2017年の運勢を占う。

公開日: : 最終更新日:2017/01/15 生き方と考え方

大晦日、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今年も1年お世話になりました。

新年を迎えるにあたり、今年もまとめてみました。

関連 2017年の運勢占い

↑このページにも書きましたが、2年前の年末になんとなく年間占いをまとめてみたら意外に好評だったので今年もいくつかピックアップしてみました。よろしければ年末年始の縁起物的にお楽しみくださいませ。




気づけばこの1年も毎日ブログを書いておりました。

ブログを書き始めた頃は生活環境がガラっと変わった時期だったこともあり、モノを減らしたりファッションを考え直したりといった内容を多く書いていましたが、新生活も落ち着いた2016年は旅の記録も多くなりました。結果、旅の情報を検索してたまたまこのサイトに辿り着いて以降楽しみに読んでいます、なんてメールをいただくことも増え、凡人の凡人による平凡なブログでも楽しんでもらえる奇跡に驚き、しみじみと喜びを感じている次第です。

2017年もつらつらとカリッとした毎日を綴っていく予定です。来年もどうぞよろしくお付き合いのほどを。

みなさまにとってテカテカと光り輝く2017年になりますようお祈りしています。

 




おすすめ記事

関連記事

By: José Antonio Morcillo Valenciano

日本人女性は長寿世界一、何歳まで生きたいか。

By: José Antonio Morcillo Valenciano[/caption]

記事を読む

By: Sherrie Thai

2015年後半戦突入!下半期の運勢を占う。

昨年末になんとなく書いた占いの話。 参考 2015年の運勢を占う。 年末年始の縁

記事を読む

By: Conal Gallagher

人生の停滞感が半端ない。

By: Conal Gallagher[/caption] どうにも落ち着きがないもので、自

記事を読む

By: Joe Shlabotnik

モノがあったら幸せなのに。モノがなければ幸せなのに。

来月久しぶりに日本を離れる、と書きました。 参考 最低限の英語。 期間は約40日

記事を読む

By: www.tOrange.biz Valdemar Fishmen

歳を取ると涙もろくなる理由とは。

By: Lindsey Turner[/caption] 一般的に 「歳を取ると涙もろ

記事を読む

履かない靴

履けない履かない靴のその後。

ずっと履いていなかったパンプス。 他に処分する服と一緒にファストファッションOKの買取サイ

記事を読む

By: Creative Tools

あなたの願いをひとつだけ叶えてあげます。ただし…

By: Nishanth Jois[/caption] クリスマスイブですね。 子供た

記事を読む

hand

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図

2年ほど前に話題になっていた「ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図」を遅

記事を読む

By: Moyan Brenn

片付けは後回し、先送り。未完了タスクの蓄積が明日の自分を苦しめる。

By: Nafis Ahmad[/caption] 案ずるより産むが易し、という言葉がありま

記事を読む

By: twitter.com/mattwi1s0n

魂の退社 50代で会社を辞めるという決意。

By: Vincepal[/caption] 「とにかく逃げ切り世代のやり方についていけなか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

By: Anthony Easton
シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

久しぶりに髪を切りに出かけて待ち時間に雑誌を広げる。 パ

生ひじきの卵焼き
生ひじきの卵焼き、肉団子と大根の味噌汁献立。

初めに謝罪をします、すみません。 残っていた生ひじきと卵

By: Alejandro  Pinto
突然の誘いに対応できないご近所ファッション問題。

By: Alejandro Pinto[/caption] 近

鶏団子豆腐
鶏団子豆腐、焼き大根献立。

鶏団子豆腐。毎度おなじみ鶏豆腐の団子バージョンといったところで

suginami_42
子供に迷惑をかけない老後、とは多分違う話。

80に手が届こうかという親が入院となるとドキリとするものではな

→もっと見る

PAGE TOP ↑