退屈な毎日、暇つぶしをしている暇はあるか。

公開日: : 最終更新日:2016/03/26 ミニマルライフ, 生き方と考え方

By: Josh

年明けに開かずの段ボールを整理したと書きました。

関連 引っ越しから10年以上そのまま放置していたダンボールを開封する。

この中にはもう随分昔に処分したつもりだった私の本や漫画、CDなども含まれていました。いやあ、いかんですね、開かずのダンボール箱は。実家を物置にするべからず派の私もうっかり置いたままになってしまったという残念な事実。

持っていることすらすっかり忘れていた代物はもちろん処分対象に。

なのですが、子供の頃に何度も読み返した漫画はどうにも懐かしくて、処分するまえにちょこっと読もうかな、ってなっちゃうんですよね。




暇つぶしをしている暇はない

ところで現在はテレビが部屋にないので普段はテレビを見ない生活を送っています。

だからというわけでもないのですが、年末年始はどれ久しぶりにテレビでも見ちゃおうかね、とチャンネルをパチパチ切り替えてあちこちのチャンネルをなんとなくチェック。知らないタレントさんがどんどん増えてくる今日この頃、去年ブレイクしたらしい裸芸の人が動いているのも初めて見ました。

普段の生活にはないテレビと久しぶりに読みたい掘り出し物(?)の懐かしい漫画。

このふたつが突如現れただけのことなのですが、あれ?普通の日常って結構忙しいのに、テレビをなんとなく見ている暇なんてなくない?と思ってしまったのです。

最近はHuluとかGYAO!とか、定額で映画やドラマ見放題のサービスがたくさんあるし、Amazonプライムに至っては動画のみならず音楽も聞き放題。本を「聴き放題」のAudibleなんてのもあって映画好き音楽好き本好きにとっては手間もコストも軽減できるありがたい環境が整ってきています。

関連 持たずに借りずに気軽に楽しむ、を試してみる。

私は全く興味がないので手を出さないけれど好きな人はゲームもやるだろうし、スマホ持ってる人多いし、家にパソコンだってあるし、SNSは一通り運用しています、って人もいる。さらには友達と飲みに行ったり買い物に出かけたりする時間も必要なわけでそれに加えてもちろん家事も仕事もあって、そりゃあれもこれも全部追っかけてたら大変だよな、と思った次第。

単なるお楽しみ、暇つぶしのツールなんて簡単に手に入る時代。
毎度お馴染みのフレーズでアレですが、大切なのは何が自分にとって必要なのか、自分は本当は何が好きなのかがわかっていることなのでしょう。そうじゃなきゃ、あれこれ手を出すだけ出して時間だけ消費して、結局は全然面白くありません、何をやっても退屈です、で終わってしまうもの。

相当暇ならばそれもいいけれど、暇な時間ってそんなにはないもんね。

普通の毎日を本気で面白がる覚悟

By: Isabel

私はおそらく人一倍退屈を感じない性質の持ち主だから余計かもしれませんが、なんとなくの暇つぶしを探すほど暇な時間はありません。

することがない時間帯の代表は通勤通学の移動中でしょうが、新聞や本を読むための大切な時間として活用している人が多いだろうし、手持ち無沙汰にはならなさそう。ただでさえ忙しい現代社会、それぞれの嗜好に合わせた娯楽やエンタメのコンテンツが簡単に入手できる今となっては「なんとなくの暇つぶし」はもう過去のものなのかもしれません。潰さなきゃどうにもならないような「暇」を日々持て余している人ってそうそういないような気がするのです。

いやいや、それはおまえが暇をつくる能力が無いほどにのろまなだけだろう、とか、暇はないけど毎日が同じことの繰り返しでただただつまらないのだ、という人もおられるかもしれませんが。

