ギョサンの季節になりました。

公開日: : 最終更新日:2017/01/27 ファッション, ミニマルライフ

さて、春をすっ飛ばして夏を満喫中です。

参考 東京(成田)- セブ直行便就航!セブパシフィック、2015/3/26より。

夏といえばサンダルですね。
サンダルといえばギョサンですね。

参考 ミニマリストの夏はギョサン1足でまかなえる気がしている。

もちろん、今回の持ち物の中にも入っています。というか、メインアイテムです。




夏の海外旅行のお供に最適

ギョサン デニム

もう何回も書いているのでギョサンの話は飽き飽きだ!という方も多いかとは思いますが、今年初ギョサンなので改めて。

 

夏場の普段使いにはもちろんですが、旅行のお供としても威力を発揮するこのギョサン。
特にセブ島のような場所にはぴったりなのです。

もともとは漁業に従事する人が使っているサンダルなので、ビーチはもちろん、足場の悪いところでも安定感がいいのが魅力。セブ島は道が綺麗に舗装されていないところも多いですからね、グリップ力の強いギョサンなら安心です。本体と鼻緒が一体型なので鼻緒が抜けることもなく、丈夫で長持ち。底がへたってグリップがきかなくなった時が換え時ですね。

ギョサンという名前の通りただのビーチサンダルなのでとびきりおしゃれ!というデザインではありませんが、ゴールドやシルバーはデニムに合わせれば以外にキレイ目にはまります。

私がギョサンギョサンうるさいので友人知人が何人かギョサンを購入していますが、みんな見事にはまって色違いで何足か追加してるのが愉快。
もちろんビジネスやフォーマルには不向きですが、それ以外のシーンでなら夏はこれ一足でまかなえると本気で思っています。

定番アイテムに出会うと少しだけ自由になれる

以前はこれ!といったお気に入りのサンダルがなくあれこれ買い換えていましたが、ギョサンを履くようになってサンダルジプシーから開放されました。

毎回同じものを選ぶのは冒険心がなくてつまらないような気もしますが、また欲しいと思えるようなモノに出会えると目移りしなくて済むのはありがたいこと。

もっといいもの、もっと新しいものを求め続けるのは楽しいけれど、定番アイテムをいくつか持っていると「探す」という行為から少しだけ自由になれる気がします。

サンダルごときで大げさですが。

モノを持たずに身軽に暮らす

今回の旅でも大活躍してくれること間違いなしのギョサン。
戻った頃にはもう日本も暑いくらいになっているだろうから、また暫くお世話になります。

但し、こればっかりはいてると足の甲に見事な「ギョサン焼け」ができてしまいます。気になる方は日焼け止めをお忘れなく!

 




関連記事

By: Adarsh Thakuri

たんまり撮りためたデジタル写真、で、その後どうなるの?

By: Nana B Agyei[/caption] 「デジタルになってから撮る量が増えて大

記事を読む

knitgage

今日捨てたもの 11/6 いただきもの、思い出の品を捨てること。

冷蔵庫や洗濯機、ベッドといった大型のものは全てなくなった我が家。 今では自分で持ち運べ

記事を読む

lensbox

カメラ、携帯、家電…買ったものの箱は瞬時に捨て去る。

新しいレンズが届いてすっかりご機嫌な私ですが、レンズを本体にセットしてふと思いました。

記事を読む

By: eyeliam

携帯電話を止めたのが一番よかったことかもしれない。

By: eyeliam[/caption] 昨年はいろんなモノを捨てたり、処分したり、手放し

記事を読む

rooftop2

荷物の少ない旅。旅行中の洗濯はどうする?

セブに来て1週間。既に滞在場所は3箇所目になりました。 暫く住んでいたことのあるエリア

記事を読む

By: scott feldstein

パソコンはもういらない?PCを処分してスマホで全てをまかなえるか。

By: Yutaka Tsutano[/caption] いやー、もうすっかりスマホなんです

記事を読む

table-lamp

増やしたくない、灯りが怖い、寝落ちしたい。

ベッドに入ってから寝付くまでの間、ついつい手に取ってしまうスマホ。 就寝前にブルーライ

記事を読む

By: Lima Pix

2月1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’16

By: Lima Pix[/caption] 毎度お馴染み月初のまとめ。 毎月はじめに

記事を読む

By: Tomoyuki Kawashima

4月1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’16

By: Tomoyuki Kawashima[/caption] 月初の定例ポストです。

記事を読む

simpleroom

ミニマリストへの道。

究極はスーツケース1つで生きていくこと。 そんな理想を胸に自分の暮らしを徐々に改変して

記事を読む

Comment

  1. hiromi より:

    タイトル通りカリッとしたお話、いつも楽しく拝見しています。

    ご自身で撮られた写真もとても素敵です。どんなカメラを使われているのでしょうか?

    • crispy-life より:

      hiromiさん

      コメントありがとうございます。

      カメラはNikonのD40というかなり古いものを愛用しています。

      http://crispy-life.com/minimal-life/new-lens2/

      最近は料理の写真くらいしか撮っていなかったので今回の旅では活躍してもらっています。

      今後ともよろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

サグラダファミリア
シンプルな人はシンプルなものを作る論からの考察。

By: Steve Larkin[/caption] 小林カツ

edogawa38
どうせ捨てるなら、何も持たないほうがいい。

来る夏が不安になるほどにとんでもなく日当たりのいいベランダで湯

キャベツ入り卵焼き献立
キャベツ入り卵焼き、トマト納豆献立。

キャベツ、卵、納豆、トマト。今週は同じ食材で似たようなものばか

closet-hanger
クローゼットの鍵を握るハンガーとくだらない背徳感。

整理しては散乱させてまた整理、を繰り返していたその昔。

トマトと卵の炒めもの献立
トマトと卵の炒めもの、わかめ納豆献立。

そろそろトマトでも食べましょうかという気分になってきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