EMILIO PUCCIのボストンバッグで冬支度。

公開日: : 最終更新日:2016/11/21 ファッション, ミニマルライフ

去年の今頃は部屋が寒い寒いとのたうち回っていましたが。

参考 本気の冷え性改善記録 5日目 部屋が寒すぎてお話にならない。

去年からの本気の冷え性対策によるものなのか、はたまた寒い部屋に耐性ができたのか、今年はまだ余裕の微笑みを浮かべていられます。

あれ?もしかして今年のほうが暖かいのかしら?と調べてみたところ昨年同時期とはさほど気温に違いはない模様。おお。

といってもそろそろ冬アイテムの出番でしょう。




ご近所バッグを冬バージョンPUCCIにチェンジ

puccibag

というわけで、使用頻度の高いご近所バッグを冬バージョンに「衣替え」しました。

去年の時点でお出かけ用からご近所用に変身していたこの鞄。

参考 EMILIO PUCCIのボストンをご近所使いに。

写真は去年時点の使い回しです。

先シーズン毎日のように使っていたので写真よりもさらに一段と使い込んだ感がアップしているのですが、やはりまだ手放す気になれません。多分、底が抜けるとか破れるとかハンドルが取れるなどという壊滅的ダメージがない限りは持ち続けるのではないかという気がしてきました。

いいのか、それで。

あの娘にニキビができたとしても

物持ちが良すぎる、少々くたびれてしまっても使い続けようとするのが私の悪い癖であるとは自覚しているのですが。

参考 今日捨てたもの 4/30 長く使えばいいというものでもない。

今年は手持ちのアイテム数が少なくなったからか、破れたデニムとか生地が薄くなったTシャツとかとっくに限界を超えてしまったものたちを多数発見し、処分してきました。いやいや、これはもうアカンやつでしょ、と。

そういう意味ではこのボストンもおそらくK点越えているのですが、正直なところまだ持ちたい。すっかり古くなってしまったけど好きなアイテムだから大事にしまっておこう、じゃなくて、使いたいのです。

長袖が縮んだのかと疑うほどに使い込んでしまったTシャツとこのボストン、何が違うのか。もちろん購入時の金額は大きく違うけれど、そんなことはさほど問題ではないような。

と、いろいろ考えてみたのですが、多分嬉しいかどうか、なのかも。

首回りがダルダルになってしまったTシャツを着るのは嬉しくない、というか

「さすがに新しいの買おうよ…。」

と自分に呆れる瞬間があったので捨てましたが、ボストンに関しては同じく古ぼけてはいるもののまだ持っていて嬉しい。お、そろそろコーデュロイの季節なんじゃないの?なんて心躍る始末なのだから仕方ない。

もう堂々と「よそゆき」的に持ち出せるようなコンディションではありませんが、気を使わずにガンガン使えるまでに持ちこたえてくれたこともまた愛しい。なんでしょうか、これ。理屈抜きにして、ただ好きなんでしょうね。

考えてみれば本当に好きな女の子が太ろうがニキビができようが、大切なあの人が派手に禿げ散らかそうが、年老いた愛犬の体臭がキツくなろうが愛する気持ちは変わらない。それと同じなのかもね。いや、ちょっと違うか。

ミニマリストの持たない暮らし

とにかく、この冬もお気に入りのボストンには頑張ってもらいましょう。少々くたびれてはいるものの、お別れのタイミングはもう少し先になりそうです。

関連 ファミリーセールに招待状ナシで参加する方法。




関連記事

By: Katja Wagner

一人暮らしの料理 簡単で飽きない自炊のコツ。

By: seoulfully[/caption] 以前調味料に関する記事を書きました。

記事を読む

By: Geoffrey Franklin

パスケースに入れるものと入りがちなもの。

By: Chris Potter[/caption] 去年の夏、財布に関してこんな記事を書

記事を読む

By: i_yudai

デキる人の時間術?贅沢ではなく勿体ない時間の使い方。

By: i_yudai[/caption] 周りが次々にインフルエンザでバッタバタ倒れており

記事を読む

By: Ly Thien Hoang (Lee)

持たない暮らしのリアルを覗く。

By: Peter Alfred Hess[/caption] 身内の書店員情報によれば、相

記事を読む

refoundation

使わない香水の買取見積を依頼してみた。

先日手放すことを決めて倉庫に移動させていた香水。 MODE OFFで服を買い取ってもら

記事を読む

By: Leo Hidalgo

何もしたくない日。

By: Richard Walker[/caption] 年に数日くらいの頻度で 「何

記事を読む

By: Katie Tegtmeyer

引っ越しから10年以上そのまま放置していたダンボールを開封する。

By: Osamu Kaneko[/caption] 先日家族総出で実家の片づけをしました。

記事を読む

By: Taiyo FUJII

実家の片付け問題とは無縁でも、次の帰省でしたいこと。

By: TANAKA Juuyoh (田中十洋)[/caption] 40代、50代と年齢を

記事を読む

By: Olivier GRYSON

1月1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’16

By: Olivier GRYSON[/caption] 昨日に引き続き月初の定例まとめポス

記事を読む

move

トランクルームに全財産預けて引越し。賢いトランクルームの活用法。

最近、街を歩いているとトランクルームやレンタル倉庫の看板を以前よりも頻繁に見かけるようになっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

nerima22
逃げよ、生きよ。孤独は怖いか、苦しいか。

内向的な人間には参考になる部分が多いと思う。 こんなコメ

一人暮らしの晩ご飯
玉ねぎと卵の炒めもの、煮こごりで家飲み。

残りもの寄せ集めの晩酌献立。 煮浸しと卵炒めは作りました

150812lg
モノを持たない暮らしなんて味気ないと感じる理由 。

先月限界点を大きく突破した箸を処分しました。 関連 暮ら

鯛のあら炊き
鯛のあらだき、かきたま汁で晩酌。

鮮魚コーナーパトロール中に鯛と目が合いました。 鯛のお頭

tainandog6
つらい過去を忘れる方法。

恥の多い生涯を送ってきました。 いや、生きていれば誰しも

→もっと見る

PAGE TOP ↑