場所を取るけど絶対に捨てられないもの。

公開日: : ミニマルライフ, 生き方と考え方

場所を取るので捨てたいけど捨てられない、というものがあります。

なんていうと特別な思い出があるとか、愛着があってなかなか踏ん切りがつかない、みたいな何かを連想されそうですが、そうではなく。

別に持ちたくないけど保管を義務づけられているものがあるのです。

はい、季節ネタですね。

税務書類です。




税務書類の保存期間は

私のような1人事業の零細フリーランスの書類なんて大した量ではありませんが、それでも貴重な倉庫のスペースを堂々と陣取っています。

1年分なら気にもなりませんが、7年分ですからねえ。

関連 記帳や帳簿などの保存の必要性(国税庁)

なぜ7年間保管する必要があるかというと、税金の時効が7年間だから。そうですか。

他の方はどうなのか知りませんが、私は領収書やら現金出納帳やら過去の細かい書類を見返すことなどまずないのでホントにいらないのですが、こればかりは義務なので仕方ありませんね。

というようなことを毎年この季節になると考えるのでした。

ひとりで仕事を続けるということ

気付けば自営業となってかなりの時間が経過しました。

1人だと実務以外にやらなきゃいけないことがたくさんあって、しかも会社員であれば「経費」として会社から支給される交通費や仕事に使う道具などの費用も全て自腹。まあそんなのは自営業ならば当然ですが、一般的な会社員の仕事量とお給料を考えるとそりゃあ従業員をたくさん抱える所謂大企業はかなりの利益を上げなければやっていけないわな、とつくづく感じるわけです。

関連 プチプラファッションだけが負の連鎖の元凶か。

企業に属していれば通勤や人間関係の悩みなど煩わしさもあるけれど、毎月決まった額が決まった日に支給されるのは安定という意味ではかなり魅力的。一方残業代も有給も保険も、何の保証もない自営業は自分が止まってしまえばそれでおしまい。
気楽さや自由さと比べてどちらがいいのか悪いのか、それは個人が何を求めるか、どんな仕事をしたいのかによっても変わってくるのでしょう。いくらフリーになりたいと思っても、企業という単位でしかできない仕事だってあるしね。

私は残念ながら会社員適性もフリー適性もない、というかそもそも社会人失格系なので自営業で食べていけているのが不思議で仕方ありませんが、まあ運がいいとしか。

この先どうなるのか皆目見当がつきませんが、類まれなる強運と健康体だけを武器にサヴァイヴしていくのでしょう。そしてそれもまた面白いかも、などと呑気に考える自分もいたりして。

ミニマリストの持たない暮らし

明日も見えない生き方を楽しめるのもまた持たざる者の強み、ということにしておきましょうかね。

 




関連記事

horn

カタチから入る趣味のスタイルに憧れはあるけれど。

私には趣味らしい趣味がありません。 趣味らしい趣味ってなんだって話ですが、なんでしょう

記事を読む

By: Marcelo Graciolli

己を知る方法 ネットやテレビの情報遮断は有効か?

By: photosteve101[/caption] 先日「勝ち組兄さん」の話を書きました

記事を読む

mostsimply

成熟した自我。ドミニック・ローホー シンプルを極める。

シンプルライフを目指す人にはすっかり御馴染み、でしょうか。以前も著書を紹介したことがあるドミ

記事を読む

colorshits

今日捨てたもの 11/13 白×黒の定番コーディネイト。

また少し洋服を減らすモードに入っています。 そもそも我が家には収納というものが皆無なの

記事を読む

By: Sherrie Thai

2015年後半戦突入!下半期の運勢を占う。

昨年末になんとなく書いた占いの話。 参考 2015年の運勢を占う。 年末年始の縁

記事を読む

By: Alan Cleaver

少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

By: brittgow[/caption] 先日こんなことを書いておいてなんですが。

記事を読む

brightroom

ものが少なくスッキリ、でも落ち着かない部屋。

By: Diana Parkhouse[/caption] 決まらない、決まりません。

記事を読む

140830lg

減らす計画、捨てる日々再び。

舌の根も乾かぬうちにとはまさにこのこと。 先日妙に嫌味っぽい記事を書いておいてなんです

記事を読む

By: Carlos Felipe Pardo

資料は1枚、時間配分と勝負どころを考える。

By: Carlos Felipe Pardo[/caption] 新規案件に関する資料や見

記事を読む

By: storebukkebruse

我が家のモノは98%がゴミだったとわかってうなだれ中。

By: Erich Ferdinand[/caption] 引っ越しを控えている身内からタイ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    crispy様
    いつも興味深い記事をありがとうございます。
    今回の内容はグイグイ来ました。

    ちゅーなーというネームそのまま、ピアノ調律師です。
    ヤマハかカワイか…どちらかはご想像にお任せします。
    若い時は客をパクって独立しようと目論んでましたが、
    最近はギリまで会社員として、会社を利用しようか…と。

    どうせ円満定年を迎えられない世代ですからね 苦笑
    crispyさんの生き方はとても刺激的です。
    ブログも楽しみですし。

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      いつもありがとうございます。

      調律師さんでしたか!それは素敵なご職業ですね。

      平々凡々な人生を歩んでいる身としては「専門技術」にとても強い憧れがあります。
      特に音楽関係ともなれば、いやいや、素晴らしい。

      独立って誰もが一度は考えることかもしれませんが、会社員だからこそ得られるものも大きいですもんね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

nerima22
逃げよ、生きよ。孤独は怖いか、苦しいか。

内向的な人間には参考になる部分が多いと思う。 こんなコメ

一人暮らしの晩ご飯
玉ねぎと卵の炒めもの、煮こごりで家飲み。

残りもの寄せ集めの晩酌献立。 煮浸しと卵炒めは作りました

150812lg
モノを持たない暮らしなんて味気ないと感じる理由 。

先月限界点を大きく突破した箸を処分しました。 関連 暮ら

鯛のあら炊き
鯛のあらだき、かきたま汁で晩酌。

鮮魚コーナーパトロール中に鯛と目が合いました。 鯛のお頭

tainandog6
つらい過去を忘れる方法。

恥の多い生涯を送ってきました。 いや、生きていれば誰しも

→もっと見る

PAGE TOP ↑