関連 毎日同じことの繰り返しでつまらない人にやってみてほしい実験。

別に衝撃的な出来事もドラマティックな展開もなく、懐かしい漫画を発掘しただけでこりゃ時間を作らねば、と意気込んでしまう程度の平凡な日々。起きて、仕事して、家のことやって、気になる本や映画を楽しんで、美味しいものを食べて酒を飲む。それだけでもその気になれば十二分に面白がれる。

簡単に手に入るからとあれこれ手出しするんじゃなくて、溢れる情報に惑わされずに本当に好きなものを選択することさえできれば、普通の毎日ってやつは案外捨てたもんじゃない。非日常の「何か」を追い求めるのもいいけれど、たった1日の非日常よりも繰り返す日常を面白がるほうが現実的だし人生のお楽しみ濃度は濃くなっていくもんね。

別に「ていねいな暮らし」とかそんなじゃなくてもいいんです。面白がるかどうか、だけ。

ミニマリストの持たない暮らし

というわけで今年も平凡な日々を面白おかしく適度にちゃかしながら過ごそうと思うのでありました。

ちなみに出てきた漫画は「Swan―白鳥」。
文庫版で全14巻。長いのよ。また読んじゃったけど。あの子の後には踊らないほうがいいわ。

 




おすすめ記事

関連記事

By: fotologic

副業、複業、週末起業。自分で仕事を作る方法。

By: markus spiske[/caption] それなりの規模のきちんとした企業にお

記事を読む

By: Pedro Ribeiro Simões

それがすごいヤバくて私的にはあり得ない話。

By: Pedro Ribeiro Simões[/caption] 先日カフェで隣席に座っ

記事を読む

By: Güldem Üstün

欲しいモノがない時代 生き方が最後の商品になる。

旅先で何か素敵な出会いがあればケチらず迷わず手に入れます、と言っていた先月。 関連 旅

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

減らす計画、炊飯器はいるのかいらないのか。

By: Emily May[/caption] 今よりもう少しだけ持ち物を減らそうとしていま

記事を読む

By: Steven S.

今日捨てたもの 4/30 長く使えばいいというものでもない。

By: Steven S.[/caption] 毎日暑いので、ここのところ基本的に足元はギョ

記事を読む

By: sagesolar

40代の痛いファッション。

By: sagesolar[/caption] 昨年高らかに宣言しておきながら結局実現しなか

記事を読む

move

トランクルームに全財産預けて引越し。賢いトランクルームの活用法。

最近、街を歩いているとトランクルームやレンタル倉庫の看板を以前よりも頻繁に見かけるようになっ

記事を読む

bar

今日捨てたもの 8/4 思い出のある食器。

今月は小さなものでも1日に1つは手放していく月間です。 毎日続けたら、31個は減る計算

記事を読む

By: Riza Nugraha

音楽を聞かなくなった理由。

音楽CDのデータ化やるやる詐欺は1年以上になりますが、CDはまだまだたっぷりあるし、既にiT

記事を読む

cebu-driver_2

行き方を他人に委ねて生きている。

一人でタクシーに乗るのがあまり好きではないので極力使わない派なのですが、行き先によってはそう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

nishinomiya_41
商売繁盛で笹もってこい 自分で選び、動くということ。

関西滞在期間の後半に十日戎に行ってきました。 「商売繁盛

豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズ和え
キャベツの塩昆布炒め、豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズで家飲み。

キャベツがあるならいつもの塩昆布和えが食べたいなと思うも、寒

gray's papaya
ハンバーガーにホットドッグ、ニューヨークで食べたもの その1。

食事は旅のお楽しみのひとつ。 その土地ならではの味や雰囲

鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し献立
キャベツと鶏のしょうが蒸し、菜の花の辛子和え献立。

長旅を終えて自宅に戻りました。 家飯好きではあってもしば

code1
少ない服でおしゃれ、は可能なのかを探る新しい挑戦。

何度もファッションに関する記事を書いています。 関連 フ

→もっと見る

PAGE TOP ↑