと旅の小さなクローゼット。

いずれの部屋にも大きな窓があるので日当たりは抜群。ていうか、昼間はさすがに暑い。各部屋にエアコンがあるので問題ないですけど。

alicia-apartelle-cebu_12

ベッドルームの奥が洗面スペース。バスタブはなし。

alicia-apartelle-cebu_24

部屋から2Fのテラスを見下ろした風景。3F部分にも広いスペースが見えたのでおそらくテラスつきの広いお部屋もあるのかな。

alicia-apartelle-cebu_25

プールは夜も開放されています。

alicia-apartelle-cebu_26

夜の風景。こうしてみると街のど真ん中って感じですね。

よかったところ

  • 居住スペースとして十分な広さ
  • 個室・共有スペースとも施設が充実
  • 館内が清潔
  • スタッフが親切
  • ハウスキーパーが1日2回も来てくれる
  • 便利なロケーション
  • シンプルな内装

全体的に好印象のこの施設。セブシティに長期滞在する方の目的は仕事の都合か留学かが多いと思うのですが、いかんせん問題となるのが治安に関する不安と食生活。

関連 セブ島の食と物価、フィリピンレストラン事情 2016。

特にお子様に好き嫌いやアレルギーがある場合はずっと外食というわけにはいかないのでキッチンつきのアパートメントがよい選択だと思います。食材は近隣のスーパーで買えるし、やや割高ではあるけれど日本製の調味料なども多く販売されています。
この付近がセブシティの中で特に治安がいい!というわけではない(悪いわけでもありません)けれど、施設内に子供が遊べるスペースがあるのはなかなか便利ではないでしょうか。

悪かったところ

  • 騒音が気になる
  • 横断歩道がない
  • ランドリースペースの競争率が高い

私が滞在した大通り沿いの部屋はとにかく車の往来が激しいので深夜まで結構賑やか。私のようなおやすみ3秒のび太くん的な方なら問題ないですが、気になる場合は大通りとは反対側のお部屋をリクエストするといいかも。
また、部屋数に対して洗濯機の数が少なくかなりの割合で使用中なのもネック。私は得意の手洗いでやり過ごしましたが、ファミリーで滞在の場合は近隣に点在するランドリー店を利用したほうが早いかも。
そしてこのバンバン車が通る大通りに横断歩道がないのはどうにかならないものか。ってこれは別にホテルの責任じゃないのでどうしようもないですが、BTC側への横断には十分ご注意を。

alicia-apartelle-cebu_23

とデメリットも挙げてはみましたが簡素な作りながら生活に必要十分なあれこれが揃っており、なおかつロケーションも便利なのでここは長期滞在の宿としておすすめできるなあと感じた次第です。

が、合う合わないは個人差があるのは当然。AgodaExpediaBooking.com など大手予約サイトでも取り扱いがあるのでまずは数日〜1週間程のお試し滞在をして居心地をチェックしてみてから長期契約をすることをおすすめします。お試し期間中に気になるところをクリアしておけばその後の滞在がグッと快適になりそうです。

Alicia-Apartelle

いやいやこういう至れり尽くせりのアパートメントじゃなくて、もっと質素でいいからとにかく安い宿を探しているのだ、という方にはお隣のAlicia Residencesがオススメ。

こちらはファミリーではなく、地方から出てきてセブ市内の大学で学ぶ学生がメインターゲットゆえに館内はさながら学生寮といった感じ。こちらの施設も見学させてもらいましたがライブラリや共有スペースで自習に勤しむ若者の姿が多くみられました。滞在費も前述のアパートメントに比べてグンとお手頃なので価格重視の方はこちらを。

以上、セブ島ロングステイにおすすめのアパートメント情報でした。実はここを長期滞在先としておすすめする理由は他にもあるのだけど、それについてはまたいずれ。




関連記事

room mate laura hotel_7

マドリードのおすすめホテル 安全・便利でキッチンつき。

スペインの旅記録です。 関連 スペインの旅2015 今回はマドリードで泊まったホ

記事を読む

By: Garry Knight

最小限の旅の洋服。暑い場所でストレッチスカートを着回す。

By: Garry Knight[/caption] 今回の旅は「増やさない」がコンセプトだ

記事を読む

タイ バンコク

旅行の荷物は準備不足で増えていく。

そんなわけでバンコクに入りました。 タイも約1年ぶりでしょうか。 まあこの1年は珍し

記事を読む

thaisoup

パクチーが食べられない日本人がタイで暮らせるのか?

食の好みは年齢とともに変わるけれど、中には一向に食べられるようになる気配が訪れないものがあり

記事を読む

kodama9

「こだま☆楽旅IC早特」 時間を贅沢に使う旅。

前回年末の帰省ラッシュ真っ最中に果敢に挑戦して玉砕(当たり前)してしまった「こだま☆楽旅IC

記事を読む

By: Stephane Mignon

旅のファッション 荷物を少なくするため洋服は現地調達すべし?

By: 白士 李[/caption] そろそろ旅の準備をしなければ。 なんて言いつつも

記事を読む

マッサマンカレー アソーク

一人でもマッサマンカレーが食べたい!バンコク女性一人旅の食事 その1。

一人旅は気楽で楽しいけど、食事する時に困るよね。 そんな声をよく聞きます。 確かに、

記事を読む

By: Tom Beatty

旅行鞄をスーツケースからトートバッグにチェンジ。

By: Andrei Dimofte[/caption] セブ島に到着して早2週間が経過しま

記事を読む

alicia-apartelle-cebu_9

家を持たない旅暮らし。

8月ももう後半。 そして2016年も絶賛後半戦といったところですが、今年は現時点で既に

記事を読む

By: Barbaro Bar Bar Notable

孤独でも楽しそうな日本人 身軽な一人旅派は今後も増えるか。

By: Moyan Brenn[/caption] 去年発表された2014年のデータですが。

記事を読む

Comment

  1. まもいちまま より:

    セブで実践するもたない生活に登場するTさんが滞在されているホテルはどちらのホテルでしょうか?差し支えなければ参考に教えて頂きたいです。

    • crispy-life より:

      まもいちままさま

      コメントありがとうございます。
      先ほどメールをお送りしておりますのでそちらでご確認くださいませ。

  2. ぱぱいやん より:

    こんにちは、楽しく拝見させていただきました。
    私も”セブで持たない生活を実践されているTさん”が滞在されているホテルを教えていただきたいです。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • crispy-life より:

      ぱぱいやんさん

      コメントありがとうございます。メールを送りましたのでご確認くださいませ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

save my bag missweekender
軽くて大きい、使い勝手のいい鞄を探して。

旅にも使えるやや大きめでとにかく軽い鞄が欲しい。 ずっと

アッシパルマンティエで赤ワイン
アッシパルマンティエ、はちみつドレッシングのアーモンドサラダ。

駆け込み冬メニューシリーズ、今季初のアッシパルマンティエで赤ワ

nerima22
逃げよ、生きよ。孤独は怖いか、苦しいか。

内向的な人間には参考になる部分が多いと思う。 こんなコメ

一人暮らしの晩ご飯
玉ねぎと卵の炒めもの、煮こごりで家飲み。

残りもの寄せ集めの晩酌献立。 煮浸しと卵炒めは作りました

150812lg
モノを持たない暮らしなんて味気ないと感じる理由 。

先月限界点を大きく突破した箸を処分しました。 関連 暮ら

→もっと見る

PAGE TOP ↑