晴雨兼用折りたたみ傘はいるのかいらないのか。

公開日: : ミニマルライフ

先日壊れた傘を処分しました。

関連 5月1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’16

先日、と言っても5月のことだった。

とにかく、間に合わせで買ってそのまま使用していた傘を壊れてもなお意地汚く使っていたら流血騒ぎを起こしましたよ、という情けないお話だったのです。

以降梅雨時期にもかかわらずぐずぐずと選ぶのを先延ばしにしていたわけですが、この時期に先延ばししていられるってことは、そもそもいらないんじゃないのか?という疑問も。




晴雨兼用折りたたみ傘はいるのかいらないのか

日本は世界でも傘の販売数が多い国らしいのですが、その売り上げの内訳はほとんどがビニール傘なのだとか。

参考 日本は年間降水日数世界ランク13位でも、傘の所持数世界1位(ウェザーニュース)

世界35カ国の平均は2.4本、日本の平均は3.3本で、日本の一人当たりの傘の所持数は世界No.1ということが分かりました。(中略)日本国内では若者を中心に、「傘を携帯していない時に雨が降ったらビニール傘を買う」というライフスタイルが定着しているのかもしれません。

失くしやすさNO1の座を長期間維持する存在、それが傘。どれだけお気に入りを見つけたとしても、いや、お気に入りだったからこそ失くしてしまったときのショックは大きい。こんな辛い思いをするくらいならもう一生恋なんてしないとばかりに使い捨てのビニール傘一択の人生を歩む人の気持ちはわからなくもありません。私だって、これまで何本ものお気に入り傘を失ってきたのだから。

中でも先先代のトリコロールカラーの晴雨兼用折り畳み傘は特に気に入っていて、夏の時期は毎日持ち歩いていたものです。が、数年前のとある夏の日、有楽町のむらからまちから館で好物のソフトクリームに集中しすぎて本体を置き忘れてしまいました。帰ってからケースしか鞄に入っていないことに気付いて慌ててお店に電話したけどその時点ではもう見つからずがっかり。

と、つまらないことはいつまでも覚えているのに肝心の傘は置き忘れるのですね。

以降旅先では間に合わせのおやじ傘でどうにかやってきたわけです。普段は雨の日も、強い日差しが照りつける夏の日も、雨用の長傘のみでやってきたわけです。ということは結局折り畳み傘が必要になるのは旅行時のみ。ならば今後も間に合わせの傘か若しくは現地調達の使い捨て方式でも困ることはないでしょう。

小さく軽い折り畳み傘を選んだ理由

小さい折り畳み傘
と、前置きが長くなりましたが結局小さくまとまる折りたたみ傘を買いました。

 

最近はあれこれ機能面に優れた折り畳み傘がたくさん出ているので選ぶのもまた一苦労。軽くて小さい、なおかつ見た目もそこそこ好みな感じの1本を探していたら思いがけず時間がかかってしまいました。

さっそく本日使ってみたのですが、小さい。いつもの鞄に忍ばせて出かけても傘の重みがさほどわからない程度に、軽い。それはそれでありがたいのだけれど、さすがの小さだけあって開いても、小さい。日傘として、ちょっとした通り雨用の雨傘としては十分だけれど、豪雨には絶対に耐えられないだろうなあと容易く想像がつく華奢さ。まあそもそも折り畳み傘ってそういうもんですかね。けれど長傘は持たず折り畳み傘1本でやりくりするにはこのサイズは不向きでしょう。

アウトドアとか登山とかそういう本気系の雨具ならポンチョやカッパや速乾ケースつきジャンプ傘などの高機能雨具という選択肢があるのでしょうが、私の場合はあくまで日傘及び旅、そして予期せぬ雨用。このサイズでもまあまあなんとかなりそうです。

傘は持たずに出先で雨が降ったらコンビニでビニール傘を調達する、それもひとつの割り切りスタイル。が、これまで止むを得ず多くのビニール傘を使い捨ててきた私はやっぱり折り畳み傘を持つことにしました。ちなみにこの2年は使い捨てのビニール傘は一切買っていません。そしてそのほうが自分の気持ちはラクみたい。

ミニマリストの持たない暮らし

またうっかり忘れて泣く羽目になるかもしれないけれど、小さな傘は折りたたむのがちょっと面倒だけれど、それでも使い捨てはできるだけしないでおこう、と考えたのでした。

 






関連記事

By: Joe Shlabotnik

ブランド靴、新品未使用・箱アリの査定額、買取相場はおいくら?

By: Joe Shlabotnik[/caption] この秋冬ファッションのメインテーマ

記事を読む

fashionitems

洋服を捨てる基準とコツ。ルールを決めて洋服を減らす方法。

冷徹な目線で何もかもばっさばっさと捨てているように見えるかもしれませんが、自分が好きな分野の

記事を読む

By: Hide

3月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Hide[/caption] またまた月初の定例ポストです。 どんどんモノを減

記事を読む

By: Anina Abola

今日捨てたもの 1/24 無理して使うこともない。

By: Anina Abola [/caption] 今月は自宅にいることが少なかったの

記事を読む

By: Steve Snodgrass

乗り換え使い捨てが当然の切なさと束縛される恐ろしさ。

By: Steve Snodgrass[/caption] 契約更新時期がやってまいりました

記事を読む

By: Karen

ミニマリストの部屋着(2015春の結論)

By: Jaakko Holster[/caption] もうすぐ春ですね。 あまりの

記事を読む

By: Sharat Ganapati

ファミリーセールに招待状ナシで参加する方法。

By: Sharat Ganapati[/caption] その昔は好きなブランドのファミリ

記事を読む

mostsimply

ドミニック・ローホー シンプルを極める 成熟した自我とは。

ドミニック・ローホー氏。 シンプルライフを目指す人にはすっかり御馴染み、でしょうか。以前も

記事を読む

whichdoyoulike

選択肢過多(Choice Overload) 多くの候補から選べるのが幸せ?

最近読んだ本の中で「選択肢が増えすぎるとストレスが増し、幸福度が下がることがある」という記述

記事を読む

By: liz west

割れ窓理論とパリのマダムで考える本当に欲しいもの。

By: Anthony J[/caption] 任侠ものの映画が上映された映画館から出てくる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

dentalcare2
自分でできることがない、委ねるしか術はない。

By: Steve Snodgrass[/caption] 気

takamatsu_31
ことでん1日フリーパスで琴平へ 高松日帰り弾丸旅行 その2

フェリーとバスを使った神戸から高松への日帰り旅行。 JR

カシラ塩焼き
カシラ塩焼き、空心菜のおひたし献立。

ご無沙汰しております、家飲み献立です。 しばらく自宅を離

ツイードジャケットコーデ
ナチュラルシンプルファッションは、10年経っても色褪せない。

「ku:nel」が島田順子さん特集でした。 リニューアル

ワンタフトブラシ
40過ぎた大の大人が歯科でまた泣く。

By: Steve Snodgrass[/caption] 今

→もっと見る

PAGE TOP ↑