モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

公開日: : 最終更新日:2016/07/17 ミニマルライフ, 生き方と考え方

友人(40代・女性)がいきなり男性アイドルにハマりました。

これまではそういう世界とはとんと縁がない、というか敢えて距離を取った生き方をしているように見えたのでここへきて美男子見物に相当の時間と金銭をつぎ込むようになったのが不思議といえば不思議なのですが、グループ関連の音源や映像関連を買い漁り、ライブに通い、掲載雑誌のチェックに余念がない彼女を見ているともうなんというか羨ましくてしょうがない。

「AくんとBちゃんのカップリングはその筋では悶絶もの」

などと言われてもその方面の知識のない私にはコイサン語で絵本の読み聞かせをされているのと何ら違いはなくまさに馬の耳に念仏状態であります。

が、羨ましいぞ。
私だってカップリングに悶えたい。




コンプレックスと好奇心

もうずいぶん前に

「コンプレックスと好奇心」

なるキーワードをブチ上げたまま回収せず今日に至る、だったのですが。

関連 ファッショニスタから学ぶ、最高に楽しく生きる人生の極意。

アイリスのように大好きなファッションの世界で成功しプライベートでも素敵なパートナーに恵まれ多くの人に愛されるスーパーウーマンはやっぱり好奇心が旺盛であれこれ知りたがるしあれこれ欲しがる。そしてその好奇心こそが彼女の魅力をさらに増幅させるエッセンスになっていることは明らかです。

アイドルであろうが車であろうがワインであろうがファッションであろうが、対象は別に高尚な趣味じゃなくてもなんでもよくて、ただ好奇心の赴くままに走った結果

「ハマる」。

その感覚にずっと強い憧れを持っている私。そして多くのモノを持たない主義でありつつもゴルフを始める前からウエア一式揃えたりまだFすら押さえられないのにギブソンのカスタム買っちゃうようなカタチから入るスタイルにもなんともいえない羨ましさを感じているのです。

関連 カタチから入る趣味のスタイルに憧れはあるけれど。

この記事を書いた時にとおりすがりの人に

「モノを増やしたくないから趣味を持たないってバカなの?」

と言われたのですが全くもって仰る通りでなんというか本末転倒感半端ない。

けれど自分の情熱を信頼できないがゆえにカタチから入ることはできなくて、でもそういう勢いってちょっといいな、とずっと思い続けているわけで。そんなに羨ましいんならやれば?と言われてもやらない(できない)んだけど、相も変わらず夢だけは持っている。

結局私の憧れは

「マニアになりたい」

これに尽きるのだなと感じる今日この頃です。

実現できない夢、憧れのライフスタイル

さて、マニア界隈の一番の成功例といえばさかなクンなわけですが、さかなクンはきっと

「俺はさかなを極めていつか内閣総理大臣賞を受賞してやるぜ」

みたいな邪な気持ちを糧に魚を愛でたわけではないだろうし、あれほどの情熱を持つのはなかなか難しいにしても、何かを好きになったりハマったりするためになんらかの「努力」をするのもまた違うような気が。あ、でもミスターマイブームみうらじゅんは「「ない仕事」の作り方」で確か努力してハマるって言ってたっけ。

関連 モノを溜め込む人とは友達になれない。

じゃあ私も憧れのマニア的ライフスタイルに近づくべく対象を決めて日々好きになるように、ハマるようにといやむしろ自分がまだ気づいていないだけで実はもうハマっているのだなどという高度な自己暗示をかけ続ければ憧れのマニアになれる?そんな簡単なもんか?

