身軽で簡素でモノがなくても、人生は十分複雑だから。

公開日: : ミニマルライフ, 生き方と考え方

どうにもこうにも「比較検討」という作業が苦手です。

しかし、普通に生活しているだけでも日々比較検討を必要とする場面に遭遇するわけで、その度にあああいやだなあと感じてしまいます。

嫌がっていても物事が勝手に解決することはないので、どうにかこうにかやるわけですが。

なぜそんなに苦手意識があるのか。
そうです、めんどくさいからです(出た)。

現在私を悩ませているのがモバイルwifiの契約。長年使っているUQWiMAXからから届いたお知らせが発端です。




モバイルルーターを上手に選びたい

お知らせ内容は以下の通り。

この度、2015年春より順次WiMAX 2+サービス対応の周波数帯を現行の20MHzから 40MHzに拡張させていただきます。周波数帯変更に伴い、WiMAX 2+サービスにつきましては対応周波数帯が拡張し、より快適な通信が可能となりますがWiMAXサービスの最大通信速度は下り最大40Mbpsから13.3Mbpsへ変更となります。

国内ではUQWiMAX以外のモバイルルーターを使用したことはありませんが、今まで不都合があったことは一度たりともありません。よって、他社への乗り換えも機種変更も考えてなかったのですが…今までと使い勝手が変わるのは、困る。

今回のお知らせは

「お得な乗換えキャンペーンを用意したので機種と契約プランを変更してくださいな」

というものでした。

が。

確認してみると更新時期はちょうど4月。4月はどうせモバイルルーター一切使わないんだし、このタイミングで一旦解約して何らかのキャンペーンと絡めて新たに契約し直すか。

なんて考えてあれこれ検討していたのですが、もう疲れた。
大体こういうこと考えるのが嫌いなので携帯も契約してないのに。

参考 携帯電話を止めたのが一番よかったことかもしれない。

はい、本当に堪え性がありませんね。

長期契約に縛られるのが怖い

ルーターに限らず何でもそうなのですが、「長期契約」というシステムが嫌いを通り越して怖い、と思ってしまいます。

だって、この先自分がどこでどんな風に暮らしているかなんてわからないもの。

それはアンタの人生に計画性がないからでしょ、って言われたらそれまでなんですが、そもそも人生なんてどうなるかわからないという大前提のもとで生きているので、1年とか2年とかで縛られるのが本当に怖い。そしてあれこれ調べてできるだけ損しないようにとかあわよくば得したいとか考えている自分に疲れる。

いや、そりゃ当たり前なんですけどね、ちょっとでも得したいって思うのは。

が、あちこちのサイトを調べて回って比較検討して決定を下して、解約してまた契約して、という苦行(?)を経ないと「お得」を享受できないわけです。

仕事でもなく、さほど興味のない分野について長々と考える時間と労力を裂かなければならない切なさ。しかも調べたことによって知識が増えるかといえばそんなことはない。だって、こういうものってすぐに新しい製品やサービスにとって変わられてしまうので、古い情報はすぐに役に立たなくなってしまうから。

そう考えると、なんちゃらキャンペーンでちょっとした「お得」を得るために貴重な時間を使いたくないや、なんて思ってしまう私は浅はか過ぎるでしょうか。

と、こんな記事を書いている暇があったら調べればいいのですが、新しい情報をあれこれ集めて比較することが好きで得意な人のほうが変化の多い人生を歩むには向いているんだろうなあ感じたのでこうして言葉にしてみた次第です。

モノを捨てれば人生がシンプルになる、わけでもない

多くのモノを持たずに生きている私は一見とてもシンプルに暮らしているようで、その実モノをたくさん持っている人よりも移動が多い分面倒も多い、とも言えます。

生き方も居所も人生の早い段階で決めてしまう。そして何年先、何十年先の行動を見据えられるようなライフプランを構築していれば度々の契約変更や引越しで頭を悩ませることもなく、何の迷いもなく長期の契約を締結することもできて何かとお得。ある意味シンプルに人生を歩んでいける。

