シンプルな人はシンプルなものを作る論からの考察。

公開日: : 最終更新日:2017/04/30 ミニマルライフ, 生き方と考え方, 食べること

小林カツ代著「食の思想」に、

「料理には作る人の性格や状態が現れる、サバサバした人はサバサバした料理を作るものだ」

なることを書かれていました。自身のレシピがどんどんシンプルになってきているのは、つまりそういうことなのだろうとも。

単純な食の好みや生活環境によって作る料理は変わるだろうけど、性格とかその時々の心理が滲み出るところも確かにあるのかも。

そして何よりこれまで何を食べてきたかが大きいのでしょう。




接した全てが人を作る

サグラダファミリア

何を見て、選んできたか。これは食べ物に限ったことではなく。

関連 どうせ捨てるなら、何も持たないほうがいい。

これまで食べてきたものが体を作るように、見たもの、経験、接した人、選んだ全てが人間を形作るのだ。

などという当たり前のことに今更気づいたわけではもちろんなく、近頃改めて強く感じるようになりましたよというお話です。

というのも、最近立て続けに友人と会う機会がありまして。

関連 過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

自分の中では比較的新しい関係だと認識していた友人らとの付き合いもすでに10年とか結構な年月が経過しており、気づけば知り合った当初から大きく変化を遂げている。

10年の付き合いといっても会うのはせいぜい年に数回程度。さほどべったり濃い付き合いではないけれど、だからこそ変化が見えるのかもしれません。根本的には変わっておらずとも、この10年で彼らは多くのものに触れ、選び、経験を重ねてきたのだなと痛感するというか、ああこれか、と。

噂には聞いていた40過ぎたら顔とか髪型とか服をどうこうよりも、内面の個性が表面に突き抜けて出てくる論は事実だよねと。

関連 シンプルなファッションはつまらない。

知り合った頃からお互い十分大人のつもりだったけれど、みんなさらに深みを増してかっこいい大人になっているな。と、改めて気づいて惚れ惚れするのです。

生き方を間違えた気がする件

となるとうっかり己を省みてしまうのが人間というものですが、一人気楽にのんびり生きている私は同年代の友人たちと比べれば格段に幼稚であることは否めません。

苦労を乗り越えた先にしか幸せはない、なんて思わないけれど、日々社会や家庭でもまれ大小の困難にも対応してきた彼らとぬるま湯暮らしのお調子者では経験値が違いすぎて同じステージで語ることすら恐れ多いのは当然も当然。

なんてことをその場で口にすると、いやいや、アンタだって毎日一人でせっせと酒飲んで頑張ってるじゃないの、とか言わせたい間抜けな誘い受けみたいになりかねないので口が裂けても言わないけれど、心でこっそり思う。こっそりね。

すっかり大人になってからでも絶賛成長中の友人らが眩しい。その分、あれ、私は一体何をしてきたんだっけ、と恐ろしくなる。

恵まれた環境ですくすく育ち、超がつくほどの健康体を持ち、家族や友人、近しい人々との深刻なトラブルとも無縁で日々ご陽気なだけで過ごしてきてしまったけど、もっとこう、堅実に学びつつ時にはリスクも顧みず自己の精神と能力を高めるストイックな生き方を選択すべきだったのではないかしら。などという柄にもない真っ当な考えが脳裏を過る。

関連 今すぐ一から人生全部やり直したい。

ああこんな年になってから考えても遅いよなあ、もう今から輝かしい人生をこの手に取り戻すことはできないのだわ。

と、己の馬鹿さ加減にさめざめと後悔の涙を流す…なんてことは残念ながらさらさらなくて、ただただこれから先の時間を妄想するのです。

最終地点がたとえどこになろうとも

spain

運が良ければあと30年くらいは生きられるのかもしれない。ならば40代の今からでも、見る、触れる、食べる、経験する全ての選択を変えれば人生の最終地点は変わってくるのだろうか、という妄想。

もちろん、今更人生が大きく変化することはないでしょう。大きく、とは、例えば現実問題今からオリンピック目指すとか相撲取りになりたいなんて方向にいくのはまあ無理だよね、ってこと。そもそも運動キライだし。

