シンプルだから飽きない、は真実か。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

先日こんな記事を書きました。

参考 少ない服で暮らすなら、お気に入りアイテムをとことん愛す(DRESS)

シンプルなアイテムは確かに着回しがきいて便利だけれど、広告やセールストークのみならず日常生活でも当然のこととして使われている

「シンプルだから飽きない」

というフレーズ。この根拠は果たしてどこにあるのかしらと突如気になりました。




シンプルデザインが飽きない理由

blackshirts

結果から言うと答えにはまだたどり着いていません。というかシンプルなものは飽きにくいとか凝ったデザインは長く使う気が起こらないなど対プロダクトにおける飽きる飽きないを掘り下げた文献はないものかと検索するも該当しそうな書籍が見つけられず。

「対プロダクト」

というところがポイントで、例えば男女関係や仕事、習慣における飽きを扱った書籍は多いんですよね。仕事は3年は続けろとか恋愛感情は4年しか継続しないとか美人は3日で飽きるとか都市伝説レベルのものしかり。

自分自身も飽きっぽいというか継続が苦手な人間なもので飽きる飽きない論についてはよく考えている暇人です。でも洋服に関してはさほど飽きっぽくもないような。さらに飽きずに長年愛用しているものはシンプルなデザインのものばかりかと考えれば決してそうではなく。

「飽きのこないシンプルなファッション」

これ、何を根拠にどこから出てきた考え方なんでしょうね。

シンプルだから飽きない、その理由を考える

ジャケットの着こなし

シンプルだから飽きがこない、の理由として考えられるのは

  • 流行に左右されない
  • 着こなしが簡単
  • 着回しが容易
  • 印象に残りにくい

などでしょうか。

シンプルなアイテムを選ぶ大きなメリットとしてはトレンドに左右されない普遍性があります。流行を追い求め続けるスタイルに楽しみを見出すタイプでないならば流行り廃りの影響を受けづらいシンプルなものを長く使うやり方のほうがしっくりくる。でも流行に左右されない自分らしいスタイルを持っていればシンプルなデザインじゃなくても長く使うことは可能ですね。

関連 シンプルなファッションはつまらない。

シンプルなものほど他のアイテムとのコーディネイトが容易で着こなしが簡単になる、着回しがきくといったメリットもあります。毎日何を着ようとか考えるのが面倒、時間が勿体ないと感じる効率派がシンプルな洋服を好むのは頷けます。

関連 選択肢過多(Choice Overload)その2 選択肢を減らして、リソースを増やす。

そして派手な色柄物や個性的なデザインのアイテムは印象に残りやすく頻繁に使いづらいという考え方もあるでしょう。でもこれは毎日同じ服を着たりコーディネートのバリエーションが少ないのはおしゃれではない、という前提があってこそのような。大人は本物を身につけなければ、というのと似た感覚というか。

関連 大人のジュエリーは年齢を強調するアイテム論。

などと考えていたら当たり前のように使われている

「シンプルで飽きのこないアイテム」

なるフレーズも実は単なる思い込みだったして、なんて疑惑が頭をもたげるのです。そして今日も私は私なりの冬の定番である派手なプリントのボストンバッグを手に出かけたのであった。

実際のところどうなんだろう。シンプルなもの=飽きないに確固たる根拠はあるのだろうか。

といいつつ食に関しては極々普通のシンプルなものを毎日食べても飽きないのでファッションだってこういうことかもねと感覚的に理解できるのだけど、じゃあなぜ世間にはジロリアンなる種族が生息しているのだという疑問も出てきてまたふりだしに戻る。

ミニマリストの持たない暮らし

そんなものは人それぞれだと言ってしまえばそれまでなんだけど、ならばなぜシンプルで飽きがこない論はここまで市民権を得たのかしら。ああ本当のところが知りたいぞ。

 






関連記事

By: Sharat Ganapati

ファミリーセールに招待状ナシで参加する方法。

By: Sharat Ganapati[/caption] その昔は好きなブランドのファミリ

記事を読む

life-packing_1

旅の荷物と移動距離。

旅の準備が苦手なりに慣れもあってかさすがに徐々に技術向上している気がしています。 正確

記事を読む

By: Tim G. Photography

シンプルスタイル 1年ぶりのチャージ完了。

By: Steve Jurvetson[/caption] 現在私は携帯電話を持っていません

記事を読む

By: Floodwall Project

洋服の収納がぐちゃぐちゃ、でも問題は先送り。

By: Floodwall Project[/caption] 私がモノを減らしているのは身

記事を読む

By: Gabriel Saldana

捨てたら見えた偏愛傾向、それでもやっぱり欲しいもの。

By: Gabriel Saldana[/caption] 身内の引越しをネタにしたことがあ

記事を読む

By: Saaleha Bamjee

70代ミニマリストの調味料。

By: Franck Michel[/caption] 今年の正月に人様の家の様子を勝手にブ

記事を読む

closet-hanger

クローゼットの鍵を握るハンガーとくだらない背徳感。

整理しては散乱させてまた整理、を繰り返していたその昔。 置き場所が悪かったせいもあるけ

記事を読む

By: uros velickovic

オークション代行でトラブルに遭って考えた。

By: Andy Arthur[/caption] 手放したものの中でまだ使える、新しいもの

記事を読む

By: photosteve101

石ころでも売る技術。モノを売るテクニックは悪なのか。

By: photosteve101[/caption] 朝日新聞に糸井重里さんのインタビュー

記事を読む

cap

片付けられない子がミニマリストになった5つの理由。

今でこそ多くのモノを所有しない生活をしている私ですが、40余年の歴史を紐解いてみれば、決して

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ツイードジャケットコーデ
ナチュラルシンプルファッションは、10年経っても色褪せない。

「ku:nel」が島田順子さん特集でした。 リニューアル

ワンタフトブラシ
40過ぎた大の大人が歯科でまた泣く。

By: Steve Snodgrass[/caption] 今

takamatsu_3
神戸からジャンボフェリーで行く高松日帰り弾丸旅行 その1。

滞在中の神戸から、香川県の高松市へ出かけてきました。 高

koishihama_hotate_3
岩手三陸 恋し浜ホタテで贅沢晩酌。

先日、オンラインマーケットスマホアプリ・ポケットマルシェさんに

chiayi-hotel-12
一生お金に困らない自信とその方法。

どうなのよ、仕事のほうは。母に問われて、ぼちぼちですねと適当に

→もっと見る

PAGE TOP ↑