真冬のあったかアイテム投入で考える冬の装い。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

新しくニットを購入しました。

先日より何かひとつあたたかいものをと考えており、そもそも寒がりのくせに我がワードローブはなぜかように薄手のものばかりなのだと憤ってもいたので嬉しい。

関連 少ない服の着まわし、決定的に足りない冬アイテム。

よくよく考えてみたらこの手のニットを買ったのは15年ぶりくらいじゃなかろうか。

入手して着てみた感想。
あたたかい。




オーバーサイズもいいけれど

161210knit

当初の予定ではガバッと着れるオーバーサイズのローゲージニットをスキニーに合わせるコーディネイトをイメージしていたのですが、ちょっと北の国から感強いかなあとかそもそもそんなボリュームのあるニットに合わせるアウターないよねとか考えて作戦変更。首回りが程よくあいているゴツ過ぎないニットを選択しました。接客してくれたお姉さん曰く

「ワンサイズ上で着るとオフショルでいけますよ」

とのことだったのですが、ここは実直にジャストサイズをチョイス。悲しいほどの首の短さゆえタートルネック系に手を出すと悲壮感漂う私としてはざっくりしたニットをオフショルダーにする抜け感は魅力的ではあるのですが、そうなるとインナー問題が持ち上がる。大いに防寒目的でニットを購入するのにキャミソールインなんて実質1枚しか着てないのと同じじゃないか、お願いあったかインナーは入れさせて、という寒がりゆえの心の叫びが私にジャストを選択させたというわけです。

気に入っています。

私たちはいつからこんなに寒がりになったのだろうか

By: paul

さて次の旅にこれは持参するとして、アウターはどうしよう、何せ寒いらしいから万全の備えで挑まねば、などと鼻息荒く計算しながら歩いていて制服姿の女子中学生軍団とすれ違いふと気づく。

中学、高校と制服だったけれど、コートなんか着たっけ?真冬でも冬服のブレザーの中にベスト入れてスカートの下にブルマ仕込むぐらいだったような。

初めて就職した会社で一緒に働いていたおじさまがたは雪の降る日でもスーツの首元にマフラー巻いたり、テロッテロのステンカラーコート羽織る程度で外営業に出掛けてたよなあ。

普通にダウンだのムートンだの着だしたのっていつだっけ?ていうか、もしかして着すぎ?だってさっきの女子中学生全員生足だったし、寒い寒いって私の妄想なんじゃないのか、なくてもいけるのでは?

そんなことを考えた翌日、幸い好天だったのでデニムにジャケット+大判ストールというこの時期の自分にしてはかなりの軽装で出かけてみました。

結果。激しく後悔した。

なんでだろう。小学校では1年中半袖半ズボンの体操服で通すツワモノも一人や二人じゃなかったのに。授業中に雪が降ろうものなら簡単に道が凍結してしまい全員で意を決してコロコロ転がり落ちながら帰宅するしか術のない地獄のような山上の中学に生足で通っていたのに。

必要なのはなんだろう。原点回帰で乾布摩擦か。乾布摩擦なのか?

ミニマリストの持たない暮らし

以前に比べると末端冷え性も随分よくなってきたけれど、うっかりぬくぬくアウターの悦びを知ってしまうと2度と抜け出せないのかもね。これは進化でしょうか退化でしょうかこだまでしょうか、いいえ、誰でも。

 






関連記事

brightroom

ものが少なくスッキリ、でも落ち着かない部屋。

By: Diana Parkhouse[/caption] 決まらない、決まりません。

記事を読む

whitepants

少ない服で秋ファッション(2)家で洗えるレザージャケット。

暑い。 夏の陽気に逆戻りですね。 正直この暑さの中、秋服について書くテンションでもな

記事を読む

By: Samantha Levang

フェイスタオルを新調。しっかりふわふわ、気持ちいい。

By: Frank Hebbert[/caption] 先日捨てたフェイスタオル。 参

記事を読む

By: Sarah_Ackerman

子供のガラクタ、おまけのおもちゃ。

いつものように日傘を右手に、図書館へ向かう。 図書館の場所はすぐ近く、でもなく、ちょっ

記事を読む

By: Håvar og Solveig

体型が変わらない落とし穴。

By: Håvar og Solveig[/caption] すっかりサイズの合わなくなって

記事を読む

oldradio

今日捨てたもの 8/9 カセットテープを処分。

今月は毎日1つづつ何かを手放す月間です。 本日で9個目ですが、また凄いものが出てきましたよ

記事を読む

koukyo_sanpo_15

くだらない毎日を積み重ねたその先に。

寒いのは苦手だし目覚めは悪い方だけど、朝起きるのは苦じゃありません。 晴れていればなお

記事を読む

manybooks

思い出のモノを整理することで、昔の自分と対峙する。

基本的に本や雑誌は読んだら処分しています。 私にとって必要なのはそれらから得られる知識

記事を読む

By: Kalyan Chakravarthy

仕事も、人生も。「常識からはみ出す生き方」。

年末から暫く、頭の中が騒がしい気がしています。 その理由はあれこれやりたいことがあるお

記事を読む

simpleroom

ミニマリストへの道。

究極はスーツケース1つで生きていくこと。 そんな理想を胸に自分の暮らしを徐々に改変して

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

takamatsu_31
ことでん1日フリーパスで琴平へ 高松日帰り弾丸旅行 その2

フェリーとバスを使った神戸から高松への日帰り旅行。 JR

カシラ塩焼き
カシラ塩焼き、空心菜のおひたし献立。

ご無沙汰しております、家飲み献立です。 しばらく自宅を離

ツイードジャケットコーデ
ナチュラルシンプルファッションは、10年経っても色褪せない。

「ku:nel」が島田順子さん特集でした。 リニューアル

ワンタフトブラシ
40過ぎた大の大人が歯科でまた泣く。

By: Steve Snodgrass[/caption] 今

takamatsu_3
神戸からジャンボフェリーで行く高松日帰り弾丸旅行 その1。

滞在中の神戸から、香川県の高松市へ出かけてきました。 高

→もっと見る

PAGE TOP ↑