将来に不安を感じることには意味がない。

公開日: : 最終更新日:2016/09/26 ミニマルライフ, 生き方と考え方

「ブレない人」

その響きはものすごくカッコイイ。

と感じるのは私が未だ風来坊かつブレブレな人間だからかもしれません。

いやいや、人間はそう簡単には変わらないよ、なんて言うけれど、考え方はその時々でどんどん変わっていくのが当たり前でもあるわけで。

人の考え方はどれくらいの期間で変わっていくものなんだろう。そしてそれに自分で気がつくことはできるのでしょうか。




 

人は1年で変わるのか

なんて思ったのは1年前に自分が書いた記事を読み返したから。

参考 タイニーハウスはいらないけれど。スマートサイジング 価値あるものを探す人生

このブログを書き始めて既に1年以上が経過しているので

「はて、去年の今頃は何をしていたのかな?」

などと振り返る作業ができるようになったのはなんだか楽しいものです。
と言っても、ここには旅や食の記録以外は今日どこへ行って何をしました、なんてことはあまり書いておらず、何をどう考えたか、感じたか、という内容を記したものが圧倒的多数なのですが。

そして結論から言うと、1年前と今の自分の意見はさほど変わっていませんでした。今日の私もやっぱり小屋暮らしにはあまり興味がないし、借金もしていない。この1年で暮らしに関する考え方にはあまり変化がなかったようです。

このことをポジティブに考えるとするならば、生活全てを見直さなければならないような大事件は起らず平穏な毎日を過ごせた、とも言えるでしょう。見た目は2年足らずで大きく変わったけどね。

将来に不安を感じることには意味がない

10年前はそこそこ大きなサイズのクローゼットがあるマンションに住んでいたにもかかわらず、収納が少ない!洋服が収まりきらない!とブーブー文句をいいつつ毎月大量に服を買う生活をしていました。

なのに今では収納がない部屋でそこそこスッキリ暮らしている。

参考 収納がない部屋の収納を考える。

もちろん好き好んで収納を排除した訳ではありません。そりゃあるならあったほうがいいですよ、収納スペース。小さなクローゼットがあれば荷物を全て収納できるので、目の前に何もない今よりさらに生活感のない部屋を実現できますからね。

けれどとにかく、10年前では考えられなかった暮らしを自ら選択しているわけです。そう思うと、将来の不安とか未来を憂うなんて行為は猛烈に無駄ですね。この先何が起こるかなんて、自分がどうなるかなんて、いくら考えてもわかりゃしないんだから。

10年経っても考え方も暮らしぶりも変わらない、ブレない、そんな人もいるかもしれませんが、寸分違わぬ同じ毎日を送るのは不可能だし、10年経てば誰しも少なからず変わっていく。何かのきっかけである日突然変わること、変わらざるを得ないこともあるだろうけど、殆どの人は大きな出来事ではなくて日々の積み重ねと経験によって少しずつ、少しづつ変わっていくのでしょう。もしかしたら自分では気付いていないだけで、去年の自分と今日の自分の考え方も何かしら変わっているのかもしれない。

なんて考えながら去年の記事を再読してみるのは、ブログや日記を継続する醍醐味のひとつですね。
毎日少しづつ時間を割いて頭の中に散らばっているあれこれを引っ張り出して、整理する作業。もしもこのまま10年間書き続けることができたならば、さすがに大きく変わっているでしょうか。

ミニマリストの持たない暮らし

確実に言えるのは、10年後はここには住んでいない、ということ。なにしろ、年齢制限がある住まいなのでね。そうじゃなくても10年間も同じ場所で止まるなんてあり得ないけれど。

 




おすすめ記事

関連記事

By: Tsahi Levent-Levi

勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円。

By: Tsahi Levent-Levi[/caption] 「彼こそが真の勝ち組だよね」

記事を読む

By: planetlight

新しい情報を求めてフラフラせずに済む方法。

By: mkhmarketing[/caption] 先日SNSでこんな記事が流れてきました

記事を読む

By: Pedro Ribeiro Simões

使わないとダメになるから、使えるうちに使いたい。

By: Pedro Ribeiro Simões[/caption] 昨日は友人と昼呑みを楽

記事を読む

pastel.min

「シンプルな暮らし」があなたを豊かにする21の理由。

Facebookでこんな記事が流れてきました。 >>参考 「シンプルな暮

記事を読む

By: Alexey Kljatov

1月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Alexey Kljatov[/caption] 定例ポストです。 昨年の夏か

記事を読む

By: Timothy Vollmer

最小限の旅の持ち物 旅に持参するスキンケア ’16。

By: Steven Depolo[/caption] 最小限の荷物で小回りのきく快適な旅を

記事を読む

今日捨てたもの

収納道具の新たな導入なき収納問題解決。

雨の土曜日。 朝から予定通りに持て余していた箱の中身を取り出しました。 関連 捨

記事を読む

ニューヨーク 地下鉄

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

handcare.min

今日捨てたもの 8/27 美容グッズを持ってるだけで安心の謎。

今月は毎日何かひとつを手放す月間と設定し、今日までこつこつと捨ててきました。 このルー

記事を読む

By: Jared Tarbell

センスのない人に知識と経験が教えてくれること。

By: Jared Tarbell[/caption] センスがないから、は経験(=学習)す

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

nishinomiya_41
商売繁盛で笹もってこい 自分で選び、動くということ。

関西滞在期間の後半に十日戎に行ってきました。 「商売繁盛

豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズ和え
キャベツの塩昆布炒め、豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズで家飲み。

キャベツがあるならいつもの塩昆布和えが食べたいなと思うも、寒

gray's papaya
ハンバーガーにホットドッグ、ニューヨークで食べたもの その1。

食事は旅のお楽しみのひとつ。 その土地ならではの味や雰囲

鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し献立
キャベツと鶏のしょうが蒸し、菜の花の辛子和え献立。

長旅を終えて自宅に戻りました。 家飯好きではあってもしば

code1
少ない服でおしゃれ、は可能なのかを探る新しい挑戦。

何度もファッションに関する記事を書いています。 関連 フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