少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

公開日: : 最終更新日:2015/10/07 ファッション, ミニマルライフ

先日こんなことを書いておいてなんですが。

参考 1年間服を買わずに過ごした結果。

買わないこと、消費しないことは誰に責められるような行動でもありませんが、逆に自慢したり誇ったりするような行為でもありません。高価なモノをたくさん所有する生活に意味を見出せない人がいるように、少ないこと=正義でもありません。
敢えて言うならば単なる

「人体実験」

でしょうか。




「少ない服」が新鮮に映るのはおばさんだけ

以前、モノを持たない生活に関して書かれたとある書籍のレビューに

「多くのモノを所有しない、少ない服を着回してお洒落を楽しむ工夫なんて今の若者には当たり前のこと。それをさも新しい考え方のように持ち上げているのはバブル世代のおばさんだけ」

といった内容のものがありなるほどな、と思いました。

確かに、今の40代は右を向いても左を向いても誰しも持っているような

「大ヒット商品」

が日常に当たり前に存在していた世代。クラスの女の子の多くが同じようなデザインの鞄を持ち、同じアイドルグループに夢中になり、似たような髪型をしていた時代を生きてきたわけです。

「みんな持ってるんだから、私も欲しい!」

そんな風に親に何かをねだった記憶がある方も多いのではないでしょうか。

参考 女はこうあるべき?女はおしゃれしなきゃ!という何の根拠もない呪縛。

流行ってるから、みんなが持ってるから。そんな小さなことが十二分に購入意欲を掻き立てられる要因となっていた多感な頃。もちろんみんながみんなそんな風ではなかったけれど、多くの情報に容易にアクセス可能な今の若い人のほうが趣味も好みも考え方も多様化しているのは間違いないでしょう。みんなが持っていたとしてもその「みんな」の数が圧倒的に少ないし。

「秋のマストバイ!」
「買うべきコートはこの3着」

なんて言葉に一番弱いのはきっと私たち世代なんだろうなあと件のレビューを読みつつ苦笑しました。
私だって社会人になってから1年間洋服を買わなかったのはこれが初めてのことで、ほんの数年前までは毎月何かしら買う生活をずっと続けていたのですから。

買わない行為はささやかな実験に過ぎない

とはいえ、別にこれは今後1年間洋服を買わないぞ!と明確な目標を掲げて始めた行動ではなく、モノを減らして身軽に生きたいという考えに辿りついてから、洋服を買い続ける行為の必要性を少しばかり疑ってみた結果です。

言うなればちょっとしたお遊び、ささやかな実験。

そして気付けば1年が経過していて、あら、別にやたらと買わなくてもさほど困りはしないのね、とわかった。それだけのこと。さほど高尚な心構えを伴ったスタイルでも行動でもありません。よって、これから一生服を買わないと決めているわけでもなく。当然ですが。

参考 持たない暮らし。それでもこの秋欲しいもの。

が、こんな風にさらっと振り返れるのは私は単におしゃれがしたくて新しい服を買い続けていただけで、買い物自体が趣味だったり、ストレス発散の手段ではなかったことも大きいでしょう。

また、今まで深く考えずにごっちゃにしていましたが「ファッションを楽しむこと」と「買い物」は私にとって必ずしもセットではありませんでした。自分に似合うものをあれこれコーディネートすることは好きだけど、毎シーズン新作を手に入れたいファッショニスタではない。いや、昔はそうありたいと願っていた時期もありましたけどね。ふふふ。

などなど、実際経験してみてわかったことは多いので、まあ概ね実験成功、といったところです。

けれど、同じ実験をしてみても人によっては結果は全く違ったものになるでしょう。もしかしたら私とは逆に

「おしゃれが好きだと思ってたけど、実は買い物が好きだったんだ!」

と気付かされる場合もあるかもしれません。

また、買い物が何よりのストレス発散になっていたとしたら、買い物できない苦しさで辛い思いをするかもしれません。
もちろんカードの支払いに追われるくらい使ってしまっている場合はストレスの要因そのものを見直す必要がありますが、経済的に無理のない範囲で好きなものを買う行為が人生に確かな潤いを与えるならばそれはそれで素敵なこと。特にやめる必要はありません。別に持たないことや買わないことが正解でもなんでもないのだから。

40代女性のファッション

欲しかったのはモノ自体か?それとも「買う」という行為か?はたまた「自分はこれが買える人間なんだ」という自己承認か?

そう、何れにしてもこの「実験」は、自分が何によって満たされるのかを知る上では有効な手立てになり得そうです。特に「バブル時代のおばさん」レビューが少々耳に痛い人には、ね。




おすすめ記事

関連記事

By: Timothy Vollmer

無印は買うな、の本当のところ。

By: Timothy Vollmer[/caption] 若かりし頃勤めていた会社での出来

記事を読む

By: Marcelo Graciolli

己を知る方法 ネットやテレビの情報遮断は有効か?

By: photosteve101[/caption] 先日「勝ち組兄さん」の話を書きました

記事を読む

By: Chilli Head

大は小を兼ねるのか。

By: Lindsey Turner[/caption] 先日魔の箱を整理して無事新居にしっ

記事を読む

qv3

最小限の旅の持ち物。それでも持っててよかったモノたち。

By: Andrei Dimofte[/caption] 荷物は少なく、足取り軽く。

記事を読む

comparing

ミニマリストのクローゼット公開、という記事が使えない理由。

モノを減らしたいと考えている人にとって、片付けに関する書籍、断謝離を実践している人やミニマリ

記事を読む

ミニマリストのクローゼット

持たない暮らしと旅の小さなクローゼット。

40代ともなれば安ホテルに泊まるのはなかなかキツいよね、という人も多いのですが、一人旅の時は

記事を読む

160506narita

10kgの荷物の目安、スーツケースを持たない旅。

今回の旅は約3週間ですが、スーツケースなしで行こうと決めていました。 関連 荷物を持た

記事を読む

By: Carol Alejandra Hernández Sánchez

かたちにとらわれず、本来の欲望を満たす。

By: Joel Kramer[/caption] 子供の頃、変身もののアニメをよく見ていま

記事を読む

RICHO caplio GX100

旅の荷物軽量化計画、コンパクトカメラの行方。

先日修理に出していたコンパクトデジカメが戻ってきました。 関連 手放すか否か。今、運命

記事を読む

By: Nikkorz

冷え性かつ寒がりのくせに毛布を使ったことがない。

By: Kate Mereand-Sinha[/caption] いやー、雪でしたね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Aurora Soho ブランチ
エッグベネディクトブランチに熟成肉ステーキ ニューヨークで食べたもの その2。

ニューヨークの食記録、後編です。 関連 アメリカンスタイ

NY ホテルエジソン ツインルーム
まずはモノを減らせ、は万能ではない。

「部屋、キレイでしょ」 思わずそう口に出していました。

鶏もも肉のパリパリ焼き献立
鶏もも肉のパリパリ焼き、ほうれん草ときのこのゆずびたし献立。

鶏肉の皮って美味しいけどちょっと避けたいパーツでもあります。

nishinomiya_41
商売繁盛で笹もってこい 自分で選び、動くということ。

関西滞在期間の後半に十日戎に行ってきました。 「商売繁盛

豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズ和え
キャベツの塩昆布炒め、豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズで家飲み。

キャベツがあるならいつもの塩昆布和えが食べたいなと思うも、寒

→もっと見る

PAGE TOP ↑