毎日同じことの繰り返しでつまらない人生を送り続けるのか。

公開日: : 最終更新日:2016/11/11 生き方と考え方

大人になると日常生活で大概のことはうわの空でもできるようにになっているので、何も考えずに過ごしていたら特に新しいチャレンジなんてしないものだな、と改めて実感。

そう、今月のキャンペーンの話です。

参考 新しいことを始める、全然怖くない方法。

今月がスタートしてまだ3日目ですが「毎日何か新しい行動、選択をする」って、自分で意識しなくちゃ案外難しいことだったんだと気がつきました。

え、実感するの早すぎ?




新しいことに出会う、と自分からする、は違う

新しい体験をすること自体はよくあると思うのです。お土産にもらって初めて食べた果物とか、人事異動で新しい部署に変わったとか。でもそれってどちらかといえば棚ぼたな初体験。自分の行動によるものではありません。

自分の行動のみに限って言えば、別に考えなくてもできることは特に変えようなんて思わないのかもしれない。

例えば昨日はいつも使わない駅の出口を使ってみたわけですが、なぜここを使ったことがないかといえば、単純に遠回りだからです。使わなくちゃいけない理由はどこにもない。よって昨日は本当にこじつけくさい動機により利用しただけですが。

別に駅の出口だけじゃなく、電車に乗るとか歯磨きをするとか、特に注意や努力を必要としない慣れた行動や作業に関しては、普段は特に思うところもなく無意識に繰り返しているわけです。

そして、その間自分の心や思考は今日の仕事の段取りとか帰りはスーパーに寄ってキャベツ買おうとか、今この瞬間ではない別のところを彷徨っている。実は小さな初体験や新しい行動を取っているのに、もしかしたらうわの空すぎてそのことにすら気がついていない、のかもしれません。

まあひとつひとつの行動を

「はて、いつもこの道を通って帰宅しているけれど、果たしてこれは正しい行いなのだろうか」

なんてわざわざ頭の中で指差し確認しながら生活するのは大変なので、これが普通の状態ではあるのですが。

 

毎日同じことの繰り返しは退屈か

ところでズボラでがさつな私にその適性がないからか、毎日同じことを丁寧に繰り返す能力のある人にはどこか憧れに似た感情を抱きます。伝統工芸を作り続ける職人然り、毎日家族のために家事一切を引き受ける専業主婦然り。

そしてそれを心底「楽しめる」人って、毎日同じ繰り返しの中にも何かしらの改善や工夫を加えているんじゃないかと推測するのです。若しくは、寸分違わず同じにできるかという部分に繰り返す面白みを見出している、とか。

同じことをしているようでいて、些細な変化や自身の成長を観察して人知れず楽しんでいる。

今でこそ普通の毎日を丁寧にはできないまでもそこそこ面白がれるようになった私ですが、以前は繰り返し、というと本当に何の工夫もせず何も考えず、ただ無意識に繰り返して挙句の果てに「毎日同じでつまらない」とか言っていたような気がします。これってまさに「服を買うなら、捨てなさい」に出てくる一切アップデートしようとしない懐メロショー予備軍ってヤツですね。

それも若さゆえ、だったのかしら。

つまらない毎日を劇的に変えてくれる何かの存在

工夫しようともせずに毎日つまらないなどと考えるのも若さゆえの未熟さ。そう考えるとやっぱり歳を取るのは悪くないと思えるけれど、もしも毎日が同じことの繰り返しでつまらないなんてブツクサ文句を言っていた頃にこの実験をしていたら何か変化があっただろうか?とも考えるのです。

いや、あの頃は「そんなことやっても意味ないし」でスルーしていたかもしれないな。何しろ、自分ではない何かや誰かが私の人生を劇的に変えてくれると信じていたんだから。

参考 モノを減らしても、残念ながら人生は変わりません。

大それたことじゃなくても自分の選択で新しい行動を起こし続けるこの実験。
せっかく(?)思いついたお遊びなので1ヶ月は続けようと考えていますが、もしかしたら新しい行動を起こすことそれ自体にはさほど意味なくて、「今日の自分に何かできることはないか、改善点はないか」という視点を持つこと、そして今この瞬間に自らに問いかけることこそが大切なのかもしれない、などと感じた3日目なのでした。

ううむ、一体この実験はどこに着地するのだ。最終的には私お得意の「変化があろうとなかろうと、楽しけりゃどっちでもいいじゃない」になりそうな気配も濃厚ですが。

こういうこと考え始めるとそこはかとなく禅問答モードが発動しますね。

※追記 ゴールしました
参考 毎日同じでつまらないなら、新しいことをすればいい。

 




おすすめ記事

関連記事

By: IvanWalsh.com

機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

By: Andrey[/caption] 突然ですが、私の人生の大テーマに 「常に機嫌

記事を読む

By: Manu Praba

母が憎い、娘が憎い。母と娘の確執と家族の距離感。

By: arileu[/caption] 普段は静かな我が町内ですが、珍しく異様に騒がしい夜

記事を読む

credit

独身女性 クレジットカードとどう付き合う?

基本的にいつもニコニコ現金払いが好きです。 ローンを組むのはストレスでしかないと思うの

記事を読む

By: Tri Nguyen

一人暮らしは気楽だけれど、一人じゃないって素敵なこと。

By: Tri Nguyen[/caption] 一人暮らし歴がそれなりに長くなってきました

記事を読む

ニューヨーク 地下鉄

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

By: xanday

遺伝子レベルで太陽を欲している。

By: xanday[/caption] 両親宅を訪問するとそこには知らない外国人がいた。

記事を読む

By: gags9999

嫌な中にも好きなことを見つける理由。

By: Thomas8047[/caption] 今日から12月。 本格的に寒くなってきた

記事を読む

By: Sherrie Thai

2015年後半戦突入!下半期の運勢を占う。

昨年末になんとなく書いた占いの話。 参考 2015年の運勢を占う。 年末年始の縁

記事を読む

neet

18歳から42年間引きこもり 「テレビを見てたら60歳になっていた」

この話が真実なのかどうかは知る由もありませんが。 参考 18歳から42年間引きこもった

記事を読む

By: SpokaneFocus

おひとりさまのマネープラン 独身女性向け無料セミナーに行ってみた。

By: woodleywonderworks[/caption] 独身女性のマネープランにつ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

By: Maurizio Costanzo
痛いおばさんファッションのその後と女子の謎。

その後もたまにやってます、痛いおばさんコーデ遊び。 関連

菜の花とまぐろのごま和え
菜の花とまぐろのごま和え、焼きさつま揚げで家飲み。

残り物総動員といった感のある献立。 さつまあげ、まぐろ、

nikon
暮らしの定点観測のすすめ。

食の定点観測、毎日の晩酌献立を記録し続けています。 関連

愛知の酒 奥
愛知の酒 夢山水十割 奥 旬 季節限定 純米吟醸原酒で晩酌 まぐろ納豆。

来た、来ましたよ。 ぽっかりと穴が空いたままで後ろ髪を引かれ

sudio_8
線が一本ないだけで、こんなに自由になるなんて。

先日宅録少女の過去を明かしました。 関連 持たない生活、

→もっと見る

PAGE TOP ↑