「 日本酒 」 一覧

鯖納豆、酒粕漬け献立。

鯖缶ってそこそこ量が多い。 メーカーによりけりでしょうが、大体180g〜200gあたりでは。あの、ちょっと嵩高い缶ですね。 ゆえに一度に丸ごとひとつ平らげることはほぼありません

続きを見る

大根葉と油揚げの炒め煮、きのこおろし献立。

大根は煮たり焼いたりおろしたり、どんな風に扱うのも好きです。 そして、大根葉も好きです。 最近はご近所の八百屋にて立派な葉付き大根が手に入るので嬉しい限り。 蕪もそうだけど、

続きを見る

海老とそら豆の塩炒め、にらのからし和え献立。

毎度好物が多くで恐縮ですが、そら豆が好きです。 好きだけれどあまり登場しない理由は、量。 そら豆って結構大量に売られていることが多いからちょっと手を出しにくいんですよね。足が早いし

続きを見る

焼きにんじん、酒粕入り具沢山味噌汁献立。

先週久しぶりの粕汁を連打したところではありますが、またまた酒粕です。 関連 ぶりの粕汁献立。 ご覧の通り、我がつまみ作りにおける酒使用率は異常。何かといったらすぐに酒を振りかけてし

続きを見る

白菜の卵とじ、インゲンと豚肉のごまマヨネーズ和え献立。

季節の変わり目は服選びに困る、とはもはや挨拶時のお約束的トピックスではありますが、困るのは服選びだけにあらず。 食べるもの、飲むものもなかなか迷いますね。 日中は気温が高くておお、

続きを見る

紅芯大根と貝割れのサラダ、粕汁献立。

昨日と内容はほとんど変わらない晩酌献立ですが、せっかく写真があるので書いておきましょう。 可愛らしい色に染まった紅芯大根の甘酢漬けを緑と合わせてサラダにしてみました。 ちょっと桜っ

続きを見る

白和え、焼きネギ、紅芯大根のはちみつ酢漬けで晩酌。

晩酌は毎日のことなので、残りものや余り食材をスライドさせて翌日に消費するなんてのは日常茶飯事。 毎日毎日大量に食材を買い揃えて立派なつまみを作り続けるスタイルは、一人暮らしとなるといささ

続きを見る

ぶりの粕汁献立。

粕汁献立。 桜満開の東京に遅れて冬のエース登場、といったところでしょうか。 それもこれもなかなか気温が上がってこないこと、鮮魚売り場でいい感じの鰤あらをみつけてしまったたことが原因

続きを見る

しらたきのたらこ炒め、蒸し鶏とにらのしょうがだれ献立。

並び的には蒸し鶏がメインにくる献立なのですが、どうにもたらこ炒めの桃色が主張してくるので配置を変えました。 この目立ちたがり屋さんめ。 昨日はさっと炙って食べたたらこ。残りをどうし

続きを見る

蒸し鶏ネギソース、たらこおろしで家飲み。

なんということでしょう。昨日塩分がどうこう言っていた舌の根も乾かぬうちにこの献立。 魚卵。魚卵の魅力に抗えませんでした。 ところで新生活シーズンですね。一人暮らしだと好きなものを好

続きを見る

setagaya_38
放置するか、克服するか、それとも。

最近なぜか就職、転職に関する相談を受けることが増えました。

花の香 純米吟醸 菊花
熊本の酒 花の香 純米吟醸 菊花で晩酌 茹でえび和風タルタルソース。

またどこかで行き詰まるかしら、と考えつつ南下しています。何しろ

エールフランスラウンジ
身軽さ重視の買い物は失敗だったと気づいている。

スーツケースを持たない、荷物の少ない旅用の鞄が欲しい。

ゴーヤチャンプルー献立
ゴーヤチャンプルー 、海苔のすまし汁で家飲み。

よくよく考えれば「吸いもの」とか「おすまし」ってネーミング、す

airportsofa
自由で不自由な暮らし、エイヤへの憧れ。

ようやく次回の旅のために航空券を手配しました。 いえね、

→もっと見る

PAGE TOP ↑