日本のフリーランサーに「非効率を極める」のススメ、が、辛すぎる。

公開日: : 最終更新日:2015/08/25 ミニマルライフ, 生き方と考え方

water

フリーランサーとしては、耳の痛い話ですね…。

>>参考
日本のフリーランサーに「非効率を極める」のススメ(J-cast)

幸いにして日本には、まだまだ無駄な習慣や、非効率なことが好きなひとが大量に存在する。彼らがすぐに消えてなくなるわけではない。そういう人に、徹底的に非効率なやりかたでベッタリと寄り添うことが、生き残りの鍵だろう。

この記事で大石氏はodeskなどのマッチングサイトを利用すれば国内相場の1/20程度という低価格で海外の優秀な人材に仕事を発注できる、という点から持論を展開していますが、これ、単に「フツーの仕事しかできない人は外国人に取って代わられる」というだけの問題ではないな、と思います。




 

私ががまんしなくちゃ、という思い込み

私はデザイナーではありませんが、名前が売れているわけでも、華々しい経歴があるわけでもないフリーランサー。

「自分は才能もないし、実績もないから、来る仕事は拒まず、なんでもやらなきゃ!」

という気持ちでずっと仕事をしてきました。

その結果、

最後は、誰もやりたがらない仕事だけが残る。

にまんまと陥りました。

私は一応単価を明確に表示していたつもりだったのですが「相談」または「見積」という名目で、アドバイスやアイデアをタダで手に入れようとする相手が多数出現しました。

私は形あるモノを売っている訳ではないので、その線引きがかなり曖昧になってしまっていたことに、当時は気付いていなかったのです。

コミュニケーション能力が低い割に人当たりがいい私は「相談」に来られた人にことごとく気に入られありがたくも

「ぜひ一緒にお仕事しましょう!」

となることが頻繁にありました。

が、彼らが望んでいたのは私の仕事の手腕ではなかったのだと、今となっては思います。
仕事柄、取引先には女性も多かったのですが、何度か顔を合わせるうちに

「私たち、友達だもんね!お金をやりとりする関係じゃないよね?」

と、当然のように「相談」という名目で時間を奪われる日々。
夜中の2時3時に平気で相談の電話を掛けて来たり、人に紹介する時には

「お友達(または仕事でお世話になっている)のcrispyさんです。」

ではなく、

「私が今使ってるアシスタントです。」

なんて言われることもしばしば。

あれ?なんでこの人と付き合ってるんだっけ?と気付いた頃には、すっかり自信を失っていました。

「私には才能がないから、こんな風にしか仕事を取れないんだ」

って。

けれど、今考えたらこれって全て自分のせいなんですよね。

最初に「無料の」コンサルを打診された時に、プロとしての自覚があるならキッパリと断れたはずだし、自分にもっと自信があれば

「お友達だもんね!」

とうやむやにされそうになっても即座にビジネスライクな返答ができたはず。

結局、当時の私は

「私はしがないフリーランサーなんだから、こうして蔑ろにされても仕方ない存在なのだ」

と思い込んでいたのです。やれやれ。

 

人間関係も、時には思い切って整理しよう

今考えれば、私がもっとしっかりしていれば済んだ話だと思うのですが、当時はそこまで考えが及びませんでした。

「私さえ我慢すればいいんだ」

なんて思っていましたからね。

しばらく海外に出たことがきっかけですっかり連絡が途絶えてしまった人も少なくありませんが、今となってはお互いのためにもよい選択だったと感じます。

私が勝手に被害者意識を持ったままでは、相手にも失礼ですからね。

もしもまた、ご一緒することがあれば、次回はもっとよい提案ができるようになっていたいと切に願います。

関連 フリーランスじゃなくたって、いろんな顔を持つ時代。






関連記事

ring

今日捨てたもの 8/14 似合わなくなったアクセサリー。

今月は毎日何か1つ捨てると決め、日々実践しています。 もしも 「もう捨てるものは

記事を読む

moalboal_2016_41

旅を支えるシンプルケアと日焼け肌のアフターケア。

いやー、焼けた。 関連 ビーチリゾートお気軽一人旅 2016。 今回は到着日の天

記事を読む

キーボードカバー

キーボードカバーの必要性と耐久性。

パソコンを買い換えて1年。 関連 Macbook Air 11インチに買い換えて1年が

記事を読む

handmadesoap

40代のスキンケア。基礎化粧品を変えて1ヶ月が経過。

40代になるとファッションが難しくなる、と先日書きましたが、ファッションと同様に悩むのがスキ

記事を読む

oldradio

今日捨てたもの 8/9 カセットテープを処分。

今月は毎日1つづつ何かを手放す月間です。 本日で9個目ですが、また凄いものが出てきましたよ

記事を読む

履かない靴

履けない履かない靴のその後。

ずっと履いていなかったパンプス。 他に処分する服と一緒にファストファッションOKの買取サイ

記事を読む

comparing

ミニマリストのクローゼット公開、という記事が使えない理由。

モノを減らしたいと考えている人にとって、片付けに関する書籍、断謝離を実践している人やミニマリ

記事を読む

watch

NHKツイッター「1号」さん、退職して作家に 40代の転身。

おお、これはちょっとびっくりした。 >>参考 NHKツイッター「1号」さ

記事を読む

domi

スーツケース1つで暮らす実験。

今回の旅の持ち物はスーツケースひとつです。 正確に言えば機内持ち込みのバッグとかカメラ

記事を読む

brightroom

ものが少なくスッキリ、でも落ち着かない部屋。

By: Diana Parkhouse[/caption] 決まらない、決まりません。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

NYfoods_38
好きなこと、やりたいことでも頑張れない理由。

仕事でも、勉強でも、健康でも、お片づけでも、ダイエットでも。

きつね納豆で晩酌
きつね納豆、ほうれん草のナムルで晩酌。

植物性たんぱく質の鬼、きつね納豆で晩酌です。 油揚げ偏愛

ワンタフトブラシ
40代で親知らずを抜く。

びっしり4本生え揃っている親知らずを抜くことにしました。

豚ロースの梅照り焼き
豚ロースの梅照り焼き、蒸しなすサラダ献立。

そろそろ魚よねえ、魚。 肉が毎日続くのはそう苦にならない

モアルボアル チリバー
漠然とした不安の正体は。

平常心平常心。 そうつぶやきながら微笑むあの坊主は誰だっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