そう考えると私はシンプルに暮らしたいといいつつ何度も何度も大きな決断や苦手な比較検討を必要とする「複雑な生き方」を選択しているのだなあと思うのです。

まったく、矛盾してますね。でも、その理由は簡単。
私にとってモノを持たない暮らし自体が「目的」ではないからです。

家も車も、多くの家財道具も持てなくて、長期契約も結べなくて、比較が苦手なくせに何度も契約を見直さなければいけない機会が訪れるとしても、自分が本来実現したいライフスタイルの為にしていることだからこそ、面倒でも続けていけるのでしょう。

お、なんだか我ながら腑に落ちたぞ。

ミニマリストの持たない暮らし

さて、基本的には短所を改善することは諦めて長所を伸ばすことに注力すると決めています。

参考 短所はこの際おいといて、もう長所に注力する。

が、比較検討は避けては通れないのでどうにか軽やかにこなす方法を考えたほうがいいかもしれません。それこそ、信頼できる詳しい人に丸投げすると決める、とか。(←自分でやろうとは考えない)

今回はそうも言ってられないので、引き続き調べるか…。

幸い自分の選択が結果的に常に正しいのだ、と(何の根拠もなくとも、むしろ無理やりにでも)思うことにしているので、いわゆる「ベスト」な選択ができなくても、後からくよくよ悩むことがないのが救いです。

 




おすすめ記事

関連記事

By: Lauren McKinnon

自由きままに生きることの不自由さ。

By: Lauren McKinnon[/caption] 自由とは、辞書によれば 「

記事を読む

By: Nimrod Zaphnath

持たない暮らし 部屋着はいるのか、いらないのか。

By: Kris Carillo[/caption] 今の暮らしに部屋着はいるのかいらないの

記事を読む

150420

今日捨てたもの 4/20 苦しみながら捨てたりしない。

使わないものはさほど躊躇せずに捨てるタイプではありますが、時々全く使っていないのにも関わらず

記事を読む

By: David Hilowitz

理想の暮らしと住まい、家はどこまでが家なのか。

By: David Hilowitz[/caption] 家、住まい、というと基本的には住居

記事を読む

sunrise

早起き習慣のコツと効果。超夜型人間があっけなく変化した理由は?

昔から3秒でおやすみのび太くん体質なので不眠の悩みとは無縁の人生を送っています。 若い

記事を読む

キーボードカバー

キーボードカバーの必要性と耐久性。

パソコンを買い換えて1年。 関連 Macbook Air 11インチに買い換えて1年が

記事を読む

By: Wrote

「ノーメイク」は、やめました。

By: Thomas Leuthard[/caption] 洋服の数を減らしたことで「よそゆ

記事を読む

By: Samantha Levang

フェイスタオルを新調。しっかりふわふわ、気持ちいい。

By: Frank Hebbert[/caption] 先日捨てたフェイスタオル。 参

記事を読む

By: Naoharu

ミニマリストの器えらび。

By: Naoharu[/caption] 今日ふと通りかかったお店で珍しくウィンドーショッ

記事を読む

By: Sharat Ganapati

ファミリーセールに招待状ナシで参加する方法。

By: Sharat Ganapati[/caption] その昔は好きなブランドのファミリ

記事を読む

Comment

  1. やまだ より:

    私も長期契約、とくに途中解約で解約料が発生するものが苦手です。
    ケーブルネットにテレビと電話をつけたらネットだけよりお安くなります、でも2年以内に解約すると解約料が云々とか、聞くだけで嫌になって「割高」のネットだけの契約にしています。

    • crispy-life より:

      やまださん

      ああ、わかりますー、あれを契約したらこれが無料に、とかいろいろパックになってるのも苦手です…。嫌がってても仕方ないとは思うんですが、どうにかならないですかね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

koukyo_sanpo_9
個人ブログ、あなたの日常なんかに誰も興味はない。

By: filipe ferreira[/caption] も

鶏豆腐 晩酌
鶏豆腐、海老のナンプラー風味サラダ献立。

寒くなると三州屋風鶏豆腐を家でもちょくちょく作ります。

simpleroom
40代独身女性が今考える老後の暮らし。

By: tup wanders[/caption] 中途半端に

海老と卵の炒めもの献立
海老と卵の炒めもの、大根とにんじんのなますで家飲み。

紹興酒があるのにうっかり日本酒ばっかり飲んでたわ。 そう

トートバッグをポットカバーに
いただきものの第二の人生。

むやみに新しいものを買わずに手持ちアイテムを活かす方法を考える

→もっと見る

PAGE TOP ↑