でも、触れた全てが人を作るのだという意識があれば毎日を惰性で過ごすことはないし、最終地点がいつどこにになろうと納得のいく結果で終えられる。

若い頃心底憧れた「人生を変える衝撃の出会い」的なアレはそうそうないのだと悟ったけれど、日々の小さな選択や経験が生き方や見た目に与える影響がこんなにも大きいのなら、さてこれからどうしたいですかということですよ。

時間は有限、あれもこれも全部はできない。もちろん、友人らや他のカッコイイ誰かのようにもなれない。だからこそ、自分の意思をもって欲しいもの、必要なものを判断し、選ばなければならないのだ。

ミニマリストの持たない暮らし

さて、ゴールデンウィーク序盤戦。今私がすべきことは一体何だろうかと考えヘッドホンを装着し、All Day and All of the Nightで激しく踊り汗をかきました。踊る、踊れ、今踊れ。

 






関連記事

焼きキャベツ献立

焼きキャベツ、肉団子と野菜の味噌汁献立。

毎度お馴染み 「野菜焼いちゃいました」 シリーズです。イメージとしては甘栗むいち

記事を読む

150113d

家飲み一人鍋 1/13 白菜と春雨のうま煮鍋、温奴。

最近、以前にも増して「早寝早起き」を心がけています。 できれば22:00までに就寝するスタ

記事を読む

さつまいもと豚肉のしょうが煮

さつまいもと豚肉のしょうが煮、豆苗と卵の炒めもの。

食料調達スタイルがまだ確立されていないこともあり、ここのところあまり季節感のない献立になるこ

記事を読む

amenity.min

読んでも何も変わらない。「スタンフォードの自分を変える教室」。

部屋を整理していると、いろんなモノが発掘されます。 誰にでも 「続けるつもりで買

記事を読む

塩豚じゃが

家飲みメニュー 塩豚じゃが、小松菜と卵の炒めもの。

先日焼いた豚肉の残りに塩をまぶして保存していました。 塩豚と野菜を合わせるパターンの時

記事を読む

By: Leyram Odacrem

退屈な毎日、暇つぶしをしている暇はあるか。

By: Josh[/caption] 年明けに開かずの段ボールを整理したと書きました。

記事を読む

蕪の浅漬け えのきと揚げの味噌汁 水菜のおひたし 塩豚とレンコンの蒸し焼き

塩豚とレンコンの蒸し焼き、水菜のおひたしで晩酌。

仕込んでおいた塩豚の残りをどうやって食べましょうか、と。 関連 塩豚と蕪のスープ煮、ネ

記事を読む

京都散歩2017

京都 清水寺、随求堂胎内めぐりで生まれ変わった私。

齢すでに40半ば。人生を一からやり直すことはできません。 関連 今すぐ一から人生全部や

記事を読む

塩豚のトマト煮 献立

塩豚のトマト煮、蕪の葉としらすの炒めもの。

やってしまいました。 サラダにしようと思っていたトマト、うっかり凍らせてしまいました。

記事を読む

italyvage

食べることは生きること。

とにかく、食い意地が張っています。 何故こんな風になったのか、今となっては原因を思い出

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

芳水 純米カップ
徳島の酒 芳水 純米カップで晩酌 鮭とじゃがいものにんにく蒸し、ニラ納豆。

四国地方コンプリートです。 まさかの節酒宣言で雲行きが危ぶま

ワンタフトブラシ
もう歯医者には行きたくない。

By: Steve Snodgrass[/caption] 人

ニラときくらげの卵炒め献立
ニラときくらげの卵炒め、えのきの梅しそおひたしで晩酌。

ガツンとした炒めものにはやっぱりビール、ですね。 密かに

door.min
ドアノブに少しだけ手をかける。

今更何をぬかすかという感じですが、2017年も後半戦に入って久

鶏肝煮献立
鶏肝煮、おつまみ奴献立。

気持ち悪い。 自分で画像を加工しながら、ちょっとグロいな

→もっと見る

PAGE TOP ↑