と、今回もこれに関して結論は出ないのですが。

アイドルグループのライブDVDに合わせて完璧な振りコピを披露する彼女、見てるこっちが不安になるくらい毎日トンカツを食べ続けてSNSにUPする彼、江戸東京博物館でボランディアガイドさんにお江戸クイズバトルを挑む江戸マニア達やビアバーのカウンターで一見鼻持ちならないビール講釈を垂れるグループ。その誰もをどこか羨望の眼差しで静かに見つめるだけの私。

実際丸1日彼らのマニア談義に付き合え、と言われたらきっとごめんなさいして一目散で逃げるだろうけど、そこまでの情熱を傾ける対象を持たない私は昨日も今日もハマらない自分にコンプレックスを抱き続けている。そして今後も98%の諦めを胸に、残り2%の可能性にこっそり賭けながら生きていくのだろうな。

ミニマリストの持たない暮らし

なんて長々語りながらも、もしも何かにハマったら一瞬にして人生が変わるとか、突然100倍幸せになるなんてこともないだろうとも知っている自分もいるわけで。

関連 モノを減らしても、残念ながら人生は変わりません。

何が起こっても人間は大なり小なりのコンプレックスを持ちつつ清濁併せ呑んで歩み続けるものなのでしょう。誰もが羨む成功と幸せを手に入れたファッションアイコン、アイリスが90歳を過ぎてなおしきりに

「私は美人じゃなかったから」

と、他人から見れば取るに足らないコンプレックスを口にしていたように、ね。

 




関連記事

By: www.Michie.ru

実家の片付け、まずは主役は誰なのかを定義する。

By: daveynin[/caption] 週末の朝、いつものカフェに出かけたら、たまたま

記事を読む

By: Haldane Martin

作業効率、環境づくり。動けなくなって改めて考えたこと。

By: Thomas Duesing[/caption] 腰の痛みに翻弄された今週。

記事を読む

adventure

年を取ってから気づいた、人生で失敗したこと。

若い頃にはわからないけれど、歳を重ねたら気づくことって確かにあるものです。 参考 年を

記事を読む

By: Katja Wagner

一人暮らしの料理 簡単で飽きない自炊のコツ。

By: seoulfully[/caption] 以前調味料に関する記事を書きました。

記事を読む

wi2300

Wi2 300 オプションエリア(premium)の無料提供が終了で使えなくなった。

携帯会社との契約ナシにiPhoneを使っている身分としてはカフェや駅、コンビニなどで使えてか

記事を読む

nightbuilding

残業代が出ない!残業手当が出ないなら残業したくない若者は「社会をなめている」?

「まだロクに仕事も覚えてないのに…社会なめすぎ」 今でもこういう意見あるんですね。

記事を読む

smartphone

今日捨てたもの 8/7 USB ACアダプタ。

今月は、毎日何かひとつ手放す運動月間です。 いつもなら捨てておしまい、となるところです

記事を読む

live

今日捨てたもの 8/2 音楽CDは少しづつ減っている。

今月は小さなものでも1日に1つは手放していく月間です。 と言っても、捨てるモノの 「

記事を読む

sunrise

早起き習慣のコツと効果。超夜型人間があっけなく変化した理由は?

昔から3秒でおやすみのび太くん体質なので不眠の悩みとは無縁の人生を送っています。 若い

記事を読む

By: Lisa Dusseault

20年ものの靴下、靴下の捨てどき。

By: Kelly Sikkema[/caption] 師走といえば大掃除ですね奥さん、とい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

nerima22
逃げよ、生きよ。孤独は怖いか、苦しいか。

内向的な人間には参考になる部分が多いと思う。 こんなコメ

一人暮らしの晩ご飯
玉ねぎと卵の炒めもの、煮こごりで家飲み。

残りもの寄せ集めの晩酌献立。 煮浸しと卵炒めは作りました

150812lg
モノを持たない暮らしなんて味気ないと感じる理由 。

先月限界点を大きく突破した箸を処分しました。 関連 暮ら

鯛のあら炊き
鯛のあらだき、かきたま汁で晩酌。

鮮魚コーナーパトロール中に鯛と目が合いました。 鯛のお頭

tainandog6
つらい過去を忘れる方法。

恥の多い生涯を送ってきました。 いや、生きていれば誰しも

→もっと見る

PAGE TOP ↑